スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2004/2/27(金)

若村麻由美の結婚記者会見は、タイミング悪すぎたような気がするなあ。なにしろ、麻原彰晃の判決が出る前日やもんなあ。そんなときに「夫は新興宗教の教祖です」なんてなあ。
渡辺謙との借金問題だけでも(その前は愛人問題もあったらしい)マイナスイメージやのに。これって誰かの策略かいな。
ほんでまた、若村麻由美の貼り付いたような笑顔がなんだかなあ。「実ははらわた煮えくり返ってるんです、わたし」っていうのが見え隠れしてたよなあ。
まあ、どんな宗教を信じようとその人の勝手やから、社会的な問題がないかぎりどうでもエエことやと思うんですが。どんな相手と結婚するのも、その人の勝手やから、他人がとやかく言う話やないけどね。

昨日の夕刊にカール・アンダーソンの訃報が載ってまして。この人、その昔「ジーザス・クライスト・スーパー・スター」ちう映画に、ユダの役で出てはったんですね。わたくし、試写会の抽選が当たって、見に行ったのを覚えてます。高校時代かな。何年前や。
いい映画でしたよ。サウンドトラックも買ったし。中古でやけど。確か、アメリカでヒットチャートの1位になったんとちゃうかったかな、このサウンドトラック盤。しばらく廃盤になったけどね。
映画はキリストの最後の7日間を描いた、ロック・オペラ。ロック・オペラの成功作でしょうねえ。話の中心は、イエス(ジーザス)とユダとの愛憎というか、愛情が深すぎてイエスを裏切ったユダが中心でね。だからこの、カール・アンダーソンさん、イエス以上に目立ちまくり。一番歌ってたんはこの人だったかも。
十字架にかけられるイエスを前にして、メインテーマの「スーパー・スター」を歌うシーンなんか、ホンマの主役はこの人ちゃうのん、ていうくらい感動的でしたな。

などと、昔の映画に思いをはせていたら、今度はメル・ギブソン監督の新作「パッション」が話題になっているという話。今度は「キリストの最後の12時間」やて。
「いままでの映画の中で、もっともリアルなキリストの受難」なのだそうで。ちらっと予告を見ただけやけど、いやあ、こりゃひどいですな。残酷。血みどろのイエス。映画を見てショック死した人も出たらしい。
ユダヤ人がイエスを殺した、ともとれるので、ユダヤ人団体から抗議を受けてるらしいです。
メル・ギブソンは保守派のカソリック教徒だそうで。私財を投じてこの映画を作ったんだそうです。「史実に忠実な映画を作りたかった」らしいですが。確かに当時の処刑は残酷だったようですが。なんでもかんでもリアルにつくってもなあ。
本題は「この映画を通じて、何を訴えたいのか」っちゅうことでしょうけどね。やっぱりキリストの「愛」とかいう、月並みな言葉になるんやろか。前に見た、メル・ギブソンの監督した映画(アカデミー賞をとったヤツ。題名も忘れた)は、だらだらとした歴史劇で、途中で飽きてしもたけどなあ。って、見る前から決めつけたらアカンやろけど。
スポンサーサイト

つる(>◎<)

暑くなったり寒くなったり、また暑くなったり(^◎^;)。三寒四温とはよく言ったもんですなあ。
寒いときって、よく「つる」んですよね。よくある「こむらがえり」とか。足の親指と人差し指が離れて、元に戻らない。戻そうとしたらよけいに離れていって「ぎゃ~っ」ってなったりね。
たぶん、暖めるとエエんやろうと思いますが。素人考えやけど。
昨日、電車の中で本を読んでたら、本を持ってる左手がこの状態になってしまって。小指と薬指が親指の方に曲がっていって「イタタ、痛いやんけ、元に戻らんかいっ」と命令を発しても、ますます曲がっていく(;◎;)。
左手がきゅんっと縮まった状態に。こらアカンと思って、本を右手に持ち替えて・・・。そしたら今度は右手が同じ状態に(-◎-;)。ほとんどポール牧の指パッチンの決めポーズ状態。
本が落ちそうになるのをこらえつつ、痛みにもこらえつつ、「暖まってきたら治るやろう・・」とそのまま本を読み続けたのでありました。そこまでして読まんでもエエような気もしたけど。電車の中って暇やからね。

「アボンリーへの道」

NHKで深夜に再放送されてますね。それもかためて。以前放送されたときには、全然興味をそそられへんかってんけど、ぶたこの勧めもあって、録画してみてます。
カナダのプリンス・エドワード島(赤毛のアンでおなじみの。原作者は同じ)での人々の生活。モントリオールから越してきた少女セーラと、アボンリーの住民との交流。実にホノボノしてまして。「大草原の小さな家」のカナダ版かいな。
しかし、「大草原」と違って、話が押しつけがましくない(「大草原」も最初はそうやったような。だんだん教育的、宗教的になっていって、胡散臭くなっていってた)。
主人公をはじめとする登場人物が、それぞれちょっとした「あかんやん」っていう面を持っていて、それが自然で、かえって好感が持てる。そう、完璧な人って居るわけないもんな。でも、それでも人は信頼しあい、愛し合うのだ。うーん、エエ話や。
ずっと見てると、カナダに行きたくなって来た。寒そうやけど。秋(収穫祭)やのに、すでに雪積もってるし。

2004/2/24(火)

気分転換に(^◎^)HPをリニューアルしてみました。

巷ではだれそれが離婚しただの、だれそれと結婚しただのと、ワイドショーは連日大忙しのようすですな。
「特ダネ」を見てたら、前田忠明が「いやあ、政治家はよくわからないんで」なんて言い訳をしてましたね。水野真紀のだんなのこと。
で、国会記者会館の、和田圭氏が登場。
「そんなに目立つような人ではないんですが・・・」
女子アナの「どんな性格の人なんですか?」という問いには
「いや・・・。はっきり申しまして、記者の間でもあまり話題にならないくらいの方なので、どういう方かよく分からないのですが・・・」やて(^◎^;)。ええぞ和田圭。さすが有賀さつきの旦那だ!

鼻毛カッター

クレジットカードのたまった点数を使って、「欲しいけどお金を払うほどじゃない」ってもので、鼻毛カッター(ヘンケル製)に交換しました。
こんなん。
鼻毛カッター

恥ずかしながらわたくし、鼻毛は長い方でして。ついでに眉毛も長い。頭は薄いけど(-◎-;)。しかも鼻毛は長いだけじゃなくて、穴の出口付近まで生えてるので、けっこう「鼻毛オヤジ」風です。書いてていやになってきたな。
散髪にいくと、顔剃りの最後に鼻毛もカットしてくれます。でも、最近散髪にも行ってないし。だいたい鼻毛をカットしてもらうと、あと「ちくちく」するんですよね。経験ある人多いと思うけど。やたらくしゃみが出たりしてね。花粉症の季節に、これはよくないですね。
で、この鼻毛カッター。正確には「鼻毛クリッパー」というらしいです。さすがヘンケル製だけあって、切れ味は抜群。だと思う。実はよく分からんのです(^◎^;)。
鼻の穴に突っ込んでつまみを押すだけ。すると内側の刃が回転して鼻毛をカットする仕組み。実にシンプル。
で、さっそく鼻の穴に突っ込んで、2,3回「しゅっしゅっ」。うーん(^◎^;)。何というか、手ごたえがないんですな。もっと「じょりっじょりっ」って剃れるんやと思ってたんですが。「ホンマに切れてるんかいな」と思って、あとで鏡で鼻の穴を確認。実にみっともない確認の仕方やけど。
これがけっこう切れてる。自分ではよく分からんから、ぶたこに聞いてみたら「だいぶ違うよ」という返事。そうか。
切ったあとが「ちくちく」しないのはエエかな。つるんつるんになっても困るから(大阪は空気が悪いからね)、この程度がちょうどエエのかも。

鼻の穴というと、北島三郎を思い出すなあ。いつやったか、テレビの時代劇に出ていて、鼻の穴の中まで白粉塗ってたなあ。あれはちょっと、不自然すぎる。鼻の穴が真っ白やなんて。
最近のポスターを見たら、鼻の穴は逆に真っ黒になってました。それはそれで、強調されてしまうんやけど。難しいところですね。

2004/2/23(月)

昨日の夜は大雨で。うちのネコたちは雷が鳴って「どっしんっ」っていうたびに、首を伸ばして警戒のポーズ。ガラなんか恐怖のあまりしっぽの毛が全部逆立って、キツネみたいになってました。顔がのんびり顔やから、どう見てもキツネにはならへんねんけど(^◎^)。
家が揺れるくらいに大きな音がしたから、どう考えてもどっかに落ちてるやろうと思ったんですが、ニュースには出てなかったですな、落雷の記事。
でも関西のけっこう広い地域で1時間半とか2時間とか停電になってたらしい。原因を調べてるらしいけど、落雷とちゃうんかいな。幸い、うちは停電にはなりませんでしたが。停電になったときの対策なんか、全然してへんで、うち。電気が切れたらどうなるんやろ。懐中電灯ぐらいは常備しとかなあかんかな。

ナンシー関にハマってます(^◎^;)

ここ最近、図書館で借りてくる本がほとんどナンシー関になってしまいまして。いやあ、面白いですなあ。読んでて思わず「ぶはっ」と吹き出してしまって、横に居るぶたこに怪訝な顔をされてます。
ワシと同じようにテレビっ子なだけに、共感することが多いです。あ、全然共感でけへん時もあるけど(鶴瓶が面白くないとか。面白くないときは確かにあるけどね)。
まとまって読んだのは初めてやってんけど、この人、見方の基準はあくまでも「自分」なんですな。自分が感じたことをそのまま書いてはる。視聴者がどう感じたか、ちゅうことは後ろにおかれて、自分がどう思ったかが話の中心。視聴率の分析とか、そういうのはほとんどない。よく出てくる言葉「よく分からん」 (^◎^;)。
だから、テレビにツッコミを入れてるおばちゃん状態の時もあるねんなあ。それが面白いねんけど。
ここ一月で立て続けに4冊も読んでしもた。きっと、ひとりごとの文もナンシーチックになるんやろなあ。影響受けやすいねん、ワシ。(すでに影響受けてる?(^◎^;))

「ロード・オブ・ザ・リング」に感動するか?

地上波初登場! 第三部「王の帰還」にあわせての第1部のテレビ放送がありましたね。ビデオに撮ってじっくり見ましたわ。
実は去年、第2部を香港の映画館で見まして(^◎^;)。第1部は見てなかったんで、それが「リング」の初見だったわけです。もちろん英語。なんとなく筋は分かる、というか大きな流れが分かる程度やけど。第2部ではすでにバラバラになった「旅の仲間」が、それぞれ奮闘するという話でしたな。第1部のダイジェストなどは全くなく、いきなり魔法使いガンダルフが炎の怪物と落下していくシーンから始まって、びっくりでしたが。
第1部を見て、ようやくどういう経緯で指輪ができたのか分かったし、どういう理由でそれを消滅させないといけないかが分かりましたな。原題がなんで「Rings」と複数形になってるのかも。「指輪の中の指輪」なわけね。

で、まあ全編大スペクタクルの連続なんですが、あんなけ次々といろんなものが出てくると、消化不良を起こしてしまいそうになりますな。原作に忠実になるとああなるんやろか。原作読んでないからわからんけど。

個人的にはスペクタクル映画はそんなにキライじゃないんですけどね。この第1部も映画館のでっかいスクリーンで見たら、もっと迫力もあってよかったんやろな。
なんか昔見た「ベン・ハー」とか「十戒」とか「サムソンとデリラ」を思い出したなあ。あ、どれも「リング」同様長~い映画ばっかりやな。偶然か。
スペクタクルはスペクタクルでエエねんけど、それだけやと「感動した」にはならんのヤナ。スペクタクルの後ろで、出てくる人間の人物像が深く出てこないとね。現実味のない「大仰な」映画になるんやな。

「ロード・オブ・ザ・リング」は危ないところやなあ。「旅の仲間」ひとりひとりの個性があんまり出ずじまいやし(第1部やからか)。戦闘場面は迫力満点やけど、別れの場面は唐突に見えてしまう。

全然話は違うけど、NHKの「英語でしゃべらナイト」に、フロド役のイライジャ・ウッドがゲスト出演してまして。釈由美子の英語芝居につき合ってましたね。嫌な顔ひとつせず。それどころか、映画の場面どおりに床に腹這いになってまで。まあ、カワイイ娘相手やとそれぐらいはするのかもしれませんがね。
なんか、イイ奴やったな。トビー・マクガイヤに間違われて困るって言うてたけど(^◎^;)。

2004/2/17(火)

しばらく更新してませんで。バタバタと忙しくてね。
書きたいこと、あったんやけど、月日は過ぎていきましてね。もう2月も半ばを終わってしまいましたな。
メモ程度でもしておこう。

* 2月8日の東京国際マラソンの中継は面白かったな。ゲストとかがおらへんかっても(アナウンサーの中継だけでも)十分面白い、ということの証明。さすが日テレ。毎年箱根駅伝の中継やってるだけのことはあるな。
ほんで、一番面白かったのはゴールしたあとの、インタビュー。一位のジェンガ(ケニア)にインタビュー。
「おめでとうございます」
「はい、ありがとうございますっ」
って、日本語やん(^◎^;)。高校時代に留学して、日本での生活13年。そうやったんか。
「今までいろんな方にお世話になって、でもなかなか優勝できなくて・・・」(涙)
ふえーん(;◎;)。まるで日本人のようなコメント。おじさんは感動してしまったよー。
せやのに、TVのスポーツニュースも次の日の新聞も、メインは日本人最高(2位)やった大崎の話ばっかり。そら確かに良かったけどね。サラリーマン・ランナー。
でもおじさんはジェンガ君を応援するぞー。
* 「紅白歌合戦」の再放送。どうだったんでしょうね。視聴率はよかったらしいけど。17%台やったかな。
改めて見る気は起これへんかったなあ。やっぱり大晦日気分で見るもんとちゃうかな。なんで再放送に踏み切ったんでしょうね。「視聴者からの要望が高かったので」ってNHKはコメントしてたけど、毎年要望はあるんちゃうの?
テレビをつけたらちょうどスマップが歌うところで。つまり終りだけ見たわけね。再放送でもやっぱり紅組にはボールは入ってませんでした。当たり前か。
で、そのあとニュース10が始まって。なんと有働アナウンサー(ニュース10ではスポーツニュース担当)が、紅白の時のドレス姿で、紅白で使ってた(であろう)赤いかごを小わきに抱えて「えーん、やっぱりひとつも入ってないよー」やて。(^◎^;)
あれは変化技やったなあ。普通のニュースやで。よーやるなあNHK。面白いけど。

メモ程度のつもりが、ほとんど普通のひとりごとになってしまった(^◎^;)

インテリア雑誌

会社が引っ越しすることになった。新しいフロアで、机のレイアウトやらどこに誰が座るやらで大騒ぎである。まだ先の話やけどね。
今よりちょっと狭くなりそうということで、不必要なものは片付けていかんとアカン。
この機会にすっきりとした仕事環境を整えたい、と思ってる人は少なそうで、「今より狭くなる!」ということに危機感を持ってる人がけっこう居てはったりする。そんなたいした違いはないのに。
ワシは、少々ごちゃごちゃしてきてた机周りが、これでスッキリ出来るかもとちょっと期待してます。過剰に期待したらアカンけどね。

で、昼休みに近くの本屋さんに入って、仕事環境のインテリアが載った雑誌が無いか探してみた。
インテリア雑誌って、婦人雑誌コーナーにあるねんなあ(^◎^;)。「ダイエット」と「赤ちゃんの子育て」の間にインテリアコーナーがありまして。特徴的なのは、そのどちらも背表紙が赤、黄、ピンク系がほとんどやって事。一目見て「婦人雑誌コーナー」やねんな。
少々場違いな気がしつつも、間のインテリア雑誌コーナーの前に立って、職場のインテリア関係の本か雑誌がないか探したけど、ありませんなあ。仕事に便利なインテリアなんか。
目につくのは「かしこい収納」「らくらく収納」。片付けることだけかい。
「ひとり暮らしのインテリア」とかやったら、今や在宅ワークをしてる人も多いことやから、仕事をする環境っちゅう特集でもないかと思ったけど。ひとり暮らしでも「おしゃれ」が基本やねんな。「機能的」っちゅうのはどこを探してもなさそうや。

あ、ひょっとしたら仕事関係はインテリアでも「男性誌」になるのかも、と思ったけどすでに時間切れ(昼休みが終わる)。また今度探しに行こうっと。

徹子さんと上沼さん

きのうのコンピュータ問題、リンク先を間違えてましたね(^◎^;)。こそっと修正しとこ。

さて、「徹子の部屋」が29年目を迎えるということで、日曜日に特番をやってましたな。日曜日に仕事の入ったぶたこのために録画したものを観まして。
昔の映像とかも映ってましたが、いやあ初々しいですなあ。もうすでにベテランやったはずやのに。お化粧も今とは全然違うし。あたりまえか。

わたしら夫婦はそろって徹子さんのファンでありまして。何がって、あの「自然さ」と「面白さ」が同居しているのがなんともいえんのですな。
そしてまた、話がおもしろいだけじゃなくて、人の面白い話を引き出すのがうまい。これって天性のものかも知れんなあ。
この日もゲストに大竹まことが来ていて、徹子さんに突っ込まれてタジタジやったなあ。TVタックルの時とは全然違うわ。大竹まことなんか、この番組にそぐわへん感じやと始めは思ったけど、きっちり話の輪の中に入れてしまって、しかも言いたいことを言うところは(それも面白く)ほんまに「マイリマシタ」ですわ。
大竹まことも、「徹子さんやから」タジタジになったのではなく「徹子さんのように突っ込まれると」タジタジになるんやろなあ。分かる気がする。

女性(って分けると失礼なんかな)司会者としては、関西には上沼恵美子さんっていう超人気者の司会者がいてはりますが。どっちも好きやねんけど、最近は上沼さんの方はあんまり見ぃひんようになったなあ。
「怪傑えみちゃんねる」が典型的やけど、上沼さんが司会をすると上沼さんの話ばっかりになるのね。それで面白いからエエんやけど。そうなるとゲストがゲストじゃなくなって、上沼さんの話の聞き役に回ってしまうんですなあ。
それでいきおい「聞き上手」なタレントさんがいつも集まってくるようになってるみたいや。新喜劇の辻本クンとか。ただ聞き上手なだけじゃなくて、上沼さんの話にちゃんと突っ込めるような才能のある人が。
ただねえ、そうなるとどの番組でも同じことをやってるように見えてしまうねんなあ。だからあんまり見ぃひんようになったんやなあ。

徹子さんはその点がちょっと違ってて、ともかく話題の中心は徹子さんじゃなくて、ゲストに集中するねんなあ。それでいて、結局しゃべってるのは徹子さん。最後はそうなる。だから「徹子さんの番組を見た」という気になる。これはすごい才能やなあ。

2038年問題

コンピュータの「2000年問題」もまだ記憶に新しいところやけど、今度は「2038年問題」というのがあるらしいです。
くわしくは

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NC/NEWS/20040202/139212/
コンピュータの“西暦2038年問題”発生、早くも日本を揺るがす

をどうぞ。

へえ~。このあいだの銀行ATMのトラブルもこのせいやったんか。ATM管理の人は知らんかったんやろうなあ。
2000年問題の時は、それを元にしたパニック映画(テレビ映画)もありましたなあ。NYのタイムズスクエアでカウントダウンが終わったとたんに、いろんなところでトラブル発生。NY中が大停電になって大騒ぎ。
って、NYが世界で最初に「2000年」になるわけないやないか(^◎^;)。
マスコミとかが変に煽ったわりには、たいしたトラブルもなく新年を迎えたなあ。
ワシは大晦日に明石海峡大橋の淡路島側で、ミレニアム記念の歌を歌ってたなあ(^◎^;)なつかし。
「何が起こるかわからへんから、家でじっとしていましょう!」と真顔で注意してた指揮者もおったな。「ミレニアムやからとか言って、カウントダウンを見に行くなんて、バカな真似はやめましょう!」
「何が起こっても、まあエエやんけ(^◎^)」ぐらいの認識しかなかったワシは(というより、マスコミとかの「危険ですよ!」報道にエエ加減うんざりしてた)あんまり気にすることもなく淡路島まで渡りまして。まあ最悪、その日は家に帰れなくなるってこともあるかも・・・・とかは覚悟してましたけど。

今回のは、単純に「桁を間違えて」とかいうのとは違うみたいで、ちょっと厄介みたいですね。
とはいえ、わたしらのようなローエンド・パソコン・ユーザーには、どうしようもないですが。ウィルス対策と同じように、どこかの会社がパッチを公開してくれるんかな。
あ、UNIXじゃないと、関係ないのか・・・ようわからん。

2004/2/2(月)

5日ぶりに書いてます。もう2月になりましたね。

自分では全然更新してへんのに、なぜか自分のページにアクセスすると、「たこぶのひとりごと」をクリックしてしまうわたくしは、ちょっとおかしいのかも(^◎^;)。

きのうは自分のページじゃなくて、ぶたこのページの香港旅行記をせっせと書いてまして。
ようやく最終日までたどり着いて、ほっとひと安心。

先週は国会で派手なバトルがあったらしいし。曙VSボブ・サップより迫力があったな。なにしろ本気やからね(^◎^)。
泣いてる兄ちゃんもおったな。女の涙は武器になるって言うたおっさんがおったけど、男の涙が絵になると思ったんかな。男の涙は絵になるときもあるけど、ただ情けなく見えるだけの時もあるなあ。勉強になったわ。

などと、あいかわらずテレビに突っ込んでいるのでありました(^◎^)。

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。