スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝違えた・・・

朝起きたら、ひだりの首筋から肩にかけてしびれている。久しぶりに寝違えた。
原因を考えてみたけど、思い当たらない。ねこが左肩に夜中じゅう寄り掛かっていたりしてないしなあ。
今日は一日中、左の肩の上に何か重りをつけている気分。じっとしているとどうって事はないのだけれど、「じっとしていて、次に動き出す」ときがつらい。ずっと動いているのがいいのだろうか。
リラックスして休憩したい、でも休憩したらその後がつらい。
時間が解決してくれるのを待つしかないか・・・・つらい(;◎;)
スポンサーサイト

セールス電話

最近会社に、わたくしあてにセールスの電話がかかって来ています。それも東京の会社(?)らしくって。
「老後の年金代わりに、資産の運用をマンション経営にあてませんか?」
というもの。今週になってから、2回もかかってきた。相手の名前とかを憶えてないので、同じところからかもしれないけど。

「運用するほど資産はありません!」とはっきり断ったのですが。そういう答えには慣れているらしく、こちらの意志にお構いなしに(たぶんマニュアルどおりなんだろうなあ)べらべらだらだらとしゃべってくる。相手がしゃべってる間は、何とはなし、電話は切りにくいもの。うまく考えてるなあ。

で、今日2回目がかかってきたときに、「どこでこの電話番号をお知りになりましたか?」と訊いたら、よくわからないけど、名簿業者だろう(自分がかけてて「だろう」もないものだが)という答え。最初の流れるような話しぶりにややブレーキがかかったみたい。
たぶん、自分からしゃべる分にはマニュアルどおりでどうってことはないのだろうけど、相手から質問されることには慣れてないんだろうなあ。流れるように話しをされている間は、断るタイミングも電話を切るタイミングもとりづらいんだけど、話しにブレーキがかかると「お断りします!」というのが言いやすい。相手も何だか気勢をそがれたようで「そうですか・・・・・」と、最初よりやや落ち込んだ様子で応じてくれた。

トイレのタンク

先日、水道メーターを計りに来たおばさんが
「どこかで水がでてるようです」
すわ! またもや漏水か?!
「そんな大量じゃないようですが、どこか緩んでいるところはありませんか?」

で、わたくしの出番(^◎^)。思い当たるフシはある。2階のトイレ。便器に水は流れてないんだけど、「ちょろちょろ」という音がタンクの中から聞こえてるときがある。

で、タンクの中を調べてみたら。少しずつではあるが、ちょろちょろと水がでてる。どうやら栓がゆるんでいるのではなく、水の量を調整する浮きの位置が高すぎるらしい。タンクに充分水がたまっても、浮きがしっかり上にあがらず、それで栓が締まらないらしい。これ、自分で調節できるんかいな。
できた(^◎^)。
水の量がもったいないから、思いっきり下げたった(^◎^)。ほんなら、タンクにたまる水の量が、それまでより3センチぐらい低くなった。

うちのタンクには、水の量が少なくなるようにビールビンを入れてある。これ、ぶたこの知恵(^oo^)。
その上の省エネ。わずかなことながら、ホクホクである。

皆さんも、一度お試しください。

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。