スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日

火曜日はゴミの日。でもって、今日は洗濯物もたまっていたので洗濯もしまして。
両方を、朝、出勤する前に片付けるのはなかなか忙しいです。っていっても、どちらもそんなに時間がかかることでもないんですけどね。「あれもやって、これもやって」っていう、気ぜわしさがあるんですね。
朝、普通のサラリーマンほど「時間がない」ことはないんですけどね。起きてから家を出るまで、だいたい1時間半はあるし。その間、ゆっくり朝御飯(パンとコーヒー)をとって、ゆっくり新聞を読んで、ゆっくりテレビを観て...っていうのがわたくしの朝の時間の過ごし方です。
そのなかで、洗濯するにも、ゴミ出しをするにも、そうたいして手間なこともないですね。ただ「気ぜわしい」だけで。洗濯するからあんまりテレビを観ないとか、ゴミ出しするから新聞を読むのは帰ってからにするとか、そんなことはないです。

思ったほど、カラっとは晴れなかったから、明日になったら乾いてるってこともないかもなあ。洗濯物。ちょっと残念。着替えはあるから困れへんけど。


夜。晩ご飯を食べて、ごろりと横になったら、熟睡。最近、「夜寝」が習慣づいてしまいました。晩ご飯の後、しばらくしたら眠たくなってしまうんですね。誰にも「寝るな!」とは言われへんから、ごろっと横になったら、あとは好きなだけうとうと...で、寝てしまうんですね。
今日は、9時過ぎに横になって、目がさめたら(というより、ぶたこに起こされたのが(^◎^;))11時半。大方2時間半は寝てしまったわけで。

こういう寝方はどうなんでしょうね。疲れた時には横になるのが一番やと思ってるんですが、何回にも分けて睡眠時間をとることで、何か不都合とかあるんやろか。
あってもやめられへんとは思うねんけど(^◎^;)。
スポンサーサイト

【ナンバ走り-古武術の動きを実戦する】光文社新書

陸上の末續慎吾が応用したってことで知った「ナンバ走り」について書いた本。
陸上の話やろうと思ったら、多くはその理論を実践して、インターハイなどで活躍するようになった桐朋高校バスケット部の話が主でした。著者がその高校の先生なのですね。

こういう、今までの常識を覆す理論を展開するっていうのは、けっこう好きです。
ただ、新書という「分量」の問題もあるんでしょうけど、図解とか、詳細な理論付けとか、もっとあってもよかったかな。個人的には、骨格が、実際にどのように運動するのかに興味があるな。もっと別の解説書とかも出てるのかな。それより、「古武術」について勉強すべきなのか。

それと、あとがきで、根性主義について、肯定的な意見を書いてるのも気にいらんかったな。そういう古い考え方を覆すだけの理論付けができるんとちゃうか、無駄な、無理な練習とかをやらなくてすむ方法なんとちゃうかと思って読んでただけに、余計にね。そもそも「根性」っていう言葉がきらいなの、わし (^◎^;)。

ペ・ヨンジュンの好感度

「冬のソナタ」は、全部観ましたけどね。地上波で。でも、それに入れ込むほどはまってはいないので。これだけ「ヨン様」が話題になるとは思いませんでしたわ。
今日のスーパーテレビ(日本テレビ)は、この度の来日に密着。番組の半分は、あのホテルでの、押し合いになってけが人が出た、あの事故のいきさつというか、「密着してなかったら、分からんかったで」っていう内容をやってました。
混乱を避けたいホテル側、ファンにサービスしたいヨンジュン側。
結局、ヨンジュン側が強行したわけで、でも、その前後のいきさつとかがけっこうややこしかったんやなあっていうのが分かって、ちょっと納得。何に納得してるんだ。

ところで、ファンのことをペ・ヨンジュンは「家族」って言うんですね。それって、韓国では普通なのかな。それとも、この人独特の言い回しなのかしらん。
後半のインタビューで、「好きな女性のタイプは」などという、よくあるしょうもない質問の後、インタビュアーが「では、ファンの皆さんにもチャンスがありますね?!」って言ったら、

「家族同士で、そんなことをしてはいけません(^_^)」


いやあ、お見事!いままで、そんな返しをした人、みたことないであるよ。
これでいっぺんに、わたくしの中での好感度アップしました(^◎^)。

【タンポポハウスのできるまで】藤森照信

こういう家があることは、だいぶ前から知ってたし、藤森照信という名前も知ってたんですけど、それがどれだけ面白いかを知ったのは、テレビで特集を観てからでした。
それ以来、いっぺん読んでみたいと思ってたんですけどね。

確かに面白い。
ただ、いろんなことを詳しく書きすぎて、丁寧に読んでたらいつまで経っても読みすすまないような気がしました。ま、そこは適当に読みとばして。なにしろ、勉強のために読んでるのではないんやから、気楽なもので。

「タンポポハウス」といいながら、前半は守矢資料館の話ばっかりで。
後半でようやく、タンポポハウスの話になっていきます。細かい建築の話なんかがでてきて、やっぱり丁寧に読みすすまれへん。それでも、面白かったけどね。

なにが面白いって、藤森氏の建築に対する考え方。「素人」を標榜して、それをよしとして常識を打ち破っていくさまが気持ちいい。

ま、こんな家に住みたいとは、思えへんけどね(^◎^;)。

11月28日

午前中、アラビアンナイト大博覧会に行くつもりやってんけど、ぶたこの体調が悪く断念。
自然公園のどっかで食べるつもりやったサンドイッチを昼食に。

だらだらとテレビを観て過ごしました。買物に行くのもめんどくさい。夕ご飯は用意せなあかんから、駅前のスーパーまで行ってコロッケと豆腐を買って。これとお粥さんであっさりと。

そうそう、金曜日家に帰ったら、「飯炊鍋」なるものが台所に(^◎^;)。コーナンで、安かったから買ったんやて。確かに安い。ご飯を炊ける上に煮物とかもうまく出来るらしい。これでお粥さん。おいしいけどね。

テレビも大して面白くない。タイガースのファン感謝デーの番組もあったけど、進行役というか、メインのFUJIWARAが面白くなさ過ぎ。途中のコントも面白くない。邪魔なだけ。松村邦洋も、人気あるんだろうか。わたくし的には、いらん人なんですけど。つまり観たかったのは、選手の様子だけなので、そのほかのVTRは全部無駄やったってこと。

11月27日

土曜日の午前中は、面白いテレビ番組が目白押しです。関西ローカルやけど。関西ローカルやから面白いのかも。MBSと関西テレビと読売テレビと、どれを観るか、迷いつつ午前中が終わって行くんですな。


午後、今度ぶたこが司会をする、教育大学のマンドリンクラブのリハーサルに付き合って、教育大学へ。
もう10年くらい、ぶたこが司会を務めてます。
「こんなおばさんでええんかいな(^oo^;)」って、ここ数年言うてますが、学生にもお客さんにも評判がいいようで、結局毎年頼まれてます。
キャリアが長い分、学生だけでやってるより気がつくことが多かったりして、その点でもええんちゃうかなあと、わたくしも思いますな。この大学のクラブの場合、技術顧問というか、学生だけで運営していて、指導してくれる「先生」という存在が居ないのでね。


帰り、布施駅で降りて、今まで入ったこともない、きたなーい中華料理屋さんで夕ご飯。
これが!安い割にうまい!ぶたこは「中華定食」わたくしは「スタミナ定食」を食べまして。「中華定食」700円が、この店で最高値の料理なんですな。八宝菜+スブタ+玉子のせもやしいためもの+ごはん+スープ。もちろん八宝菜にもスブタにも野菜がたっぷり。ご飯も大盛り。
意外なところでおいしい店を見つけてしまいました。カウンターと、あと8人座りの座敷ぐらいしかない小さいお店やってんけど。あ、2階もあったか。


布施で評判のおいしいパンやさんがバーゲン中。食パンが半額。一本、買ってしまいました。3斤分あるそうで(^◎^;)。

11月26日

午前中は、シルバーコーラスのお手伝い。といっても、一緒に歌うだけやけど。あ、ちょっとだけ「見本」みたいなことを、ぶたことやったけど。


最近、電車を降りる時、出口付近で立ったままっていう人が多い。中の方は空いているのに、出入口付近から動かない人が多い。自分が邪魔になってるってことには無頓着なんやろな。そういう人が、増えてきたような気がして、ちょっと嫌やな。
そういう自分も、周りのことはどうでもいいって、普段は思ってるんやけど。


「プレデター2」をやってたな。最初の方、ちょっとだけ見て「あーあ」と思って、寝てしまった。撃ちあいとか殺しあいとか、そういうことをリアルに表現するってことに、どんな意味があるんやろうか。
寝てる間に、ぶたこは昔の「ビバリーヒルズ青春白書」のビデオを引っ張り出して、英語で見ていた。若者言葉で西海岸の言葉っていうのは、分かりにくいらしい。

【リフォーム王選手権】テレビチャンピオン

テレビ東京の人気番組。だろうと思います。だって長いこと続いてるし。「大食い選手権」がなくなってどうなるのかな、と思ってたけど、しぶとく生き残ってますね。エライ。
さて、今日は「リフォーム王選手権」ってことで、狭小マンションに住む大家族のために、リフォームするってことで。
2LDKに家族6人、7人っていう家族が3組出て来て、それぞれの部屋(おうち)を、3人の建築家がリフォームし、優劣を競いあうというものでした。
「ビフォー・アフター」の真似し、ともいえるけど、さすがにテレビ東京、「予算300万円」という、実に魅力的な制約がありまして。「ビフォー・アフター」の5分の1ぐらいですな。お金をかけない!という姿勢はこれからも貫いてほしいなあ。
いつもだと何人かの「選手」による「予選」があり、それを勝ち抜いた2,3名が「決勝戦」を行う、という流れなんですけど、リフォームっていうことで、さすがに「予選」+「決勝」をするには大掛かりすぎたのかもしれませんね。いきなり「決勝」です。

日程は6日間、予算は300万円で、それぞれ考えぬかれたリフォームで、楽しめました。優勝したのは、カーテンとか照明とかに凝って、全体も白い色で統一した、牧師さん宅をリフォームしたものやったんですが。
やんちゃ盛りの子供が4人もおって、まもなく5人目も誕生するっていう、その家族のことを考えると、どうも納得がいきません。きれいなカーテンとかそれに映える照明とか、じつは生活にはあんまり関係のないところに、審査員の評価が高かったように思いますが、実際住んでみたらどうなることやら。きれいなカーテンは、子供のイタズラの格好の餌食になりそうやし。城で統一された部屋は、またたくまに汚れてしまうのが目に見えてるしなあ。
それに比べると、負けた2組の家族の部屋の方が、実用的に出来てるような気がしたなあ。実際住んでみたら、その2組の方が住みやすいんとちゃうかなあ。

ま、所詮はテレビやから、どっちでもええねんけど。リフォームするとしても、優勝した人には頼みたくないな、と思っただけ。

11月25日

朝、目ぇさますと、天気がえぇ(^◎^)。
ベランダに目をやると、洗濯物が溜まってます。うーん。やっぱり洗濯日和、かな。というわけで洗濯しまして。
洗濯って、ほんまに簡単ですな。特に最近は、柔軟剤入り洗剤「ボールド」を愛用しているので、さらに簡単になりました。洗濯物を入れて、スイッチ入れて、洗剤を入れるだけ。後は全自動。あ、乾燥はしてくれませんから、乾燥器に入れる手間はありますけどね。
1時間足らずで洗濯は完了。しわを伸ばしたいシャツとかTシャツとかを乾燥器でしばらく乾燥させた後、干すだけ。わが家ではアイロンがけもほとんどいたしません。しばらく乾燥させて、ほんわか湯気のたったところで、ハンガーにかけて干しておけば、シャツにもほとんどしわがよりません。これって、なかなか便利です。


今日の夕飯はかき揚げを乗せた天丼と、ワカメと高野豆腐と鶏肉の煮物。鶏肉が、お正月に食べる茶碗蒸しに入っているものと同じ味だったので、正月気分になってしまいました。安上がりな正月気分ですが。

夕飯の後、テレビを見て、しばらくうとうと、のつもりが、すっかり寝入ってしまいまして。大方2時間ぐらいは寝てたなかな。ま、眠たい時に寝るっていうのは体にええような気がしますから、きっと健康に過ごせるんやろう、と自分に言い聞かせてます。その後、お風呂にも入ってすっきりしたし。


今はかなりすっきりしてるんですが、今日はどうもへんな日でした。へんな日っていうのはおかしいかな。なんというか、わたくしアトピーなんですが、「アトピー的にへんな日」だったんですね。
空気が乾燥していたのかな。手の甲とか顔とかがカサついてまして。ちょっと赤みがかってましてね。そんな大したことはないんですが。
花粉とか、ホコリとか、そんなことがあるのかいな。でも花粉なんかまだ飛んでないやろに。それに、アトピーではあるけれど、食べ物アレルギーとかはないので、食べたものが悪かった、ってこともないしなあ。やっぱり乾燥か。
こんな日はゆっくりお風呂に入って。もう入ったって(^◎^)。

今年の紅白は

紅白の出場歌手が発表されましたね。SMAPが辞退したとか。松平健が出るとか。まあ、話題といえばそれくらいかしらん。
ざくっとみたところ、何が見どころなんか、よう分かりませんな。モーニング娘。関係が3組出るらしいな。つんくだのみ、かなあ。倉木麻衣も出るのか。去年ほどの話題性もないけどなあ。去年も、さほど話題にならへんかったか。

マンネリやとか面白みがないとか、いろいろいわれてるけど、わたくし、今年もたぶん観ると思います。まあ、年中行事のひとつみたいなものやし、なにしろ生放送やから何が起こるか分からんしなあ、っていう楽しみもちょっとだけあるし。
なにより、出場する歌手の皆さんは、さすがに気合いが入っていると思うから、いつもの歌番組で歌ってるのより、ちょっとだけか、あるいは大いに「見せる」演出とかしてくれそうやし。そういうのが、たとえ失敗しても、面白いやないですか。あ、いつもの歌番組で歌う、っていうことも最近はないのか。

それにしても、裏番組は格闘技に占いにお笑いか。格闘技の視聴率がいいっていうのは、どうなんやろ。わたくし、ああいうのを大晦日に、長い時間観る気には、ならないですけどね。
細木数子も、年末に見たいとは思わんなあ。「今年はずした予想」とかいうのをやってくれるんやったら、まあちょっとは興味があるけど。それで、どんな言い訳するのか、聞いてみたい。いや、言い訳やったら聞きたくないかな。どっちでもええねんけど。

カウンターが消えた!

先週の話。
会社で、自分のページにアクセスしたら、カウンターが消えていました。あらら(-◎-;)。
慌てて、別の無料カウンターサービスに申し込み。1時間ほどで新しいカウンターIDをもらえて、さっそく貼り付け。ほっ。
きっと、カウンターサービスの不具合か、こちらの不都合か、気がつかない間に契約違反なことをやらかしてしまったんやろう、と思ってたんですが。

次の日、気がつきました。
ブラウザ「FireFox」には「外部リンクの画像を表示しない」という設定がありまして、これにチェックが入ってたんですな。いつのまにやら。そら、自分でチェックを入れたんでしょうが。だから誰も責められへん(^◎^;)。自分で笑うしかない。はは(^◎^;)。
チェックをはずして、元のカウンターサービスのカウンターを復活。

われながら、アホなことで焦ったわ。焦って損した。

11月24日

朝、朝刊をとりに表に出て気がついたけど、今日は「びん・かん」の収集日でした。忘れるところやった。ま、わが家は空き缶がたくさんでるような生活はしていませんけどね。ビールとかジュースとかはあんまり飲まないし。あ、ジュースは飲むか。でもほとんど紙パックの1リットルパックやな。
というわけで、今日出そうと思ってた「びん・かん」は、コーヒーとクリームのびんのみ。それもひとつずつでして。
普通のゴミ収集車で集めはるんですが。びん・かんは量が少ないのか、いつもより早く回って来はるようで。いままで2回ぐらい、出掛けに出そうと思ったら、すでに収集車が通り過ぎるところやったことがありました。以来、とにかく気がついた時に出しておくことにしています。今朝も、新聞を入れたそのついでに、台所においてあった空きびんをビニール袋に入れてゴミステーションへ。一仕事おわり。
ゴミステーションには、空き缶を物色するおじさんが来てましたな。毎回ご苦労なことです。自転車にはすでに袋いっぱいの空き缶が。

さて、この何日かバタバタしていてすっかり忘れていたけれど、今日は声楽のレッスンの日でした。って、全然練習してへんやん(^◎^;)。朝の、出勤前の合間をぬって、ひととおり声出し。そんなんで、ちゃんと歌えるわけもないんですけどね。

仕事を終えて、先生宅へ。案の定、まったく歌えませんでしたわ。ははは。笑いごとやないって。ドイツ語の曲をみてもらったんですけど、ドイツ語の歌詞もちゃんとしゃべられへん。われながら情けないですな。ま、練習してへんねんから、歌えたら奇跡っちゅうもんやけど。
次は日本語の曲にしようっと。これやったら歌詞を読み間違えることは、まずないやろから(^◎^;)。

レッスン終了後、ぶたこと夕食。今日は中華料理屋さんでニラ玉定食。
いつもレッスンの後はこの中華料理屋さんか、カレーやさんにいくことにしてるんですけど、カレーやさん、閉まってました。休業じゃなくて、廃業みたい(^◎^;)。看板もなくなってたし。確かに、あんまり流行ってなかったみたいやったしなあ。お気に入りやったのに。残念。

【はてしない物語】ミヒャエル・エンデ

映画「ネバー・エンディング・ストーリ-」の原作。と思って読みはじめたんですけど。確か原作者のエンデ自身が「映画と小説とは違う」というようなことを言っていたって聞いたことがあったな。
そのとおりで、映画になったのはこの物語の前半部分だけ。それも結末はちょっと違う。本当の物語はそこから始まる、というか、後半部分のほうがやっぱりこの物語の本題なんでしょうね。

普通に読んでいったら、普通のファンタジー、というか、ただのおとぎ話のようにも読めてしまいます。でもいままで「モモ」や「鏡の中の鏡」を読んだあとでは、なにか話の裏側が気になってしまいました。
とくに教訓的なことを書いているわけじゃないんですけどね。話の構成がかっちりしている、というわけでもないような気もしますし。荒唐無稽な展開もありますしね。それもこれも、主人公が望んだとおりに話がすすむ、という基本があるからともいえるんですが。
そういう「冒険潭」を楽しむ、という読み方もあるんでしょうけどね。いや、ほんまはその方が作者の意図に近いのかな。

主人公のバスチアンが、ついに自分の名前まで忘れてしまう、というくだりは、「鏡の中の鏡」で、名前のついた登場人物が、最後までひとりしか出てこなかったことと、どうもつながっているような気がしてしまいました。大事なのは「名前」なのか。いや、「名前」というのは何かの象徴なんでしょうけど。なんとなく分かるような気がしますが。

ま、あんまり考えんことにしよう。面白かったから、それでよしとして。

11月23日

今日の出来事。
勤労感謝の日で休日やねんけど、火曜日はゴミの日。それは変わらない。休みの日は遅くまで寝ていたいものですが、そんなわけで8時過ぎには起きて、ゴミ出し。
市の広報なんかには「9時までに出して下さい」とか書いてあるんですけど、実際に収集車がまわってきたのは11時過ぎ。いつもは会社に出掛けにゴミ出しして、あとは知らんかってんけど、こんな時間に回って来てるんですな。結構遅い。ま、早すぎて、ゴミ出しする前に来てもらっても困るから、遅くていいってもんですけどね。

休みの日は気分もだらだらしていて、なんとなく時間が過ぎてしまうもんです。そこをなんとかがんばって(何を頑張るんだか)洗濯物を取り入れ。おとといの朝、洗濯したからもう十分乾いてるわな。
午後、ぶたこの生徒が来てレッスンしている間に掃除機かけ。わが家では2週間に1回ぐらいしか掃除しませんので(えーっ(^◎^;))ホコリがいっぱい。というわけでもありませんけどね。
そんなに神経質に「きれいにしとかな!」とも思っていないので、適当に。しかし丁寧に。

掃除したら、なんか一日分の仕事をしたって感じ(^◎^;)。ぶたこもレッスンを終わって、一日分の仕事をしたって感じ。ほんまはこれからお互い用事が済んだら、買物に、と思っててんけど、どうもそういう元気がなくなってしまった。というより、めんどくさくなってしまいました。
こういうときは甘いもんやな(^◎^)。
夕食は近所のスーパーでテンプラ(かき揚げとイカ天)を買って、ご飯に乗せて自家製天丼にすることに。そうやって夕食代が安く済んだ分、ケーキやさんでケーキを買って、デザートにしよう、ということで意見が一致しました。
最近近所に出来たケーキやさん。開店早々の時に買ってみたら、めっちゃおいしかったので、今回も。モンブランとマロンミルクレープ。渋皮マロンがもう!最高です!

テレビもあまり見ず、ラジオを聞いたり本を読んだり。あ、ビデオに撮っておいた「24」を最後まで観たな。うーん(-◎-;)。面白かったといえば言えるんやが・・・。続きを観たいかって言われたら、どうしようかな。こういうシリーズものは、最初が一番、とも言えるな。

銅鑼&太鼓

久しぶりの書き込みです。ごぶさたしています。って誰に言ってるんだか。
ここ1週間というもの、仕事もそのほかも多忙を極めておりました。この週末に、大阪の国立民族学博物館で開催されている「アラビアンナイト大博覧会」のイベントに出演しまして、その練習やら打ち上げやら(^◎^)で、結構へとへとになりました。詳しい内容はぶたこのページにおゆずりします。

わたくしは一応、パーカッションということやったんですけど、そんなん専門にやったこともないから、まあエライことでしたわ。
今回演奏したのは「銅鑼」と「太鼓」やったんですが。どちらも民族学博物館所蔵の楽器。さすが、こういうものは揃ってるんですなあ。演奏する機会はあんまりないみたいやけど(^◎^;)。
銅鑼なんて、「じゃーん」と叩けばエエってなもんやと思ってたら、これが実に微妙・繊細な楽器でして。叩き方によって「ばあーん!」ともなれば「ぼよよよ~ん」ともなるんですな。弱く叩けば小さい音がする、という単純なもんやなくて、音色とか音程とかまで微妙に差が出てくるんです。
はじめやさしく叩いてたら、「あんまり銅鑼らしくない」と言われまして、まあ今回はそんなに繊細な曲でもなかったし、効果音的な使い方しかされなかったので、最後にはおもいっきり叩いてすっとしてましたが(^◎^)。

さて太鼓のほうはもっと大変です。足の間に挟んで叩くんですけど、その構え方も分からなくって。手のひらで「ぽんぽこぽんぽこ」と叩くんですけど、叩く場所によってこれまた音色がいろいろ変化するんですな。端っこを叩くと「カンカン」という、硬い高い音が鳴って、皮の中央を叩くと「ぼんぼこ」という低ーい音が鳴るんですね。それを使い分けた方が面白かろう、ということで頑張らせてもらいました。ピアノや歌と、なかなかリズムが合わなくって。リハーサルから何度もやり直し。われながらリズム感の悪さに呆れてしまいました。ピアニストの先生にも歌の先生にも、えらい迷惑をかけてしまいましたわ。すみません (_◎_;)。

最初はぶたこがナレーションをするということで、わたくしはまあ「ついでに出演」で、銅鑼と太鼓ぐらいやったら、と思ってたんですが、甘く見てはいけませんでしたな。打楽器は奥が深い。どんな楽器でもそうなんやろうけど。特に打楽器は、叩けばとにかく音は鳴るし、音程なんかも関係ないから簡単そうに思えるけど、そういうわけにはいかんのですね。


いろんな事件とか、プロ野球のドラフトとか、いっぱいありすぎて困るくらいあったんやけど、なんにも書かへん間に日が過ぎてしまいました。はらら。

【とびらをあけるメアリー・ポピンズ】トラヴァース

メアリー・ポピンズシリーズの3冊目。3作目ともなると、どういう話の展開になるかっていうのは見えて来てしまうので、最初のわくわく感とかはなくなってしまうんですけど、それでも最後まで読んでしまいました。ラストは、今までの登場人物が総出演で、いかにも「これでおしまい」っていう、テレビシリーズの最終回のようでした。

メアリー・ポピンズ本人の面白さが、1作目で出切ってしまったような気もしました。この3作目になると、あるところに行って、不思議な体験をするっていうことがメインになって、ありがちなファンタジーになっていてちょっと残念やったかな。ま、これだけたくさんの作品になると、ある程度は仕方ないとは思いますけどね。

最後はお決まりのお別れとなるんですけど、残された子供たちの、その対応というか、反応が、1回目2回目と比べると成長していて面白かったです。

トシちゃん

何気なくテレビのチャネルを回したら、NHKに田原俊彦が出ていて、昔のヒットメドレーを歌っていました。
びっくりした。歌、うまくなってる。
昔歌ってた歌って、今聞いてみると盛り上がり方とか、結構歌うのが難しそうな歌が多い。それに、トシちゃんといえば「歌が下手」っていう先入観もあった。
それを今、ほんまに上手に歌ってた。むかし歌ってた歌い方とはだいぶ違うし、音程もずっとよくなってて聞き応えのある歌になってた。
ほんまに久しぶりに歌うところをみたけど、きっとずっと歌のレッスンとかしてたんやろなあ。なんか、感動してしまいました。

PCスピーカー

ぶたこも自分のブログにかいてるけど、パソコンのスピーカーが成仏してしまいました(^◎^;)。スイッチを入れても、パワーランプがちょっと点いて、すぐフェイドアウトしてしまうのでした。
もともとパソコンに付いて来たスピーカーやし、壊れてもうたもんは仕方ない、と諦めて捨ててしまいました。
幸い、古いパソコンのスピーカーが残っていたので、それを繋いで万事OK。

さて、昨日(土曜日)、安売りのポータブルラジオを買いに、近所のコジマへ行きまして。セールで298円。ほんま、こんな値段でFM付きのラジオが買えるんですねえ。
で、ついでにPCスピーカーはどんなものかいな、と見にいったら、これが思ってたより安い。安もんしか置いてなかった、というのもあるかもしれへんけど、1280円からあるんですね。ちなみに、ご臨終になったスピーカーは、調べてみたらセットで12000円ほどするものでした。へえ。そんな高価なスピーカーをパソコンに繋いでたんか。
ともかく、PCスピーカーが安価で手に入ると分かって、ちょっと食指が動きましたね。

帰宅して、いろいろネットで調べてみましたら、今日店頭で見かけたようなスピーカーの評判が書いてありまして。値段の割には良いスピーカーらしい。おおむね、買った人の評価が高い。これは、この機会に買うべきかも。

で、今日ふたたびコジマへ。さすがにネットで調べた値段よりはやや高め。でも実際に聞いてみて、音がよかったら納得できるかも。
ぶたこがレジまで行って、店員さんに「聞いてみたいんですけど」
そしたら、店員さんの答えが「いや、聞けないんですけど・・・」
ええっ!スピーカーなんか、聞いてみいひんかったら、ええかどうかわからへんやんけ。
と思ってたらその店員さん、気が変わったのか、スピーカー売り場まで来て、スピーカーの配線を変えて、ポータブルCDプレーヤーに繋いでくれました・・・・。やねんけど、その繋ぎ方が・・・。
スピーカーが並んでる棚の奥の方に手をツッコンで、そこにコンセントとかがあるんでしょうなあ。なんかしらんけど、CDプレーヤーとのコードも、どうやって繋ぐんやら。めっちゃバタバタしてて、周りに並んでるスピーカーを倒しまくり。ようやく目的のスピーカーに繋ぎ終わって「どうぞ」
言ったきり、レジの方へ帰って行きよった。棚のディスプレイ、ほったらかしやんけ。ほんで、ほかのスピーカーと聞き比べせえへんかったら、ええんやらどうなんやらわからへんやんけ。レジが忙しそうでもないくせに。

そういうわけで、買う気は一気に失せてしまったのでした。まあ、ええ音やったけどね。さて、今のスピーカーと買い換えるだけのことはあるのかないのか。
ともかく、コジマでは買わんわな。

日米野球その2

出てきましたね、松坂。そして期待以上の活躍でした。
全日本の打線も、昨日に引き続いていい調子でしたね。佐伯のホームランにはびっくりしたなあ。
ほかのことをしてて、画面から目を離していたときやったんですね。アナウンサーが「のびるのびるーっ」とかいうから、ホームランかぁ、また大リーグの選手が打ってんやろなあ、て思ったらなんと佐伯くん。意外やったな、って言うたら失礼やけど(^◎^;)。

松坂は落ち着いてきたって感じがしました。ヒーローインタビューにもそつなく答えてたしな。
きのうのTBSと違って、実況のアナウンサーも落ち着いててよかったわあ。解説の中畑さんは、どうもわたくしの性に合わないのですが。

【リッチー・リッチ】

最近増えてきたように思うんです。英語字幕放送。吹き替えより、だいぶ面白いですね。英語の勉強にもなるし。勉強してないけど。
さて、マコーレ・カルキン主演のコメディ。大富豪の御曹司が、会社乗っ取りを企む悪徳役員とその取り巻きをやっつける、という単純なストーリー。ぶたこ流に言うと「国際線の機内で見るような映画やね(^oo^)」。ま、単純に面白いですけど。

こういう映画は、細かいところにどれだけ凝れるか、が勝負のような気がします。ストーリーが単純で、結末が見えてるだけにね。
それからいうと、よくできてる。お抱えの、ちょっと危なげな科学者。ちょっと間の抜けたこわもてのシークレットサービス。それになんといっても執事!この映画の中で一番光ってる役柄でした。かっこよかったなあ。

会社乗っ取りに一度は成功した悪徳役員が、社長室で見ていたテレビが、ヒッチコックの「北北西に針路を取れ」。なんでこんな映画?と思ってたら、ラストの追っかけあいは、その映画のまったくのパロディでしたね。そういう伏線かあ。

一つ一つのセリフも考えられていて、こういうの、ハリウッドはうまいなあ。日本映画のコメディはこれに比べるとちょっとねえ。

大富豪の御曹司ゆえの孤独も(下町のこどもと、なかなか一緒に遊べない)、ちょっとは描かれていて、「かわいそうにナアー」と思うところもありました。が、カルキン君が主演ではねえ。「ホームアローン」で人気が爆発したけれど、この映画を見るかぎり、そう演技がうまいわけでもなく、美男子でもなく、といって崩れきってもいない。うーん、なんなんでしょ。つまりはコメディに向いていないってことなのかなあ。

いまやハリウッドの問題児。彼の私生活をふと考えると、悲しい映画に思えてきたりします。そんな見方、するなって。

祝!日本代表初勝利!

「日本代表」といっていいのか「全日本」という方がええのか、じつはよく分かってないんですが(^◎^;)。ともかくも、日米野球のことです。
今日が多分、近鉄のユニフォームを着て最後のマウンドやと思われる岩隈がナイスピッチング。打線もつながって、サイ・ヤング賞投手クレメンスから3点をとって、そのまま逃げ切りましたね。

「いまさら日米野球ゆうてもなあ」「ヤンキースからは誰も来てへんし」とか思ってて、今ひとつ盛り上がりが(自分の中で)なかってんけど、やっぱり日本が勝つと嬉しいです。あとは、松坂がいつ投げるか、やな。

今日の放送はTBSでした。実況のアナウンサーは戸崎というひと。最近多いですね。こういう「叫びすぎる人」「調子のええことを言う人」。
古館さんが格闘技の実況をはじめたころから「定番」になってるような気がしますが、格闘技と野球を一緒にしてもらってはいかんわなあ。
なんかねえ、調子にのって「ぐんぐんのびーーーるぅーー!」とか「見事なプレーッ!」とか。たいしたプレーでもないのに、そんなことを言われてもねえ。かえってシラけてしまうやないの。
さらにいかんのは、選手の気持ちを「分かったような話をする」こと。
「こんな時、ピッチャーはつらいんですよねえ!」とかねえ。どこまで理解して話してるのかいな。

こういう「調子でしゃべる人」にかかると、ちょっとした相づちまでも、調子にのって言ってるだけのように思えてしまうので、聞き苦しくなって来ます。「そうですかあ!」っていうのが、相手に対する同意の意味じゃなくて、ただ自分のしゃべりのリズムの為に言ってるだけのような。
一生懸命やろうとしてはるんやろけど、損してはるよなあ。
たまには、静かに、じっくりと、野球を観てみましょう。

デザイン確認(^◎^)

というわけでぇ。自宅のパソコンでブログのデザインを確認。
まあ、なんとかなってるみたいやな(^◎^)。自画自賛しとこ。

exciteのブログも10万を超えたそうで。ほんま、ブログ大はやりやね。わたくしもブログをはじめてから、本家のサイトの更新が滞ってしまって(^◎^;)。どうしたもんですかねぇ。
まあ、「使いやすいものが残る」のが世の常でしょうから、あれこれ考えることもないとは思ってるんですけどね。

デザイン変更(^◎^)

っていっても、たいしたことはできませんが。
#ちょっとした現実逃避行動でもある(^◎^;)。

だいたい複雑なページとかは、元々好きじゃないし。exciteのスキン編集のヘルプでも、凝りすぎたページはあまり訪問されません、て書いてあるしな。

自宅のIEは、バージョンがひとつ古い5.5でして。そうすると表示できないフォントとか、効かない命令文なんかがあるようです。
ブラウザによっても、表示できたりできなかったりというのが今でもあるっていうのが、これだけインターネットが普及してるのに、おかしな話ですね。

まあ、細かいことを言い出したらきりがないし、その時の気分でデザインを変えたいときだってありますしね。
というわけで、とりあえず今の気分で。

【ぼんくら】宮部みゆき

前に読んだ「クロス・ファイアー」は、SFやったな。ただのSFじゃなくて、超能力を持った者の悲しみとか苦しみとか、そういうことがよく書けていて面白かった。
で、これは時代劇推理小説です。
正直言うと、時代小説って苦手です。それも推理小説となると、たいがいの舞台は江戸で、まあ岡っ引きとか同心とかがちゃんと機能していた町は江戸ぐらいしかなかったからかもしれませんが、地名とかが出てくるとどうも分からないことが多くなってしまいまして。
それにもまして、長屋の人情話とか、江戸っ子気質みたいなものが出てきてしまうような気がして、どうも読む気が起きないんですね。まあ、テレビの時代劇の影響が大きいとは思いますが。

最初、時代小説とは知らずに手にとってしまったわけで(^◎^;)。苦手やなあ、と思いつつ読んでみると、これが滅法面白い。
はじめのうちは、推理小説風の人情話かと思いきや、話がすすむにしたがって、その方向がどんどん複雑になってきて、「ああ、はじめのあの話は、こういうことやったんか!」と言うことになる。その構成の見事さ。いやはや、参りました。

ちょっとした情景描写にも、感性溢れるものがありまして、読んでいてさわやかな気分になってしまいましたわ。決してさわやかな話でもないねんけど。

登場人物も、どれも味わいがあってよろしいです。特に主人公の平四郎。見回り同心なんですが、本来ならこういう人が推理力と実行力を発揮して事件の謎を解いていく・・・となるんでしょうが、この人、まったくのものぐさで、まわりにいる取り巻きに助けられつつ(後押しされつつ?)事件を解決していくんですな。しかも、解決していく過程をまったく楽しんでいないのが面白いです。こういう主人公は、推理小説には珍しい。でも共感をもって読んでしまいましたわ。

白菜

野菜、相変わらず高値が続いてますね。特にキャベツ、白菜なんかの「葉っぱもの」。ちょっと落ち着いてきた、といってもまだひと玉580円とか、4分の1切れで148円とか。えらい細かいな。

もう先週の話になるんですけど、毎日放送の「あん!」で韓国の野菜卸売市場の取材をしていまして。トラックいっぱいに積まれた白菜が(それも何台も)10分足らずで競り落とされていくのを映していました。
韓国では台風の被害もなく、白菜が豊作やったそうで。うらやましい話です。
しかも、最近は若い人があまりキムチを食べなくなった影響で、白菜はこのところ安値が続いているそうです。

だったらわしにクレ(^◎^;)

日本に輸出したら儲かるでしょうにね。

最近、スーパーのチラシを見てると、「鍋の季節!」とかいって、イメージ写真が載ってるねんけど、「白菜はないやろ!」とツッこんでしまいますな。

フィギュアスケート

NHK杯の中継をやってましたね。女子シングルは、日本人選手が1,2位。いやあ、レベルが高くなったんですなあ。
1位の荒川は、自分でも言ってたけどSPの出来がよくて救われた感じですね。フリーは思い切りがなかったなあ。逆に2位になった安藤の方がのびのびしていて。昔の採点方法やったら逆転で1位やったでしょうね。

その採点方法についても、細かく説明してくれていて、さすがNHK。24時間テレビは「???」なところもあったけど。

採点方法が変わって、今まで以上に芸術性というか、細かい点が採点されるようになったようですね。わたくしはフィギュアスケートは、どうも「スポーツ」というより「芸術」とみてしまうので、新しい採点の仕方はしっくりきてて、いいなあと思います。
ただ、選手はたいへんでしょうなあ。ただジャンプがうまいとか、スピンがうまいとか、そういうことだけではすめへんようになったみたいやからね。でもおかげで「ちからまかせ」の演技とかが減りそうで嬉しいけど。

男子シングルで1位になったウィアー君。うううーーん!何て素敵なんだ!その趣味のないわたくしでも(^◎^;)、ぐぐっと来てしまったぞい!
演技終りにウィンクするなんて!何を考えておるのだ!かっこよすぎじゃ!

試しに・・・

ブログのページの体裁(スキン)をいろいろいじってみました。
本文の文字の大きさとかが、ブラウザによってまちまちになってたりしたので。
ちょっとだけ、思いどおりになって、ちょっとだけ嬉しいです(^◎^)。
読みやすくなってたら嬉しいな。

#スタイルシートの勉強になりましたわ。

アメリカ大統領選挙

日本時間の昨日の深夜、ケリー候補が敗北宣言をしましたね。これでブッシュ大統領の再選が決定ということですか。
北朝鮮問題とか(拉致問題ですけど)では、ブッシュの方が日本の主張に近い政策なので、安心という見方もあるようです。
でもなあ・・・。ブッシュはどうも喧嘩っぱやそうで怖いんですけどね。なにより「自分が世界の中心」と思ってて、自分の「正義」を世界に浸透させるべきとさえ思ってるところが見えてね。ちょっと怖いです。

ばたばたとした一日で・・・

アメリカの大統領選挙。結局、今日のところは結論がでないということらしいですね。オハイオ州の選挙結果がはっきりしないんですと。いやはや。
ブッシュ大統領の方が優勢らしいですが。
これからも「強気のアメリカ」が続くんでしょうか。なんだかなあ。


プロ野球の新規参入球団は楽天に決まりましたね。これもなんだか「ばたばた」と決まったような気がしてなりませんな。もともと参入したくてたまらなかった、というより、合併、1リーグ化、という方向の中で、ふってわいたような話やからなあ。

これからどうなっていくんやろうか。プロ野球。いや、アマチュアも含めて。


お風呂2日目(^◎^)。いやあ、温度を設定して、湯量を設定して、あとはアラームを待つだけ。なんて簡単なんでしょ。
食器洗いも気持ちいい。なんか、快適生活やわあ。


野菜。相変わらず高値ですね。とはいえ、一時期に比べると安定してきたようですが。それにしてもキャベツ1玉が398円とは。お好み焼きやさん、大丈夫でしょうか。がんばれ風月。

消費者は、高ければ買わなければそれで済むんですけどね。だからちょっと気楽に構えてるところもあるなあ。
でも、ほんまはこれくらいの値段の上がり下がりはあって当たり前なのかもしれませんね。今までわたしらは、「いつでも安い」「いつでも買える」と思いすぎていたのかも。
自然を相手にしてるってことを忘れてましたな。自然は、人間より強いのだ。

湯沸器がやってきた(^◎^)

ひゃっほお~っ!(^◎^)
ついに湯沸器が取り付けられました。ちょっとした出費やったけど、これから冬に向かっていくことを考えると、まあ必要な出費ということで納得できますな。

さっそくお風呂にお湯をはって入りました。ぶたこに使い方を教えてもらって。使い方っていっても、お湯の温度を設定して、お湯はりの量を設定して、あとは栓をひねるだけなんですけどね。でも「お湯はりの量を設定する」っていうのが、まあ今までなかったことやからびっくりなんですけど。
つまり、出すお湯の量を決めておいたら、その量のお湯がでた時点でアラームで知らせてくれるわけですわ。知らせてくれて、それで終わりやねんけど(^◎^;)。自分で栓を閉めにいかなあかんねんけどね。まあお湯の入れすぎがなくてええわな。

久しぶりに自宅のお風呂に入りました。いやあ、気持ちええなあ。お風呂やさんのお風呂も、きれいであったかくってええねんけど、やっぱり自宅でお風呂にはいるっていうのはリラックスの度合いが違うような気がします。お風呂からあがったら、あとはだらだらしててもええねんもんね。

あと、台所で洗い物をしてんけど、蛇口から出てくるお湯の量が今までと段違いですわ。なんとなくすすぎが楽なような気がする。実際、すすぐ力が強いんでしょうね。
なんとなく、いままでより「ええ暮らし」が出来るような気がして嬉しいです(^◎^)。

| ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。