スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神8-7中日


いやもう(^◎^;)心臓に悪いであるよ(^◎^;)
ハラハラドキドキが最後の最後まで。昨日のことがあるからね。「あと一球」でも安心でけへん(^◎^;)

福原-川上の投げ合い・・・・になるとみんな思ってたでしょう。
ところがねえ。福原が調子悪くって。3回までで5失点。5-1であるよ。あらあ。
またまた、このまま行くんかイナ。せっかく先制したのに。

そしたら3回の裏。シーツのツーラン\(^◎^)/
これで2点差。よしっ。
さらに4回には代打桧山の、あともう少しでホームランというタイムリー2塁打で1点差。よしっ。

しかし(^◎^;)
5回の表。ダーウィンが・・・(^◎^;)。ツーアウトをとりながらフォアボールとヒットで1点取られてしまったよお(;◎;)
しかもチャンスにウッズ(;◎;)。大量失点の予感・・・は、めでたくハズレた(^◎^;)ほっ

6回裏には、ノーアウト1,3塁のちゃんす!
しかし、矢野はダブルプレーに倒れる。1点は返したけど。ううむ。なかなか追いつけない。


そしてそして。8回の裏。
フォアボールの金本を1塁において、浜中が逆転のツーラン\(^◎^)/
勢いに乗って、続く鳥谷もホームラン\(^◎^)/

9回表は球児登場。
しかし、ちょっと調子悪そう。三振がとられへん。
ああああああ、1点取られた(-◎-;)。あと一球っていうところで。

そしてバッターはウッズ。ううむ。どうなるどうなるの?
ここでなんと、岡田監督がマウンドへ。
もちろん交代じゃあありません。気合いを入れにいったのか。

そしてそしてそして(^◎^)
ウッズを三振!(^◎^)\(^◎^)/


ふりかえれば、この3連戦で2勝1分け(^◎^)
まだまだあきらめたらあかんねえ。うん(^◎^)

スポンサーサイト

阪神3-3中日


ええ試合やった。間違いなく。でもしんどかった(^◎^;)

序盤に2点リードされて。さすがに中日相手に連勝はでけへんのかなあ・・・と思ってたら、6回、7回と1点ずつ入れて(7回の関本のヒットは、まさに執念を見せたね)
8回からは藤川の投入。8回表を0点に抑えたら。
その裏。金本のスリーベースに、矢野のタイムリー\(^◎^)/
なんかこないだの、涙の巨人戦と同じ展開やないですか(^◎^)

こうなるともう、勝ちを確信したであるよ。
9回表もツーアウトランナーなし。代打井上にツーストライク。
「あと一球!」コールが沸き上がる(^◎^)

んが(^◎^;)。なんと井上に同点ホームランを浴びてしまったよ(-◎-;)。
試合は振り出しに。

その後、両チームとも無得点で、結局引き分け。あああああ。
ま、藤川が打たれたら仕方ないか。一球の怖さが出たね。

中日には大きな引き分け。阪神には痛い引き分け、かな。勝ててたゲームやからね。
ただ、逃げにはいってつけ込まれたわけではなく、ミスで失点したわけでもないから、まあ両チームとも持ち味を最後まで発揮して、結果、こういうことになったってことやね。

見ごたえはありました。でも疲れたぁ~(^◎^;)
最後まで放送してくれた、サンテレビさん、ありがとう(^◎^)(_◎_)

コーヒー店

喫茶店、とは言わないなあ。コーヒーを専門に出す(ちょっとサンドイッチもある)、安い店。ドトールがはしりか。今、どこにでもある。
今日、ぶたこと待ち合わせをしたのは「ヴェローチェ」というコーヒー店。
コーヒー一杯160円也。安い。広い。こんなんで経営していけるのか。いけるから店舗が広がっているんだろうけど。

順番

コンビニで。レジがふたつある。とすると、一列に並んで、空いた方のレジから詰めていく、というのがいいと思うねんけど。
そして、普段はそうしてるんだけど。会社の近くのコンビニ。

今朝。
並んでたら、一方のレジの前に、つまり並んでるわたくしを追い越して前に行く人が。はじめにひとり。若い女の子。まあ若いからなあ。続いて、どうみても初老の、会社の役職でいうと課長クラスには見える(暑いのに背広を着てたしな)おじさんが。

これはきっと、今まで「人より一歩でも半歩でも前にでること」が出世することやと思い続けて、今に至ってるんやろなあ、と、やや同情的に見ていたのだった。

阪神9-2中日


今日は帰ったのが遅くってさ。テレビ(試合終了まで放送するサンテレビ)をつけたら、ちょうど今日のハイライトを放送中。
ああ、また中日の得点シーンかなあ・・・と思ってみてたら、阪神の得点シーン\(^◎^)/
それも、つづくつづく(^◎^)
えええーーーっっっ!6連打!\(^◎^)/仕上げは矢野のホームラン!

おとといの藤川の涙の訴えが、打線に火をつけたのか(^◎^;)。
そして天にまで届いたのか(^◎^;) 8回降雨コールド\(^◎^)/

井川、完投で11勝目!
いやあ、まだまだ分かりませんなあ!

これで楽しみがまだまだ続きそうな予感がしたであるよ。
もっとはよ帰ってきたらよかった(^◎^;)。ごめんね、タイガースの選手たち(_◎_)

YouTubeにハマる(^◎^;)


YouTubeをぶたこに教えてもらった。いろんな人がいろんな画像を上げている。ひょっとして、昔のロックコンサートも?

試しにキング・クリムゾンで検索したら、いっぱい出てきた。しかもあの、ジェミー・ミューアがパーカッションを叩いている映像が出てきてびっくり。動いているミューアを初めて見たであるよ。

それから、ジェネシスを検索したら、案の定、ピーターガブリエル在籍時のライブ映像が。ウォッチャー・オブ・スカイやミュージカルボックスとかを歌ってる。

それからそれから、イエスも、ELPも、ソフト・マシーンも(ロバート・ワイアットがドラムスを叩いてる)。それからそれから・・・で、きりがない。

というわけで、すっかりYouTubeにハマっているのである。一度聞いてみたかった(滅多にラジオとかでは取り上げられない)ジェスロ・タルやフランク・ザッパ、テンペストなんかの映像(映像ですぞ!)もアップされていて、とても楽しい。いい時代になったもんだ。

人が多くて

心斎橋のハンズの帰り。人が多くて、その間をぬって帰ったら、疲れてしまった。食欲もあまりわかないけれど、家の近所のスーパーで弁当を買って帰る。
どうも心斎橋で、ひとりで食事、という気分にはならないなあ。

ハンズメッセ

東急ハンズが年に1回やっているセール。
毎年の目的は無添加石鹸。通常150円の石鹸が100円になる。1年分をまとめ買い。15個買っても1500円。
僕はこれで、全身を洗っている。頭も石鹸で洗う。香料も入っていないが、自然ないいにおいがすると思う。

くたびれた(-◎-;)


なんだかくたびれた。今日は一日。いつものように二駅ウォーキングをしたんだけど、今日は途中に東急ハンズに寄って(ハンズメッセ:セールをやっているのだ)無添加石鹸を15個買いこんだ。1年分だ。いや、もっとか。まあ余裕を持ってね。1個100円やったからね。通常安売りでも150円やから、これはお買い得。

せっかく寄ったからちょっと店の中を見てまわって。でもなんか購買意欲がほとんどわかず。そんなんで見てまわってもあんまり面白くない。人も多いし。というわけで早々に帰宅。

心斎橋筋商店街を南へ。ソニータワーが跡形もなくなっていてびっくりしたね。あとには何が建つんでしょう。商店街のアーケードにイルミネーションが光っていて。まるで天上に川が流れているようであったよ。やるなあ。ぜひとも商店街の端っこから見てください。迫力あるよ。商店街の中で見るより。

商店街の中は人込み。これでさらに疲れてしまったのかな。

さらにさらに。さっき本のページを更新して、ぱちぱち打ってたらだんだんくたびれてきた。というわけで本のページをお楽しみください。ああしんど。


もう8月も終わってしまうなあ


だからどうだってことはないねんけど。夏休みの宿題のつもりで「30日でできるOS自作入門」は、最初の3日ぐらいで挫折してしまったしなあ。面白そうやってんけど、ほかのことにかまけていてはでけへんなあ。やっぱり夏休みの宿題のつもりで取り組まないと。それくらいの意気がないとOSの自作なんかはでけへんかも。

あきらめて他の本を。「ガウディの伝言」を書いた外尾悦郎さんは、日本人としてはじめて(今でもひとり?)サグラダ・ファミリアの彫刻を担当した。それが28年も前のことだと。その人が書くガウディの話だから、面白くて面白くて。

サグラダ・ファミリアにまつわる話、ガウディの他の建築にまつわる話。それぞれどれも面白い。サグラダ・ファミリアに隠された秘密のメッセージ。別に秘密でもないねんけど、いろんな仕掛けというか、隠された意味をいろいろひもといていってくれて。それだけでも面白いのに、なぜこれだけの時間がかかっているのかとか、今の状態はどうなのかとか、出来上がりはどうなるのかとか、そんな話もさらに面白く。加えてガウディのそのほかの建築にも触れていて、一級のガウディ解説書にもなっているところがいい。

建築に必要だった模型や図面が内戦でほとんど破壊されてしまったとか、今は建築のスピードが大幅にアップしているが、それはガウディ研究が進んだこともあるけれど、石積みじゃなくてコンクリートを使うようになったからだとか、知らない話が多くてね。楽しめたね。そうかあ。だからなんか、最近の写真は白っぽい建物が、すごい勢いで建っていってるように思ってたのが、納得がいったよ。

それと。外尾さんと同様、僕も「受難の門」はガウディの最初の構想どおりの方がよかったと思うなあ。





E・L・カニグズバーグの本を読むのは初めて。「スカイラー通り19番地」という題名は、マイヤーズの「ニューヨーク145番通り」を思い起こさせて。ひょっとして(同じヤングアダルト小説やし)同じような下町の話かなあと思ったら、ちょっと違っていた。

マーガレットは夏休みのキャンプになじめず、おじさん兄弟が住んでいる家に帰ってくる。両親はペルーに発掘調査に行っているのだ。おじさんの家の庭には、おじさん兄弟が作った立派な塔が3本建っている。

はじめにキャンプの話がながながと続くので、これはキャンプでの騒動を書いたものかなあと思っていたら、主人公はおじさんの家に帰ってしまって。それでキャンプで仲違い(ほとんどいじめられていた)ルームメイトとどうにかなるのかなあ・・・・と思ったら、話は途中から塔の保存運動(行動?)になっていくという展開に。

おじさん兄弟のやりとりやら、わざと頭が足りないように振る舞っているキャンプの用務員ジャックやら、魅力的な登場人物が出てくる。常識とか体制とかに反抗する態度はちょっと気に入ったな。

でもお話が。さっき書いたように、最初の印象と途中からの話の運びで、主人公の女の子の印象がちょっと変わってくるのだな。惜しいなあ。最後の方はとんとん拍子って感じで、拍子抜けともいえるし。まあ読んでるあいだは「それでどうなるの?」と読み進めてしまいましたがね。





「いいかげんに片づけて美しく暮らす」は題名にひかれてしまったのだな。それにしても読む本がバラバラやな。あ、「建物」「インテリア」つながりか。無理矢理つなげると。

本屋のインテリアコーナーに行くと、「上手に収納」とか「すっきりと暮らす」とかいう本が並んでいる。どの本も中身を見ると、すっきりと片づいた部屋が映っている。それを見る度に「うそやろお」と心の中で思ってしまうのだ。

どんな家だって、住んでいるうちに汚れてくるし散らかってくるものなんじゃないか。それを「きれいに暮らす」っていうのはどうなんだろう。なにもかもが棚の中の扉の後ろに片づけられてしまったら、次に取り出すときに困るんじゃないか。どこに置いたか忘れてしまったら、いちいち扉を開けて確認しないといけないし。

で、この本。古い一軒家をリフォームして住んではるんだけど、そのリフォームの仕方が家に寄り添ったかたちなのがいい。無理をして片づけようとしていないところがいい。きれいでなくても、それを楽しむ余裕。そういうのが必要なんじゃないかと思うなあ。そして人間は誰でも、そういう余裕は持てるものだとも思うんだが。





もうだいぶくたびれてきた。今日読んだ最後の本。「転がる猫に苔は生えない」は、題名からして、あのとってもつまらなかった「チーズはどこに行った」と同じような本かなあ、と思ったけど、ちょっと中身を読むとそんなことはなさそうだったので、安心して借りたのだ。

都会に住む50人(匹(^◎^;))の猫に、ひとりずつ(一匹ずつ)インタビューをしてみました。という内容。このアイデアがいけてるなあ。

でもなあ。内容はというと、ちょっと物足りない。なんというか、全体に中途半端なのだね。猫の独白なんだけど、猫っぽくない。といって、人間っぽくもない。毒も少ないし笑いも少ない。50人分読んでも、どうもバラエティに富んでいるともいえんしなあ。アイデアはよかったけど。企画倒れということか。イラストも。ううむ。こういうのがニュージャージーでは受けるのかなあ。


「できない」マニュアル

パソコンのマニュアルは、どれも「あれもできる」「これもできる」というものばっかりだ。
そして、いざ使ってみて「こんなことがしたいけど・・・」と思っても、なかなか思うようにはいかない。
できないことも、どっかに書いておいてくれないかなあ。

とくにMS社のソフトのオンラインマニュアルは、分かりにくくて使えない。
結局、ウェブで操作方法を検索した方が速かったりする。

虫が居るに違いない。ベッドとかに。
毎朝噛まれているので、慣れっこになってしまったけれど。

読んだ

いいかげんに片づけて美しく暮らす:集英社be文庫

アクセス解析を見てみたら

自分しか見てないことが分かった(^◎^;)
ははは。
コメントなんかひとつもついてないし。
いや、欲しいわけじゃないです、コメント。ないほうがめんどくさくなくていいと思ってるくらいやし。

1週間ぶり


しばらく更新もしてなかったな。別になにもしていなかったわけじゃなく。といって何かがあって更新できなかったわけでもなく。つまりは更新するのが面倒だっただけなんだけど。

何かあったかと言えば、そうそう、パスポートが切れていたので申請に出かけた。パスポートセンターでの手続きはどおってことはなく、あっという間に済んだんだけど、思いもかけず時間がかかったのが、パスポートセンターに行く前に取りに行った戸籍抄本。

ワザワザ遠くの区役所に取りに行かなくても、市政サービスセンターで取れるのだね。まあそれはありがたいんだけど、ちょっと時間がかかるのだな。今回、一番時間がかかったのは、結局戸籍抄本だったかも。

あ。そういえばパスポート用の写真を撮るのもね。新しくなった(今年の3月から)規定では、顔の大きさ、余白の大きさなどを細かく規定していて。ちょっと値が張るけど写真屋さんで撮ってもらったのだ。自分でデジカメとかで撮ったものを持っていってもいいと、ウェブで確かめたパスポートの(外務省の)HPには書いてあるのだけれど、同じところに注意書きとして、あれはダメこれはダメと細かく書いてあるので、こらあもういっそ、写真屋さんでちゃんと撮ってもらう方が、割高でもいいわいと思ったのだな。

さらに、パスポートの受け取りには収入印紙16000円分がかかるのだな。でも、日本のパスポートは世界の中でも信用度が高くて、これさえ持っていればどこの国に行くにもVIP待遇、とまではいかないまでも、入国審査も楽チンであるらしい。以前テレビで、金美齢さんがおっしゃってた。日本人はラッキーなのだと。そう。ラッキーなのだ。

阪神3-2巨人


やっと勝った!(^◎^)
連敗脱出!←ええ言葉やなあ(^◎^)

杉山-ジャンの投げ合い。といっても、初回の杉山はヒットとフォアボールで2アウト満塁。おいおい(^◎^;)。またまた大量失点の予感・・・ここはなんとか切り抜けたけどさ。
この調子やと、7,8点ぐらい取ったらんと、勝たれへんで・・・と思ったけど、ジャンがすばらしいでき。コントロールもいいし、フィールディングもいい。どうなることやら。

ところが、杉山って相手ピッチャーがいいと、影響を受けるのか、自分のピッチングもよくなってくるんやね。ジャンに引っ張られるように(^◎^;)2回以降はすばらしいピッチングで、投手戦の様相。
6回の表、裏に1点ずつ取って。7回のチャンスにそれぞれピッチャーに代打を送るも、両チームとも無得点。この辺の攻め合いが面白かったなあ。

そしてそして。8回の表。阪神のマウンドには藤川がっ(^◎^)
期待どおり3人で抑える。
するとその裏、連打が出て2得点(^◎^)
まるで藤川のピッチングに後押しされたみたいやったな。

9回の表も藤川。二岡に今季初ホームランを浴びたけど、結局この1失点できりぬけて。ようやくの復活!(^◎^)


テレビ地上波は最後まで放送できず。ヒーローインタビューはラジオで聞くのみ。今日のヒーローは杉山と藤川。
インタビューの途中で藤川が
「みなさんも悔しい思いをしたと思いますけど、選手も悔しい・・・・(絶句)」
ふええええ~~~~~ん(;◎;)わかってるよぉ~、藤川~
球場のファンからは「藤川」コールが沸き起こった。

ああ、なんて感動的な! こんな試合を見に行けたひと、ラッキーでしたね(^◎^)
やっぱり、あきらめずに、応援しよう!

エンタープライズ

京都テレビで放送している。
昨日、ようやく第1シーズンの最後まできた。
以前、関西テレビで放送していたのはここまで。この最終話は「to be continued」となっていて、なんでここで放送打ちきり?!
と思っていただけに、これからが楽しみである。

読んだ本の備忘録
「ガウディの伝言」外尾悦郎(光文社文庫)
「スカイラー通り19番地」E.L.カニグズバーグ(金原瑞人訳・岩波書店)

アルプススタンド

昨日、甲子園の3塁側アルプススタンドで応援してきた。
試合はトホホな内容だったけど。
アルプスは独特な雰囲気があって、面白かったなあ。

試合の大勢が序盤でほぼ決まってしまったので、一緒に行っていた姪っ子夫婦と世間話などで盛り上がっていた。ほとんどスポーツバーの状態かな。

タイガースファンが一番盛り上がったのは、トラッキーが青いハンカチで汗を拭く場面だった(^◎^;)

阪神0-10巨人


どよよよよよおおお~~~ん(-◎-;)
今日は甲子園まで応援に行ってたんだよお~~
なのになのになのになのに

初回はよかったよ。オクスプリングも久しぶりやけど、無難な立ち上がりで。そろそろ勝てるかなと思ったんやけど。
2回に小久保にホームラン。ここからどんどんおかしくなって。3回に3失点、4回に2失点。あああああ。9回にもだめ押しのだめ押しに3点を取られて。合計19安打。もうどうしようもありません。

対する阪神は赤星が2安打したものの。あとは金本、シーツが1安打ずつでは、どうしようもありません。
相手には、内海にまでヒットを打たれるし。なんかなあ。
7回の裏が終わって、ジェット風船も飛ばし終わったら、そそくさと帰る人が多かったであるよ。悲しいぃ~(;◎;)

でも、ここまでコテンパンにやられたら、なにもできませんね。悔しいを通り越してしまいました。
チーム状態がどうとかじゃなくて、弱くなってるんやなあって、思ったな。

それでも2位のままっていうのが不思議。今までの貯金がものをいってるのか。
首位中日が連敗してて、望みをつなぐチャンスの毎日やのに、それを生かしきれへんとは。とほほ。

来年の話で盛り上がりながら、家路についたであるよ(^◎^;)
ま、これからは、別の意味で、毎試合を楽しませてもらいましょう。そう、1試合1試合、ね。

阪神2-5巨人


昨日以上にショック(-◎-;)
シーツのホームランで2点を先制しながら、7回の表。
上原の(!)ヒットを足がかりに(しかもツーアウトから)5連打とフォアボールなんかで、一気に5点を取られ・・・というところからテレビを見だしたのだ。何というタイミング。


ウィリアムス、久保田が打たれては・・・・どうしようもありませんなあ。
なんかなあ。今日は岡田監督の采配が、どうもぽろぽろとこぼれ落ちていってるような印象であったよ。
7回表。ツーアウトから上原に打たれたところで、ピッチャー交代。ううむ。後ひとりでこの回終わりやし。福原は(見てないけど)調子はよかったみたいやから、この回の終わりまで投げさせるか、あるいは思い切ってこの回の頭からウィリアムスか。なんか中途半端。

それと。7回の裏。ランナーを置いて代打桧山。それを見て原監督は、左の林をリリーフに。
そしたら町田が代打の代打かなあ・・・・と思ってたら、桧山がそのまま打席に。ううむ。
結局スライダーに全くタイミングが合わず、三振。ううむ。

どうもやることなすことが裏目に出てるような感じ。
まあでも、負けが続くときはこんな感じかなあ。しばらく忘れてたけど。
この4連敗、ぜんぶ逆転負けというのも、気持ちが落ち込むなあ。
なんかスキッとせえへん。
もうふて寝しよう。そして、今日までのことは忘れて、あした。あしたは応援に行くであるよ。

涼しいのに

昨日の夜も涼しかった。
のに。
寝苦しかったな。というか。夜中に何回も目が覚めて。
その度に時計を見て。
「今2時半か」「まだ3時か」「まだ5時かあ」

昨日よく歩いて、疲れていたのかな。
疲れていたらよく寝られるやろう、普通。

広島3-2阪神


ショック。
広島に3連敗とは。
なんぼロードでも、これは痛い。
結局負け越しですか、今年のロードは。

いや、今さっき帰ってきたところでね。スポーツニュースを見てがっくりしたところ。
久保田。まあ今年はこういう逆転のされ方も多かったけどね。去年もか(^◎^;)
だから、まあ普通の久保田かな(^◎^;)
でもでもでも。やっぱりファンは期待一杯なわけですね。

8回を久保田で、9回を藤川で、ということやったんかなあ。
結局藤川は出番なし。

明日からの巨人戦に期待しましょう。あさって、応援に行くであるよ(^◎^)

データベース

仕事で。エクセルでデータベースを作っているのだが。
限界を感じつつある。
1万件を超えると、管理が大変。

といって。アクセスとかのデータベースソフトは、使いにくそうでねえ。
一度作ったら、そちらの方が楽なんだろうか。
だいたい、もともとインストールもしてないしな。
悩む。悩んでるあいだに、エクセルをこつこつ更新する方がいいような気もする。

広島8-3阪神


どよお~ん
1回の表に2点を先制。しかしその裏すぐさま逆転され。
嶋には2試合連続、2本のホームラン。あああ。


もう、あんまりなにも書きたくない(-◎-;)
先発の下柳、ちょっと調子が悪かったなあ。球が高くて。よく打たれて。まあよく打たれても点を取られへんっていうのがいつもの下柳なんやけど。きょうは打たれて点が入ってしまったね。ホームランは、あきませんなあ。

ダーウィン、調子の波が大きすぎてねえ。ええときはびっくりするくらいええねんけど、あかんときは際限なくアカン。これ、もちょっとなんとかしてもらわんとねえ。
ひょっとして、来年を見越して、経験を積ませているのか。だとしても。できたら2軍で調整っていうのもええと思うねんけどなあ。

打つ方も、調子がいいのか悪いのか。安打数は多いけど、同じように残塁数も多い。とほほ。打っても打っても点にならん。ココ一本!がねえ。あらら、調子の悪いときに逆戻りか。

ま、ロードやしな。ちょっと疲れてるだけであるよ。きっと。
甲子園に戻ったら、また楽しい試合をしてくれるさ。きっと。

昨日雨が降ったせいか

今朝は涼しかったな。冷房なしで十分快眠。
お昼に向かって、また暑くなるのだろうか。

大雨

3時を過ぎた頃だったか。突然の大雨。雷。
パソコンの電源が落ちるかと、不安になったであるよ。

夜のニュースを見てびっくり。豊中市が一番の大雨やったらしい。1時間に100mmですか。

でも夕方にはもうすっかり上がってたね。結局傘は使わずじまいだった。

広島5-4阪神


どうなってるんでしょうなあ、井川くん(-◎-;)
調子がいいんだか悪いんだか。
3回まではパーフェクト。ところが・・・4回、7回に集中打を浴びて5失点。
せっかく序盤で4点もリードしたのにさ。

打線もねえ、4回以降は沈黙。ランナーが出ても淡白な攻め。
9回表、ノーアウトでランナーが出ても、矢野が送りバント失敗。
バントの構えをする矢野を見て、ぶたこが
「矢野はバントが下手やからなあ・・・」
とつぶやいたとおりになったであるよ(^◎^;)

続く藤本。永川がもう投げる体制に入ってるのに「タイム」
しかし審判には認められず、そのままストライク(-◎-;)。追い込まれて、フォークボールに三振。
代打はリンやろう・・・と思ったら、桧山。リンは登録抹消ですて。ううむ。もうすでに来年のことを視野に入れているのか・・・などと勘ぐりたくなる。

桧山はヒットで、ツーアウトながら1,2塁。しかし赤星がゴロに倒れて(だとおもう。この直前にテレビ中継はオシマイ(-◎-;) なんとかならんか、テレビ大阪)

序盤の点の取り方が、ホームラン、ホームランやったから、そこから大味になってしまったのかなあ。点差は1点やねんけど、なぜか「手に汗握る」という展開ではなかったな。なんとなく拍子抜け。なんで?

久保田くんが戻ってきてくれたのはうれしいけどね。球も走ってたみたいやし(ヒット打たれたけど)。投げ終わったあと、ほっとした表情をシテたな。こっちもホッとしましたよ。

やはり忘れっぽくなってる?


今朝はちょっと早く家を出たのだ。ぶたこと一緒に。で、家のドアを出て、前の道を右・左と見たところで「あっ!」

今日がゴミの日だってことを忘れていた。なんということ。このわしとしたことが。毎週の決まりきった決まりを忘れるとは。これが2週間に1回とか1ヶ月に1回とかやったらまだ納得できるのに。

大慌てで家の中のゴミをかき集めて(多くは台所のゴミなのだが)事なきを得た。


意外、じゃないんだけど


谷川俊太郎さんが、どうやって詩を書くか、どうやって詩を作るかっていうのは、何度かテレビなんかでしゃべっているのを聞いていて知ってた。だから「詩を書く ~なぜ私は詩をつくるか~」で、「なぜ私は詩をつくるか」と言われても、まあ、思ったとおりのことしか書いてないんじゃないかとも思ったんだけど。

予想したとおりのことが半分。そうじゃないのも半分だったかな。詩は思い浮かぶんじゃなくて、机の前に座って考える。そして書く。そうやって詩を作る。

なんというか。芸術家というよりほとんど職人の仕事のようだ。そして出来上がった詩は、職人の技が生きている、どこから見ても見事な造り。それでいてだれにも真似が出来ないような独創性もある。そんなえらそうな言い様もないけどね。





途中までしか読めなくて図書館に返却したんだけど、トルストイの「戦争と平和」の新訳が岩波文庫から出てるんですね。これ、なかなか面白い。新訳ってことで表現も分かりやすい。少なくとも、過去に2回、この小説に挫折している(^◎^;)身としては。途中にコラムとかも挟んであってね。時代背景や当時の風俗などもよく分かって「なるほど、こういうことやったんか!」と、ようやく納得できたこともあった。

それと、この「戦争と平和」という題名から、そして「ロシア文学の最高峰」という評価から、真面目な大河小説と思って、以前は構えて読んでたなあってことを思い知ったな。今あらためて読むと、これって大衆小説なのですよ。それもちょっと皮肉っぽい、ちょっと諧謔的な。だから読み方としては、大小説を読むつもりじゃなくて、昔の講談本(里見八犬伝とか大菩薩峠とか。古っ)を読むつもりで楽しむのが正解なのかな、と言う気がした。

ま、僕が読んだのは本のさわりの部分。まだ「戦争」に行き着いてないからね。

| ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。