スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヨイトマケの唄】

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

できるだけ毎日書こうと思っていたのに、さっそく日付が変わってしまいました。今年もこんな感じなのかなあ。


大晦日は毎年どおり、紅白歌合戦を楽しみました。
前にもちょっと書いたけど、紅白の楽しみ方は昔と今とでは全く変わってきているような気がします。昔は誰でもが知っている歌、誰でもが知っている歌手が一堂に会する、というところが見所だったけど、今は「今の若い人はこんな歌を聞いているのか」とか「お父さんはこんな曲を聞いていたのか」とかいう「発見」が面白くなっているのだと思います。
もちろん、僕らのようなおじさんは、前者の楽しみ方が主です。

あと「懐かし~」という曲が聞けるというのも、最近の楽しみの一つ。

そして今年は、なんといっても美輪明宏の「ヨイトマケの唄」。
おそらくは、一番の話題になるだろうし、そこここで話に登るのは間違いないでしょう。だからいまさらここで、演出がどうだとかいうこともないかもしれません。わが家では、真っ暗な中に響き渡った最初の一声で、ぶたこもわたくしも心をつかまれてしまって、そのあとは美輪ワールドにどっぷりと浸かってしまいました。

他の歌手とは、幅も厚みも大違い。というか、もはや別格でしょう。いや、別世界というべきかもしれません。もっと言うと、紅白で1曲だけ歌うような人じゃないという気もします。

衣装や演出に趣向を凝らす歌手が目白押しのなかで、黒い上下の衣装に、照明さえスポットライトだけ。それだけで十分という迫力さえ感じさせました。歌本来の力だけで、その場に映像が浮かび上がらせることができるのは、さすが。

わたくし、30年ほど前に一度、テレビで歌っているのを見たことがあるだけなんですけど、その時の印象が強烈で、未だに忘れることができません。それから30数年。ここ最近は歌っている姿も見たことがなかっただけに、どんなふうになるんだろうと、ちょっとした不安もありましたが、そんな不安は一気に吹っ飛んでしまいました。

30年の間に、他の歌手が歌っているのを聞いたことがありますが、それが全く面白くもなんともなかったのでした。やはりこの曲はこの人が、この歌い方とこの演出で歌わないと、良さが出ません。つまりはこれは唯一無二。それを大晦日で堪能できて、ほんとうによかった。

しばらくは(ずっと?)、映像が頭からはなれないでしょう。

※こうなったら、今年はもうひとつの名曲、「老女優は去りゆく」を同じくノーカットでやってほしい。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

FNS歌謡祭

ぼーっと見てたら、あっという間に時間がたっていった。なんて面白い歌番組だっただろう。今年のテーマは「コラボ」だったらしい。いろんな「共演」があって、とても楽しめた。ときどき「?」と思うようなこともあったけど、それもまたご愛嬌。
2つのステージを順繰りに回るというアイデアが秀逸。ほとんどノンストップで歌うた歌が続くのが気持ちいい、司会もほとんど入らない。歌手の紹介もないときのほうが多い。まさに「歌で勝負」の番組づくり。
それぞれの歌手も、練習を積んだんだろうっていうのがよくわかる。そしてなにより、みんな楽しんでるなあ。
これ、一般客を入れないのが良かったのかも。余計な歓声がなく、といって聞き手として同業歌手が座っているのだから、真剣さはそのまま。
間にコマーシャルが入る民法ならではの進行だったとは思うが、こういうやり方をされると紅白は難しいだろうなあ。まあ、コンセプトが違うのでいいんだけど。

ドラマ【心の糸】(NHK・2010年)

今さら、なんだけど、ようやく録画しておいたものを観たのだ。

舞台は金沢。松雪泰子演じる母親はろう者で、神木隆之介演じる息子はピアニストを目指す高校生。もうすぐ受験。しかし、本当にピアノを続けるべきかどうか迷っている。そんな時、路上ライブでキーボードを演奏する谷村美月と出会う。彼女もろう者だった。

ろう者の苦悩を真正面から描いていて、秀逸であった。それが、親子の葛藤という普遍的なテーマにまでつながっていく。
なにしろ主演の3人の演技が素晴らしい。松雪泰子と谷村美月がカフェで相対する場面など、音が一切ない。音楽の使い方というか、「使わない方」がよかったかな。

これを見てさすが松雪泰子、と思って、民放の新作をちょっと観たのだけれど、どうにも歯がゆい演技で最後まで観れなかったよ。脚本と演出で、役者は生きも死にもするのだなあ。

家政婦をミタ

高視聴率のドラマ、といことで一度見てみようと思ったのだ。

感想。

これで高視聴率、なのか。世の中の人はよっぽど暇なのに違いない。
父親(子どもにとっては祖父)と和解する、というのが今日の大きなテーマだったようだが。
頑固で融通が利かないおじいさんというのは、今まで散々見てきて飽き飽きする役柄なのに、現代でも生きているのだと思うとぞっとする。セリフもどこかで聞いたものそのまま。役者の演技もセリフ回しも、学生の劇団(それも初心者の)みたいだ。これが今の主流なのか。

脚本も演出も、どうにも面白くないし、ひねりもあまりない。さらに役者の演技も、どうしたもんだか。こういうのが受けるのだなあ。全く琴線に触れることもなかった。ドラマを見て泣いている人が多いのだと。やれやれ。

ELPスペシャル

雨の一日。昨日は撮り貯めているBSの番組を見ることにした。
「ELPスペシャル-結成40周年記念、14年ぶりのライブ」というのをやっていたのを録画していた。
ELPというのはエマーソン・レイク&パーマーというロックバンドのことで、70年代のプログレッシブ・ロックの人気バンドだった。2010年7月のフェスティバルで、題名どおり14年ぶりのライブを行った。そのVTRをダイジェストで、という触れ込みだった。

懐かしさのあまりというか、生の演奏を見たいという欲求もあって、録画したのだ。

そして見た。
将来頭が薄くなるだろうなあと持っていたカール・パーマーは、思ったほど禿げていなくて、ただ若いときは(3人のうち一番若かったからだろうけど)これ見よがしというか、他の二人に対する対抗意識がいっぱいあったと思うけど、ちょっとおとなしくなった、サポートに回ったかなという感じ。グレグ・レイクは「解散直前から激太り」という噂どおり(ダイエットしたのだろうか)ぶくぶくに太っていて、ついでに繊細だった声も野太くなっていて、昔の面影はほんの僅か。ベースギターがお腹の上に乗っかってるようで、どう見てもおっさんが趣味で弾いているようにしか見えない。リーダー格のキース・エマーソンは、今だ現役のはずだが、昔は神業のように見えた指の動きも、今となっては見栄えもしない。

などと書いているけど。実は演奏を見れたのはほんのちょっと。
番組が始まって演奏が始まって、ちょっとしたら演奏の途中で「音楽評論家」なるものが出てきて(日本人。しかもスタジオで。バックのモニターにわずかにELPが映っている状態)、彼らの音楽性がどうたら、70年代のプログレッシブ・ロックとは、などという話をしだすのである。
それが、2曲目でも同様。曲の途中で(というか、始まってすぐに)スタジオの映像、おっさんの話。

これではダイジェストにもなっていない。
腹が立ってきて、途中で見るのをやめた。

後でウェブで調べたら、この時の映像はDVDで販売されているらしい。なるほど、実は「ELPスペシャル」と言いながら、DVDの宣伝番組であったか。この番組を見て、いままでELPを噂でしか知らなかったりした人たちが、お、ちょっとじっくり見てみようやないかと思ってDVDを買ってくれる、ということを目論んでいる番組だったのだ。

それに1時間を割り当てて、音楽評論家に話をさせて、視聴者の興味をひかす、ということだったのだな。道理で評論家の話しぶりがとても胡散臭かったわけだ。ショッピング番組で商品説明をするおっさんと同じ。いや、その横で「へえ~」とか「ほお~」とか言っているタレントと同じ。

光テレビになってBSも見られるようになったんだけど、ほとんどがショッピング番組。番組の質云々を言うのも阿呆らしい。

再放送までしてどうする

昨日の夜。「カズオ・イシグロをさがして」の再放送。
まさか、再放送までするとは思わなんだよ。
最初の放送だけでも、
「こんなことして、ええんかいな」
と思てたのに。ちなみに再放送は見ていません。

内容は(本放送と変わってないなら)、この度映画化されて話題の(もう公開は終わってるか)「わたしを離さないで」が中心。
滅多にマスコミに姿を見せないカズオ・イシグロが、インタビューにまで答えるというのは、興味津々なのだが。そして、作品の背景を紹介したり、まあ本人の来し方を紹介したりまでは、普通のドキュメンタリーでいい作りとは思うのだが。

どうして「わたしを離さないで」の、作品のキモの部分を、明らかにしてしまうかなあ。それが最初から分かってしまうと、謎めいた作品の雰囲気が台無しであるよ。これから作品を読む人、結末が分かってがっくりなのではないか。

関西には浜村淳という映画ファンのアナウンサーがいて、映画の見所どころか、ストーリーをほとんど紹介してしまうので、映画を見たときにがっくりしてしまったり、ハナから見に行く気にならなかったりしたものだ。そんなことを全国放送(たぶん)で、しかも再放送までしてしまうとはなあ。

歌謡ショー

NHKの歌謡ショーは、いつも生放送なのだそうだ。しかし、震災からこっち、放送はされなかった。会場は基本的にNHKホール。停電の心配もあるから、放送されないのは当然と言える。
それが今日、震災後初めての放送があった。
出演歌手は演歌を中心に。由紀さおり&安田祥子の童謡というコーナーもあった。千昌夫の「北国の春」、五木ひろしの「ふるさと」、水前寺清子(引退したんじゃなかったのか、とぶたこが驚いていた)の「三百六十五歩のマーチ」に「いっぽんどっこの歌」、極めつけは和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」。
こうやって、どこまでも「元気づけよう」「慰めよう」ムードの曲が続くと、どうにも疲れてくる。
ラストは布施明の「上を向いて歩こう」だったが、どうせなら「シクラメンのかほり」とか「君は薔薇より美しい」だとかを歌ってくれたほうが、気が晴れ晴れする。というのは、当事者じゃない人間の思い上がりか。

これだけの歌手が、生放送で出てくるってところがさすがにNHKだとは思うが。まずは「日常」への第一歩、といったところなのだろうか。

のど自慢チャンピオン大会

ここ数年、ほぼ欠かさず見ています。毎週日曜日のやつはほとんど見ないんですけどね。トップレベルの人たちが集まるとなると、やっぱり見てしまう。そらもう、とんでもなくうまい人達が出てくるからね。
それにしても、今年は例年になく高いレベルの戦いでしたなあ。
優秀賞の二組、チャンピオンのブラジル出身の男性。どれも納得の受賞でした。個人的には2番目に絢香の曲を歌った高校生も、とんでもなく説得力のある歌い方で気に入ったけど。

グランド・チャンピオンの歌はほんまに感動的。ブラジルに住んでいるおばあちゃんの応援VTRも流れて。会場は涙涙でしたね。審査員の柴田理恵、竹下景子、戸田恵子の「おばさんたち」(柴田理恵談)も涙涙。そういう家族の応援とかを考慮しなくても、歌そのものがとても感動的でした。
もちろん、テレビの前のおじさん(わたくそのことですな)も、涙涙、です(^◎^;)。

ドキュメンタリーを作って欲しいね。このチャンピオンだけのでいいから。毎年、今年ののど自慢をふりかえってという特番があるから、見逃さないようにしないと。

| ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。