スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の出来事 & 晩ご飯

今日の晩ご飯です。

080629_晩ご飯


もやし炒め。もやしを買ってきて、即使いきり。太もやしはワンパック29円也。これで挽き肉も終了。
ご飯を炊きながらのもやし炒め作り。ご飯の出来上がる時間を見越して、料理を始めたのだが、さっさとおかずだけできてしまったのだった。
「おかあさ~ん、おなかすいたよ~」
「あらま、おかずだけ先にできちゃったわ。仕方ないから、ご飯なしで食べてなさい」
というわけで、ご飯がまだできてない写真になりました。こういう料理は、あっという間にできてしまうのだね。炒めすぎてもよくないしね。


さて。今日は雨が降ったり止んだり。そして夕方からは雷を伴って強く降るでしょう。ということは、出かける用事は午前中に済ませなさいということだと解釈していたのだが。午前中。トースト食って新聞読んで、としているうちに時間がどんどんなくなっていったよ。まあ、テレビも見ずに、用事を先に済ませればいいのだけれどね。そこが、人間心理の微妙なところ。やりたいことからやってしまうのだ。やらなければならないことを先に済ます、ということができる人は偉いと思う。
それでも、ちょっとの時間を見て(ほんまに、午前中は雨が降ったり止んだりだったので)、ネコの砂を買いに自転車に乗ってコーナンまでひとっ走り。帰ってくるまで雨よ降るな、降るな、絶対降るな、と祈りつつ。祈りが天に通じたのか、雨には会わずほっと一息。

午後。今日のデーゲームは午後1時から。テレビが1時から中継して、3時まで。なんで2時間だけ? と思ったら、競馬があるかららしい。野球より競馬かい。まあそうなんかなあ。で、テレビがないときの頼みの綱のラジオは、中継の始まりが2時10分。これもどうやら競馬がらみらしい。しかも。3時40分からは宝塚記念とかなんとか(競馬、詳しくないのです)で、野球中継も中断。えっと、どうやらその間にウィリアムスがヒットを打たれてピンチになって、犠牲フライで勝ち越し点を取られるという、まことに聞きごたえのあるというか、聞き逃したくない場面だったのだが。なんか、二重にがっくりであった。

で、野球中継が終わって。4時半ごろですかな。外はいよいよ本降りに・‥・なってない。まったく降ってない。ひょっとしたら、降らない? ともかく、しばらくは降らないかも。ということで、急遽買い物に。なんてったって、お米がもうすぐなくなりかけだし、おかずになるものがあんまりない。魚とか、卵とか、そういうのを買ってこないと。というわけで、自転車で買い物へ。スーパーでお米(無洗米)、卵、さんまの開き、などなどを買ってくる。雨には会わなかった。よかったよかった。ついてるのかなあ。

で、夜はフィギュア・スケートを見逃したのだったな。ついてるかついてないか、分からん。まあ、人生なんてそんなものさ(^◎^)
スポンサーサイト

しまった! 見逃した!(-◎-;)

夜。しばらくテレビを消してブログを書いたりパソコンの設定とかしていて、一息ついてテレビをつけたら、フィギュアスケートをやってるでないの! しかも、織田くんがすべり終わって、マイクで何か挨拶してる(^◎^;)。きっと「今までご迷惑とご心配をおかけしました」とかなんとか言うてんやろなあ、で、頭を下げてるところからしか見られへんかった。ああ! しまったなあ。
で、そこからやっと見たけど。まあ、シーズンの始め、これが多分最初のアイスショーでしょう。だからあんまり期待をしてはいけません。と思いつつ見てました。ちょっと前に、フジの何かの番組で(すぽるとやったか)、安藤美姫の復活とか言うことをやっていて、それがこのアイスショーからと言っていたので、ぜひとも見たいと思っていたのだ。で、忘れてたから(^◎^;)どうしようもないね。

でも、安藤は後半だったのでばっちり見れましたよ。もう、出てきたときからびっくりやがな。なにがって(こんなん書いたら失礼やけど)、めっちゃスリムになってる(^◎^;)。足が細い! 今までも、ちょっとやせたかな、と思う時はあったけど、こんなに全体にスリムになってるのは初めて見たかも。実況アナの話では、前回の世界選手権の棄権以来、ベストに比べて7キロほどやせてしまったのだとか。でも、今日見る限りでは、バランスはよいようであったよ。ふとももとか、ものすごすっきりしてて。スケートもスムーズに滑ってるみたいやったから、ひと安心。きっと、このシーズンは乗り切ってくれるでしょう。期待してます。大きな賞はなくてもね。

ビックリしたのはもう一つ。高橋大輔くん。コーチが変わってどうなるのかなあという心配もあったし、去年のショートが素晴らしかったら、今年はどうするの? というのもあって、興味があったのです。
で、なにに驚いたかというと、その滑りの完成度ですがな。シーズンの開幕やから、大体の選手は(浅田真央だって)、ジャンプとかステップとかスピンとかはまだまだ完成されてなくて、ちょっとふらふらしてたり、ジャンプも傾いてたりするもんなんやけど(その辺は納得して見るつもりで見ている)、高橋くん、ジャンプの軸は全然ブレてないし、ステップもしっかり音楽に合ってるし。その音楽がまた、去年の「スワン・レイク」をさらにハードにしたような曲。もうすっかり、自分のものになってる感じでした。これが今年のショート・プログラムなんですと。もうほとんど出来上がっとるがな。あと、もうちょっと難しいスピンを何回か入れるか、ステップを修正するかしたら・・・・いや、今のままでもひょっとしたら表彰台、というぐらいには仕上がっていましたな。
今の時期に、ここまで仕上がっててどうなるの? と心配したくなるくらい。ほんま、すごいわ、高橋くん。

ああ、それにしても。織田くんの演技を見逃したのが。返す返すも残念な。ちゃんとテレビの番組をチェックして、録画予約でもしておいたらよかった。

最近読んだ本

どうもね。最近読んだ本は、ちょっとハズレが多い。

【カッティング・ルーム】ルイーズ・ウェルシュ(大槻寿美枝訳・ハヤカワ・ミステリ)
ゲイの競売人リルケが頼まれた、富豪の遺産の処分。故人の老いた姉は、屋根裏のコレクションはすべて廃棄してほしいと頼む。リルケが入ったその部屋には、大量のポルノ本。そしてそのなかに、何枚かの写真を見つける。そこに写っていたのは、依頼人の弟、つまり故人その人と、今まさに首を掻き切られた女性。これはトリックか。リルケはなにかに取り憑かれたように真相を探る。
「英国推理作家協会賞最優秀新人賞受賞作」なのだそうだ。へえ。こんなんが。と言うたら失礼やけど。
「ゲイの競売人」という設定が、まあ現代的ではあるけれど。途中になかなか生々しい場面もあるけれど。それが印象に残ってしまうようでは、「推理小説」という範疇では失敗なのではないかと思うのです。だって、トリックというか(そんなものはあんまりない)そういう「推理小説としての楽しみ」があんまりないのだな。ま、そもそもの設定が、殺人事件とかがあったのかどうかも分からないわけで、そのあたりからもう、推理小説として読むのは間違いなのかもしれないなあ。この犯罪の(あったのかどうか)雰囲気、暗い世界の雰囲気(ポルノ書店やドラッグの密売人など、目白押しだ)を楽しむ小説なのかも。で、それが最優秀に選ばれる英国推理作家協会というのは、どんなんなんだろうという、そっちの興味がわいてしまうのでありました。

【道】ルイス・サッカー(幸田淳子訳・講談社)
「穴」はおもしろかったな。この作家の。少年更生施設(というのは、実は表向)での穴掘りに従事する少年達の物語。そして脱出劇。穴を掘らしている所長の秘密。少年同士の不思議なつながり。
で、これはその「サブ・ストーリー」。収容所施設での生き方や考えかたや暮らし方を、少年の一人であった(「穴」にも出てくる)スタンリーが回想する。
「穴」を読んでなくても楽しめる、とあるけれど、やっぱり「穴」は読んでないとね。楽しみが10分の1ぐらいになるんじゃないかな。続く「歩く」も、おもしろそうなので、また読もうと思っている。

【青年のための読書クラブ】桜庭一樹(新潮社)
聖マリアナ学園にある「読書クラブ」の部員が、代々書いてきた「裏聖マリアナ学園事件簿」という体裁をとっている。「代々」というのはおかしいか。時々起こる謎の事件について、「読書クラブ」のメンバーだけが、その真相を知っていて、それを書きとめておく、その書きとめてたもの。100年に渡る聖マリアナ学園の、年代記のようなものになっている。過去から未来までの。
昨年の直木賞受賞作家の作品だから、どんなんを書くのかなと思って読んでみたんですけど。初めの印象は、「こんなんでいいんですかぁ・・・・」
表現があまりにもしょうもない。文章の書き方も、どうも中高生が、携帯で話しそうな感じ。つまりは、小説として読んでいると、なんだかへなへなっとなってしまうのだ。内容がそれに応じて「へなへな」ならバランスもいいんだろうけど、本編はちょっとどろどろした部分もあったりして、あるいはちょっとSFっぽかったり、伝奇物ぽかったりするのに、文章は「へなへな」なので、子供の話を聞いてるような気になってきてしまうのだ。たとえや修飾語も、とってつけたようなものばっかりで。どうしましょう。
話の展開はとても早い。で、紆余曲折もいっぱい。謎も含む。まるで連続もののドラマを見ているよう。ああ、ドラマっぽく書いたらこうなりました、なのか。時々どきっとする、女の子同士のあれやこれやがあったり、それについての考察があったり(その考察もどこかで見たような聞いたようなものの丸写しで、新鮮さもない)するのも、ドラマっぽい。
最後まで読むのはどうかと思ったけど、ともかく最後まで読んで、でもやっぱり納得はできなかった。ああ、これは、作家桜庭一樹が書いているのではなく、この読書クラブの、女子高生が書いているのだ、と思って読めば・・・・・それでも限界はあるな。
学園物といえば、恩田陸のいくつかを思い浮かべる。それに比べると・・・・・比べたくもないぐらい。この作品だけ、なのかなあ。ちょっと心配。桜庭一樹が、じゃなく、直木賞が。

ヤクルト2-7阪神(6月28日)、ヤクルト9-4阪神(6月29日)

2日分一挙にどうぞ。
というか・・
やっぱり毎日書いておくべきやなあ。きのうの喜びよりも、今日のがっくりの方がショックが大きい。昨日、どんな試合やったか、思い出されへんぐらい。

昨日は、先制して、追加点もあって、ダメ押しも、という理想的な展開やったんやんなあ。鳥谷が好調でよかった。調子を取り戻して、後半戦に生かしてほしい。
それから、どうやら岡田監督はリンを5番に定着させるつもりらしい、というのも分かったな。昨日は左投手の石川が先発と読んでいたにもかかわらず、リンを先発出場させましたからね。これからずっと使っていって、育てていくということか。左バッターが続くのが、ちょっと気になるけどね。

まあ、気持ちのいい試合やったわけやけど。
今日は一転。どうもよくありませんでしたね。まあ、負けることはあるから、いつも勝つ分けやないから、そこはええねんけど、どうも負けかたがよろしくなかったですね。
最初の失点はエラーがらみ。関本がなあ。まあ地方球場で、グラウンドの具合もちょっと悪かったみたいやけどね。言い訳にはならんわな。藤本と鳥谷が衝突したのも、どうしたんでしょう。コンビネーションが悪かったか。
守りでミスしても、取り返したるわい、とばかりに、失点したすぐあとに逆転はしたけれど。
その後も、再三のチャンスであと一本が出ず。ノーアウトのランナーをなかなか返せない。二塁、三塁にいるランナーを返せない。ううむ。リードしているけれどいやな展開。
と思ったら、6回裏にピンチ! ここで得意の継投。上園から江草、渡辺と。ここで抑えたら、あと7、8、9はJFKという計算があったと思うけれど。
ところが、渡辺くんがタイムリー打たれちゃったよ(-◎-;) これで同点。上園の勝ちがなくなってしまった。

さらに、7回には、同点のままならこっちに分があると、ジェフを投入したが、犠牲フライで1失点。ついに勝ち越されてしまったあ。
それでも、1点ぐらいならまだまだ、との思いのもと、久保田を投入。ところがヒットヒットで二失点。ついには青木に二試合連続のホームランを打たれて、万事休す。

固い守りもくずれ、自慢の救援陣も崩れ。ちょっと嫌な流れやなあ。まあ、打たれたのはしゃあないあから、次のカードでなんとかね。切り替えて頑張ってもらうしかないですな。まだまだ、貯金もいっぱいあるねんし。ペナントレースはこれからよ。



今日から阪神戦

始まったのだよ。そして、ヤクルトとの秋田での試合は、幸先よく勝利したのだ(^◎^)。しかし、まだノォトができていないのです(^◎^;)。ちょっと時間がかかりそうかなあ。と言うわけで、その前に今日の日記。

今日は、実家にいってました。ちょっとだけね。昼からの時間。お昼をよばれました。そうめんと、焼きサケと鶏の唐揚げとポテトサラダ。そないに食べられへんって(^◎^;)言うても、親の愛情ですなあ。ちょっと余計めにと作ってしまうのだそうで。まあ、残してもええということだったので、ちょっともったいなかったけど、全部は食べられませんでした(^◎^;)。ごめんね。誰かが食べてくれるのだと。まあ、そうでしょう。

朝からちょっとうっとおしい天気。雨が降りそうだったので、出かける前に洗濯物の取り入れ。と思ったけど、時間がない。しかたがないので取り入れるだけ取り入れて、階段の踊り場にそのまま積み上げている。これを「怠惰の山」と言うのだそうだ(命名:大平一枝さん)。毎日洗濯物を取り込んでいると、たたむのが面倒くさくなる、というか後回しになって、取り入れて山のように積まれた洗濯物ができるのだと。毎日洗濯していると、毎日一つずつ山ができてくる。初めのうちは時間のある時にたたんで押入れなりタンスなりにしまうのだけれど、そのうち追いつかなくなって、その「怠惰の山」から必要なものをとっていくようになるんだと。つまりはその「怠惰の山」がタンスがわりになるという、恐ろしい状態になるそうなのだ。
まあ、一人の洗濯物ではたかがしれているので、そういうことは起こらないでしょうけどね。
でも、考えようによったら、これって便利かも。たたまなくていい。タオルとか下着とか、たたまなくても問題のないものは、そもそもたたまなくてもいいんじゃないか。まあ、下着はしわくちゃになったのを着ると、ちょっと気分もしわくちゃになるから、それはたたむとしても、タオルとかはいいんじゃないか。そう思うと、たたむのも無駄な時間のような気がしてくる。してきませんか。
でも、たたまずに置いておくというのは、案外スペースをくうものなのだな。たたんでおいた方が、小さくまとまる。面倒だけど、結局やっぱりたたんでおくのだね。

実家へはバスの乗り継ぎだけでいけるのだ。片道200円はありがたいけれど、どうも途中の連絡がよろしくない。というか、そもそも1時間に2本しか走ってないからね、土曜日の昼間は。だから1本逃すと30分待ち。まさに今日がその時間帯になってしまったのだった。行きも帰りも。20分待ち。ま、たまにはね、ゆったりした時間を過ごすということでいいかもしれないけど。ただただぼーっとする時間でした。実家に帰ってもうだうだと話をするだけなので(ぶたこのこととか僕の暮らしとかね)、まあ今日は全体に、のんびりとした時間でした。

などというてる間に、日付が変わってしまった(^◎^;)
いちおう、今日の体重
58.6kg,86.5cm
ノォトは、描けたらアップします。

OS入れ替え中

どうもUbuntu(Linux)の調子がおかしい。というか、よくわからないところがでてきた(^◎^;)。で、いろいろ設定をいじっているうちに、表示されないアプリケーション(^◎^;)、起動できないソフト(^◎^;)、わけのわからないデスクトップ(^◎^;)、などなどができてきて、これは収拾がつかない。いっそ、再セットアップじゃ、というわけで、再セットアップに踏み切りました。週末は時間もあるしね。

今日は、午前中はシルバーコーラスの練習。午後は仕事もお休みをとってゆったり。ピアニストさんとお昼をとったあと、いつものごとく話に花が咲きました(^◎^;)。合唱の話とか料理の話とかね。ブログは読んではれへんので、ぶたこの近況やらとかもね。

帰ってきて、しばらく昼寝(^◎^;)。ぶたこの昼寝癖がうつってきたか。いや、今日はちと疲れたかな。というより、やっぱり週末はもう始まっているというか、1週間の疲れがたまっているのだよ。その最後にコーラスの練習があって、やっぱりいつも以上にエネルギーを使うから、ぐったりとなるのだな。ま、心地よい疲れではあるけれど。
そうそう、今日は練習場について、ちょっとチェックと思って携帯を開いたら、そのピアニストさんからメールがはいっていて、人身事故で電車が動きません、何とか時間内に着くようにと、算段しています、というような内容で、ひえ~っと思っても、まあ事故ならしかたがない。とはいっても、その駅からは1時間はかかるやろうと思うと、どう考えてもあと1時間はひとりで、伴奏なしで練習しないといけないというのが急に振ってわいてきてしまって、今日ははじめから緊張の練習だったのです。幸い、電車はそれからすぐに動き出して、1時間遅れでピアニストさんも到着して、後半はピアノつきの練習で非常に助かりましたが。


梅雨でうっとおしい天気が続いていたけれど、今日はなぜかよく晴れたな。ちょっと小さな虫が家の中を飛び交ったりしているけれど(^◎^;)、実害がなければべっちょない。噛まれるとかはいややけどね。それでもちょっと噛まれて、そこだけかゆいぐらいは、ぼくはどってことないのです。子供のときからアトピーで、かゆいのには慣れてるし、かゆくても我慢することもできるからね。我慢我慢。するといつのまにかかゆいのも収まるってもんです。

今日の晩ご飯は、昨日の続きのカレー。冷蔵庫に入れてあったカレーを出してきて温めなおし。明日もこれで行こう、というか、これしか考えられへんね(^◎^;)

土鍋ご飯とカレーの失敗

まず言い訳しておくと、カレーの失敗といっても、ちゃんと食べられるものはできましたよ。だからおいしく食べましたってば。ただ、作るときに、ね。というのはあとの話。

まずは家に帰って。今日はカレーを作ることに昨日から決めていたのだ。なんでって、ナスビもにんじんもへなへなのしわしわになってきて、おい、早いこと片付けてくれないと、おれたちゃもう世をはかなんじゃうよ、と訴えかけていたので、ともかくこいつらを全部いっぺんに処分しようと思ったら、カレーしか思い浮かばなかったのだった。

で、家に帰って、あることに気がついた。ご飯の冷凍がない。きのう食べたので、全部終わり。新しく炊かなければ。ええっ、いまから? それで間に合うのか。
こういうときは、一期に炊ける「土鍋作戦」だっ。前にもやったけど、土鍋で、ガスで炊くと一気に炊ける。さっそく土鍋をおろして(キッチンの上の棚にしまってある)、お米を入れ水を入れる(うちは無洗米だ)。水の量は? 適当だ。だいたい米の量も適当にしてしまった。あんまり考えてもしかたがない。まあ、「小指の関節一つ分ぐらい」という伝説に基づいて。そしてガスにかける。

さて、お次はカレーだ。鍋に油をしいて温める。前回、鍋に水気が残っていて、油を入れて温めたら、油が飛び散ったので、まずは念入りに鍋の中の水気を拭き取る。よし。サラダ油をしいて。挽き肉を入れる。挽き肉は豚と牛の合挽き。冷凍庫に入れていたから、水でちょっと戻して、ラップをとって、ええい面倒くさい、このまま入れちゃえっ。
と、これが悪かった(-◎-;)。解凍されたお肉に着いていた水気が、油と反応して、この前よりもさらに激しく油が飛び散るっ(^◎^;)。たまらずふたをする。鍋の中でなにかが踊っている。ぼろんぼろんばちばちと騒がしい。いつまでもこのままではいけない。ここは野菜軍団に加勢してもらおう。刻んでボウルに入れておいたジャガイモ、にんじん、玉ねぎ、なす、ピーマンを右手に用意。左手で鍋のふたをえいっ、と開けて、間髪を入れず野菜を放り込む。一気に「ばちばち」は鳴りを潜める。それっ、ここでかき混ぜ戦術だっ。木べらで鍋の底からかき混ぜる。焦げ付いてはもったいない。
しばらく炒めたところで、水を入れる。ここまでくればこっちのもの。もう怖いものはない。ふう。
というところで、ご飯も炊き上がってしまった。おい。まだカレーはこれから煮込みにはいるところであるよ。ちょっと時間の加減を間違えたのだな。まあ仕方ないね。ちょっとぐらいご飯が冷めても、まあカレーだから大丈夫。

そんなこんなで、大騒ぎして(ひとりで、勝手に、誰もいないところで)カレーが完成。騒いだだけのことはあって、たいへんおいしくできましたぜ、だんな。

ところで、土鍋ご飯の方であるが、適当に水の量を決めたわりには、ちょうどいい加減に炊けましたわい。ちょっとコシがあるような気がするのは、まあ気のせいとしておこう。カレーにはちょうどいい加減、ということにもしておこう。


ご飯のあと、明日のシルバーコーラスの練習に備えて、ちょっと歌の練習。で、ちょっと歌ってみたけれど、どうも喉の具合がおかしい(^◎^;)。ま、カレーを食べたあとですから。あんまり大きな声はだせないかな。ま、あしたになったら大丈夫でしょう。

今日の体重
58.4kg,86cm
うほほ。こちらは順調。ますます順調。

日々の生活

毎日、晩ご飯のメニューを考えるのは大変だ。面倒くさくなって、コンビニかスーパーの弁当で済まそうという気持ちになるのも分かる。作るのが大変なのではなく、考えるのが面倒くさい。スーパーの弁当なら、一通りのおかずが揃っている。どうかすると、みそ汁まで付いてきたりして。こっちの方が楽ちんなのかも。今日も、冷蔵庫の中を覗いて、はあ~と思ってしまう。残っている野菜。使い道はもうカレーかシチューぐらいしか思い浮かばない。それでまあ、充分なんだけど。自分で食べるわけやし。「また、カレー?」と文句を言われることもない。あたりまえだが。それに、カレーは好きやし。そういえば、前にイチローの特集番組で、毎日カレーを食べると言うてたな。イチローと一書にするなって。でも、分かるような気がする。毎日、同じことをする。そこに安心感がある。っていうのをね。

気分転換というのが必要だ、とよく言われるけれど、本当だろうか。気分が転換するのは、どんなときなんだろう。いつもと違うことをするのが気分転換になるのかなあ。逆に、いつもと同じことをするのが気持ちよかったりするかも。たとえば、昨日も今日も、シャワーを浴びる時間が一緒だったとか。お茶椀にご飯をよそったら、昨日とまったく同じ量だったとか(秤がないので分からない)。

実にくだらないことに気を紛らわせているもんだ。こんな話を続けようとは思っていなかったのに。

ええと、今日は、図書館に行ってきました。最近は本ではなく、CDだけを借りてきている。だって、近所の図書館で借りてきて、まだ読んでいない本がここに目の前に積んであるからね。とりあえず、読むものには困っていないわけだ。
夜、ひとりでブログなんかを書いていると、テレビを見るわけにもいかず、といってラジオは、DJの声がどうもよくない。気になる。というわけで、音楽だけをかけていたい。で、CDでも、となるわけ。そしてそういう時って、なぜか一生懸命じゃないんだけれど、いい音楽を聞きたいのだね。耳にやさしいとか、そういう基準じゃなくて。いい音楽。ううむ。難しいなあ。説明が。
実は今日、借りてきた中に「ヴァニラ・ファッジ」という、70年代はじめの、アメリカのバンドのCDがあって。グループ名だけは昔から知っていたのだけれど、聞く機会がほとんどなかったので(ラジオで流れることもほとんどない。これからもないでしょう)、図書館で見つけて借りてみたのだ。で、さっき聞いてたんだけど。まあ、あんまりラジオで流れないのには、それなりの理由があるなと思わせるものがあります。70年代はじめ。そのころだったら、まだましだったのかなあ。普通のロックバンド。特にビックリするようなプレイもメロディもない。こういうのを、当時の若者(ぼくのことか?)は、延々と聞いていたのだなあ。ちょっとハイになりながら(^◎^;)。今、聴き直すのは、辛い。

「いくらオールドファンがいい、いいと言っても、古いバンドは古いバンド。歴史的名盤も、今聞いて面白くないものもいっぱいある。だから、若い人は新しいものをどんどん聞けばいいと思う」と言ったのは、30年ぐらい前の渋谷陽一だった。なにも古い音楽を、スタンダードだ、これだけはおさえとかないと、なんていって聞く必要はない。今の音楽だけで十分だ、と言っていたなあ。そこには、廃盤になった「名盤」が、高値で取引されていた当時の市場を憂いていたのもあるだろうけれど。でも、新しいものを聞こうというのはいいことだと思う。
そう思いつつ、やっぱり、かつての「名盤」というのは、聞いたことがないと聞いてみたい、と思うのだ。聞いてみなきゃ、気に入るかどうか、自分にあってるかどうか、分からんじゃないか。
というわけで、聞いてみて。でも、だめだった。でも、それでもいいじゃないか。ラジオからテレビから、こちらの好みと関係なく流れてくる(画面とも関係なく流れるときもあるなあ)音楽をなんとなく聞くより、ましかも。ああ、そういえばさっき、NHKの「SONGS」で、中村雅俊が歌ってたなあ。なんで・・・・という歌い方で。

ううむ。今日はどうも話があっちこっちにいって、自分でも収集がつかない状態になってるな。読んでる方、すみません。

最後にこれだけ。今日の体重
58.8kg,86.5cm

晩ご飯シリーズ、一挙公開(^◎^)

お待たせしました。って、誰も待ってへんって(^◎^;)
最近の晩ご飯。アップします。

まずは先週、6月19日の晩ご飯。サケの切り身と、豆腐と、適当に炒めた野菜と卵(^◎^;)

080619_晩ご飯


次は1日飛んで(^◎^;)、6月21日の晩ご飯。前の日もカレーだったので。その残りにナスを入れた、なすカレー。

080621_晩ご飯


次の日。おなじカレーに、ほうれん草を入れたほうれん草カレー(^◎^)。ちょっと煮込みすぎて、ほうれん草の風味はほとんどなし(^◎^;)

080622_晩ご飯


サケの味噌漬け三連発(^◎^)。初日は、余ったほうれん草と、なにやらわけがわからなくなった(^◎^;)味噌汁(の、ようなもの)

080623_晩ご飯


2日目。合挽き肉を買って、うれしさのあまり、焼き飯を作ろうとして、野菜が足りないことに気がついて、適当にピーマンやらなんやらを一緒に炒めたピラフ。

080624_晩ご飯


そして今日。アルミホイルで焼いたら、味噌が焦げて焦げて(^◎^;)、でもサケの身はほくほくしていた。味噌汁も適量に、と言いたいところだが、何しろ豆腐ひとパックは、それだけでも食べごたえがありすぎ(^◎^;)

080625_晩ご飯


以上。毎日楽しんでます(^◎^)

久しぶりのよい天気

あ、なんか、野球がなくて、のんびりして、テレビ見て本読んで、ぶたことチャットして、また本読んで、だらだらしてたらいつの間にかこんな時間になっちゃったよ。

今日は特別なことはなにもございません(^◎^;)(_◎_)

ああ、久しぶりに二駅ウォークをしたな。行きと帰りと。両方。早く帰る用事もなかったのでね。天気もよかったし。あ、でも朝はちょっと曇りぎみだったのだな。昼からはいい天気。気温も上がったらしいけど、そんなに蒸し暑くもなく、過ごしやすかった。

えっと、最近晩ご飯の映像をサボっておりますが、写真に撮るのを止めたわけではなく、毎日撮るのは撮ってるんです。でも、パソコンに上げるのがちょっと面倒くさくて。というのも、最近はWindowsではなく、Linuxを立ち上げているので。これの使い方がまだ慣れていなくてね。いや、そんなに難しくはないねんけど、ちょっと面倒くさいのだな。また、かためて上げることがあるかと。
んで、今日の晩ご飯は、サケの味噌漬けとピーマンとナスビのピラフ。合い挽き肉を始めて使ったよ。肉はうまい! ま、たまにしか食べへんやろうけどね。

今日の体重
58.6kg,86.5cm

おやすみなさい(_◎_)

天気予報ははずれ(^◎^;)

天気予報では今日は朝のうちは曇りで、午後からは晴れ間も見えるでしょう、といっていたのに、朝、突然の大雨に驚き、午後からもすっきりしない天気で、帰るときには雨もパラついていたよ。まあ、いつも当たるわけがないんだけど、天気予報はね。それでも昔に比べるとよく当たるようになったよなあ、と会社でもみんな言っていた。技術の進歩とか、知識の積み重ねとか、そういうのが生きているんだろうあな。

今日は帰りにサンディに寄って、買い物。おかずになるようなものを、と思ってみていたら、サケの味噌漬けを売っていた。前にも買ったけど、とてもおいしかったよなあ。焼くだけでいいし、日持ちもするし。それから、合い挽き肉。始めてやな、鶏肉以外の肉を買うのは。それで何をする? まだ考えてないけど、肉じゃがとかカレーとか。またカレーかい。だって簡単やねんもん。ほんで、普通の肉より挽き肉の方が火のとおりがいいから、料理しやすい。ほかの料理にも使える。たとえば野菜炒めとかに入れてもいいし。なんなとね。

今日の晩ご飯は、サケの味噌漬け焼きと、豆腐とナスビのみそ汁(卵入り)。みそ汁をちょっと多めにと思ったら、作りすぎたかも(^◎^;)。ま、ちょうどいい感じにお腹がいっぱいになりましたが。

今日は野球もないので、撮りためてたビデオの消化。「探偵ナイトスクープ・グランドアカデミー大賞」を見る。いつもは1時間の番組だが、放送開始20周年を記念しての二時間スペシャル。いままで放送されたものから、再放送。大阪の人にはつとに有名な「爆発卵」「マネキンの花嫁」「養老の星幸ちゃん」などなど。再放送だけど、やっぱり笑ってしまうし、感動してしまうなあ。
と思ってみてたんだけど。最後にゲストに橋下知事が出てきて興ざめ。なんだかなあ。ニコニコして面白くない。知事らしく、「大阪を活気づかせるために、頑張ってます」とか言って。まわりもヨイショするわなあ。面白くない。シラける。もっと面白い人選、考えられかったんかいな。いっそ、上岡龍太郎とかね。スペシャルなら、そこまでしてほしかった。
そういえば、もっと面白いのがあったのに、と思ったのは、昔の放送やな。比較的新しいものが多くて。というか、まあ古すぎるものは問題ありなんでしょうけどね。あと、ほんまは「今やから話せる裏話」とかいうのを、もっと入れてくれてたらなあ、と思いました。

きのう、今日

昨日の日記も書いてないな。
昨日は、天気は小康状態だったので、おでかけしたのだ。大学図書館へ。
あ、その前に朝からの行動やな。
朝起きたら、雨。でもすぐに止んで、天気予報は、昼間は雨は降らず、夕方から雨になるでしょう。そしたら、昼の間に洗濯して、乾いたらとりこんで、それで今週の洗濯はカタがつくのではないか、と思った。さっそく洗濯しましたよ。でも出来上がりはほぼ昼前。これで今日中に乾いてくれるのか。ちょっと心配である。が、後には引けない。

午前中は、洗濯物の様子を気にしながら、朝ご飯(トーストとコーヒー)、テレビ、新聞。洗濯物が出来上がって、ベランダに干して。

午後。お昼はインスタントラーメン(塩ラーメン、キャベツ入り)。
1時すぎに予定どおり図書館へ。歩いて(雨が降るかもと思って、自転車でなく歩いた)。ええ運動かな。
4時ぐらいまで図書館で本を読む。涼しくて静かで(学生があんまりいないのだ)、とても快適。この日は蒸し暑かったからね。湿度も高かったはず。行き帰りが辛かったけど、まあ3時間ぐらい快適に過ごせたから。

帰りにスーパーに寄る。久しぶりに寄った大型スーパーだったのだが、中身がかなり変わっていてびっくり。まず、野菜売場がせまくなっていて、そこになぜか服飾雑貨売り場(まえはほとんどなかった)がでーんと構えている。以前はそこここで試食販売のおばさんが立っていたのだが、誰もいなくなっている。だいたい人が少ない。お客さんもお店の人も。がら~ん。静か。活気がない。こんな風になっているとは。大丈夫か。並んでいる品物も、どうもバラエティがない。同じものがたくさん並んでいるように見える。さすがに惣菜売り場は、以前と同じ品揃えと活気で、ちょっとほっとしたけれど。でも、全体に、しんどい商売になってるのかなあという気はする。野菜売場がせまくなっているのは、ちょっとショックかな。
レジに並ぼうと思ったら、6つほど並んでいるレジの4つが閉まっている。二つしか開いていない。まあ、土曜日の夕方の早い時間で、あまりお客さんがいない時間帯なのかもしれないけれど。ほんまに大丈夫なのか。
ここで、なすとほうれん草と、ぶどうジュース(らくれんではなく、KIRINの)を買って帰った。

なすとほうれん草は、昨日作ったカレーを温め直す時に、そこに入れたらなすカレー、ほうれん草カレーになって、ちょっとバリエーションがあっていいのではないかという、自分でもなかなかだと思う思いつきで買ったのだ。自画自賛。だれも褒めてくれへんからね。
ぶどうジュースを買ったついでに、久しぶりにチーズも買おう、と思ったんだけど、最近の乳製品の値上がりのあおりを食っているのか、そもそもこのスーパーの努力が足りないのか、安売りのものがなかったので断念。

夕方。雨が降る前に、と、洗濯物を取り込む。ちゃんと乾いているか? いや、乾いているものもあるし、乾ききっていないものもある。どうする?
ともかく、乾いているものはたたんでしまう。乾いてないものは、ほとんどがハンガーにかけて干しておいたシャツ、そして靴下、タオルの何枚か(風通しの悪いところに干していたもの)だ。靴下、タオルはもう一回干しなおし。どちらも、ベランダの、屋根のあるところにうまく干せるようだったので、雨が降っても大丈夫だろう。問題は、ハンガーにかけているシャツ類。
仕方ない、部屋干しだ! といっても、我が家には部屋干しするスペースはあまりない。だいたい部屋干しする道具がない。部屋の中に張るロープも、物干しも。
どうするか? 仕方なく、ハンガーがかけられるところにかけられるだけかける。わかりますか? 開いたドアの上、普段はカバンをかけているフック、階段のでっぱりとか。とにかくかけられるところを探してかける。けっこう、探せばあるもんですね。これで部屋干し完了。

晩ご飯はなすカレー。ちょっとだけフライパンで炒めてから、昨日作ったカレーと混ぜて温める。ううむ、美味である(^◎^)
野球は、阪神がいいところなく敗戦。チャンネルを回したら、NHKが巨人-ソフトバンクを中継していた。珍しい。しかも試合終了まで。ということはそこまで見てしまったということなのだが。終わったのは10時を回っていたのだ。延長12回。巨人のサヨナラ勝ち。いやあ、面白くてついつい入り込んで見てしまったよ。


そして今日。昨日そうやって、時間を潰したおかげで、寝るのが遅くなって。といってもそんなにたいしたことはないはずやってんけどなあ。やっぱり一週間の疲れとか、そういうのがあるんやろか。実は4時ごろに、一回目が覚めた。雨がひどくなってね。ネコも騒いだので、起きてしまったのだ。で、戸締りとかを確かめて、喉が乾いたのでジュースを飲んで、さてもう一眠り、で、次に起きたら10時(^◎^;)。なんだかなあ。まあ、疲れているときは睡眠が一番というからね。それだけ寝られたということは、それだけ疲れがあった、そして、それだけの疲れがとれたということだろう。うん、そういうことにしておこう。

昨日録画しておいたもの(土曜日は録画するものが多いのだ)を、ちょっとでも消化しようと、ビデオを見る。おとといの「探偵ナイトスクープ・グランドなんとか」というのも早くみたいのだけれど、それよりちょっと気になっていたのは、テレビ欄に「ウルトラ」としか書いていない番組。テレビ大阪で土曜日の朝七時半からの30分番組。これが気になっていた。いっぺん見てみようと思っていたのだが、その時間には起きられない(^◎^;)。なので録画予約したのだ。それを見てみたら。
「ウルトラマン」だった。セブンでもタロウでもエースでもネクサスでもなく、むかしむかしのハヤタ隊員とキャップとアラシとイデとフジ隊員の、ウルトラマン。うわあ、懐かしい! と、思わず30分間、ジッと見てしまいました。カメラアングルのおかしさとか機器のダサさとか、台詞のダサさとか、取ってつけたような演技とかはあるんだけれど、懐かしさだけでなく、面白いなあと思ったよ。特撮は、今の目で見てもたいしたもんやと思うし。

お昼ご飯には、ラーメンではなく、お茶漬けを食べた。なんとなく、ラーメンがしんどいような気分。辛いものが受け付けられへんのかなあ。といいつつ、お茶漬けのあてはキムチでしたけど。それと冷や奴。こういうのが、なんとなく落ち着くのだ。

今日は天気がよくなかった。ずっと雨、というわけではないのだけれど、どんよりとした空の色で、今にも降りそう、降りそう、ああ降ってきた、ああ強くなってきた、あ、止んだ、あ、降ってきた。という感じ。これはもう、今日は一日、外にでるのはいややな。
というわけで、掃除機をかけることにした。どういうわけかわからんが。まあ、休みで、何もする気にならないときに、ちょっとこういうことでも、というようなわけ。

順番に掃除機をあてていって。3階の、いつもネコの餌を置いてあるところの掃除。入れ物のまわりには、食い散らかしたかすが散乱している。ま、腐るものではないので(うちのネコたちはドライフードしか食べない)、普段は散らかるがままにしている。ここも掃除しなければね。
と、餌の入れ物をどけたら、散乱している餌のあいだに、うじゃうじゃと黒い虫が(-◎-;)。長さ一センチぐらいのまる虫が細くなったような虫だ。それが10匹ぐらいかたまって、餌の間にもぞもぞとしている。うぎゃあ! こんなことになっていようとは、想像もしていなかった。おもわず掃除機で全部吸い込んでやった。
いや、以前にもこいつは見たことがある。掃除するときに見つけるのだ。でもそれはせいぜい体長4、5ミリ程度。こんなに成長した奴を見るのは初めてだった。ここにたむろしていたということは、こぼれたキャッとフードを餌にしていたに違いない。まさか、このまわりにもっとたむろしているところがあるのか?! と、まわり中を見回したけれど、どうやらここだけに集中して生息していたらしい。ほかに虫の集団は見つからなかった。
そういえば、最近餌の食いつきが悪いなあと思っていたのだが、ひょっとしたらこいつらが原因だったのか。だとしたら、掃除をサボっててごめんねえ、みんな。
さて、吸い込んだはいいが、それでも生きていたら気持ち悪い。というわけで、殺虫剤を掃除機に吸い込ませて。これで完璧。
掃除がすんだ後は、紙パックをさっそく取り出して、ビニール袋に入れてゴミ箱へ。明後日がゴミの日だ。それですべては終わる。

無事掃除もすんで。晩ご飯はほうれん草カレー。ゆがいたほうれん草を(最近のほうれん草は、昔ほどアクが強くないらしいが、念のため)適当に切ってカレーの中へ。ちょっとカレーが焦げ付きそうな気がしたので、水を足す。と、こんどはどうも薄まりすぎた感じ(^◎^;)。カレールーをひと欠け追加。うん、ちょうどよい感じ。でも量が増えたな(^◎^;)。ま、いいや。

で、お腹いっぱいで、野球を観戦。タイガース、今日は快勝(^◎^)。でもソフトバンクが巨人に勝って、交流戦の優勝はソフトバンクに。ま、王さんが優勝したのは、よかったかな。勝敗数は阪神と並んでたわけやし。どちらも勝ち負けの数は一緒で、そうなると去年の順位で決まるのだと。で、去年はソフトバンクが9位で阪神が10位だったのだ。惜しい! ま、昨日負けたから、どちみち、ね。

いつの間にか雨もやみ。明日は晴れるみたいやな。というわけで、僕の週末はおしまい。ああ、もうすぐ6月も終わりやなあ。月日のたつのは早い。

あ、今日の体重
58.4kg,86.5cm
おやすみなさい(_◎_)

図書館で読んだ本

昨日、久しぶりに大学図書館へ行ってきた。3時間ぐらい居たかなあ。涼しくて静かな場所で、のんびり本を読むのは、いい感じだった。
館内に入ったところに「推薦図書」というコーナーがあって、誰が推薦したかは知らないが(^◎^;)、何冊かかためて置いてある。まあ「話題の本」というところかなあ。そこにあった二冊を読んだ。どちらも芥川賞を受賞した作品だということは、後で知ったのだった。

【沖で待つ】絲山秋子(文藝春秋)
元職場の同僚が死んで、そのパソコンのHDDを壊すという話。といえば、何のことだか、だよなあ。主人公はばりばり働く女性で、同僚は同じ職場の男性。で、友情以上の付き合いはなく、しかし男が生前に「死んだら、誰にも内緒でHDDを壊してくれ。誰にも知られたくない秘密がある。もちろん、女房にも」
というわけで、そのHDDを壊しにいく。ということなんだけど。ああ、これだけもなんとなく、伝わらんなあ。
伝わらないのは、あんまり共感できなかったからかも。男女の友情。まあ、そんなものでしょうかねえ。それ、どこか女性側に無理があるような気がしてならんのだが。不思議な始まり方と終わり方をするのだが、それも中途半端な気がする。
一緒に収められている「勤労感謝の日」は、36歳のわたしが見合いをするという話なんだけど。主人公はいろんなことに腹を立てていて、しょっちゅう文句を言ってるような気がしてね。まあ、確かに理不尽なことは世間には多いんだけれど、そういう本人もその社会の一員だという意識がなくて、なにか無責任な若者の話を読んでいるような気になったのだ。そのあとで、この「沖で待つ」だからなあ。なんか、共感できなかったのだな。

【八月の路上に捨てる】伊藤たかみ(文藝春秋)
明日、離婚届けを出す男が、一緒に自動販売機の缶の入替え作業をするトラック運転手の(つまりは同僚だ)女性に、結婚から離婚に至る一部始終を話す。
なんとなくリアル。話の構成もうまい。現在と過去とが交錯する、その並びもわかりやすくてスイスイ読める。
でもね、離婚に至までのところで、奥さんが精神を病んでいくのがどうも。ちょっと苦しいかなあ。
そう、なんか、ありがちな話の展開で。どうしましょう。びっくりするような展開を望んでいるわけでもないけどね。でも、どうしましょう、と思ってしまうのは、なぜ?

【駄美術ギャラリー】現代美術二等兵(マガジンハウス)
かつて、「たけしの誰でもピカソ」という番組で紹介されてたなあ。顔の上半分だけのリモコン。「スイマー」やったかなあ。名前忘れた。面白いわ。ほんで、それ以外の作品も紹介されているけれど、どれも笑える。力が抜ける。ただの駄じゃれ?と思わせるのもあるけれど。もう、傑作なのもいっぱい。こういうのが、キワモノではなく、「アート」として認められる時代なのだなあ。いい時代だ。

阪神5-3日本ハム

交流戦の最終戦。もう優勝の望みはほとんどないけれど、最後は勝って終わりたいもの。そして5日間の休みに入ると。

朝から雨が降ったり止んだり。大阪と西宮とでは天気は違うだろうけど、それでもここでこんなけ降ってるのに、試合するかあ? と疑問に思いつつ、しかし天気予報は回復傾向。夕方からは雨の心配はないでしょう、ということは、試合があるってことか(^◎^;) さすが甲子園。試合時間にさえ降っていなければできまっせ、ということだろうか。水はけが異常にいいもんなあ。

というわけで、試合はきっちり行われました。とちゅうでちょっとだけ雨も降ったようやけど、おおむね時間どおり予定どおり。先発アッチソンも予定どおりか。
そのアッチソン、今日は緩急が効いてましたね。前まではどの球もストライクで、それが回を追うごとに甘くなったところを、5回か6回ぐらいに捕まるというパターンやったけど。今日はカーブもたくさん投げてたみたい。いい感じでしたな。

そして、やはり今日は金本(^◎^)。2回と4回にそれぞれ一発\(^◎^)/。合計二家族ハワイ招待や\(^◎^)/
さらに5回には、高橋光信の、執念の進塁打もあって、追加点。4-1。
これで安心。あとはジェフと藤川で一イニングずつ・・・・と思ったら、ジェフが、ピッチャーゴロを一塁悪送球から乱れ出して(^◎^;)。ワイルドピッチもはさんで二失点(-◎-;)。まあ、球の走りが悪いとか、コントロールがよくないとか、そんなことはないので、これは運、かなあ。

しかし、8回裏には鳥谷が犠牲フライを打って、貴重な追加点。二点差になって楽になったら、藤川のピッチングも冴えわたりですな。5-3の快勝\(^◎^)/

勝ったこともうれしいけど、4試合ヒットがなかった新井が二安打、調子を落としていた鳥谷もツーベースに犠牲フライと、上向きになってきたのがうれしいなあ。おまけに金本のホームランは、「これからばんばん打っていきまっせ」という宣言のようにも見えて、頼もしかったよ。

この調子で次の試合も・・・・・と思ったら、土曜日までないんですね(^◎^;)。梅雨時やし、休みをとるのにはちょうどいいかも。選手の皆さん、お疲れさまです(_◎_)



阪神0-4日本ハム

フォアボールっていうのは、ほんまに危ないもんなんですねえ。それが直接点に結びついてしまう。今日の岩田君はそんなにできは悪くなかったのに、4回表、先頭の稲田にフォアボールを出したところからおかしくなってしまいました。というか、つけいれられてしまいましたね。
5回で2失点。2点差なら、まだまだなんとか、と思って投入した久保田がまた(^◎^;)。ぽんぽんとヒットを重ねられて。あ、ワイルドピッチもあったな。でもあれ、野口がおさえてくれないとねえ。
そうそう、いろんなところで、「野口が」と思うところがあったな。今日は。
いつも強気の攻めをするんやけど、今日はちょっと空回りか。サンテレビ解説の、佐藤義則さん、正田耕三さん、両解説者が口をそろえて、「みえみえの配球やなあ」とあきれるくらいやった。なんか、梅雨でちょっと集中力がなくなっていたか。というより、読みがうまくいかなかっただけやろうけどね。

それにしても。打線が完封されてしまったのは痛かったね。最近調子を落としている、新井、鳥谷がちょっと気になりますな。今までは、誰かが調子を落としても、代わりにでてくる人、穴を埋める人がいててんけど、今日はあんまり、やったかな。ま、最近藤本が調子よくなってきているのがうれしいけどね。このままレギュラー定着、は難しいやろけど(^◎^;)

これで交流戦の優勝はほぼ絶望的なのかな。ま、目標は交流戦じゃないからね。

ノォトは途中で力尽きてます(^◎^;) ご容赦を



この試合が終わったあと、NHKの巨人-ソフトバンクを見ていて、時間がどんどん遅くなってしまった。延長12回までやってしもうたもんなあ。で、そのあとぶたことチャットしてノォトを書いて。あ、夕刊をまだ読んでなかった。洗い物もしてなかった。お風呂にも・・・・・といろいろやってるうちにこんな時間に。今日の出来事はまた明日。明日もナイターだ。

ubuntuの設定中

Linuxを導入して、いろいろ試している。前にも書いたけど、Ubuntuというディストリビューション。
Firefoxが、標準のブラウザなのだ。そしてすぐに最新のVer.3に更新された。
しかし、いままで使っていた(Windowsで)設定なんかが使えない。例えば、検索結果は新しいタブで開いてほしい。Backspaceで、一つ前の画面に戻ってほしい。それがどちらもできなかったのです。
ひょっとして、新しいプラグイン、アドオンが必要なのではないか。
そこでいろいろ検索してみた。Windowsの時に使っていたのは「Tab Mix」というアドオン。しかしこれはVer.3には対応していないらしい。だが、同じようなアドオンがあるはずだ。と思って探し出しました。
Configuration Mania というアドオン。これを、ツールの「アドオン」から導入。
ばっちし。検索結果は新しいタブで開くし、Backspaceも使えるし。
言うことなしやね。
「Ubuntuの設定」といいながら、結局はFIrefoxの話でした。

暑いのは、お風呂に入って、扇風機の風にあたって、ちょっとましになった。今季初扇風機です。今年も、極力クーラーの力は借りず、いよいよの時はどこかに逃げ込む体勢で臨みます。

暑くてやりきれん(^◎^;)

暑いです。しかも湿気ている。暑くて何もやる気がない。と言いながら、晩ご飯はカレーを作って食べましたが。ちょっと失敗。何がって。鍋の底をこがしてしまいました。ずっとかき混ぜていないといけません。ちょっとさぼったのが悪かったね。
ま、味には対した影響はない。と思って食べましたが。

今日は一日、むしむししていて。午前中こそ、晴れ間もあったけれど、午後からは曇り空。変えるころにはすっかり雨。近畿では大雨警報が出ているところもある。

何もする気が起こらないので、撮りためてみていなかったビデオの消化。ジョディ・フォスター主演の「パニック・ルーム」を観た。これ、どこで見たんだったか。映画館で見たのだが、たしか香港かどこかで、だから英語で、字幕は現地語で(^◎^;)見たのだ。今日は日本語吹き替えで、しっかり内容も分かりつつ。でも、適当に見てても分かってたんやなあと、いま吹き替えで見て思うな。なかなかもんですがな、わし。
で、映画は、よくできているんだけれど、ちょっと中途半端なところも。完全に犯罪映画になりきれていなくて、といって、人間ドラマにも、ちょっと不足。ううむ。

映画を見ていて、洗い物やらなにやら、いろいろたまりまくり。ああその前にお風呂にはいろうかどうしようか。なにしろさっきから、じっとしていても足元に汗のしずくが垂れるくらいなのだ。暑いというより、湿気が(^◎^;)
ま、まずは、洗い物を片付けよう。焦げた鍋、ちゃんと洗わないとね。

Jazzが好き、というわけでもないねんけど

今日は帰りに、図書館に寄ってきて、CDを4枚借りてきた。マンハッタン・ジャズ・クインテットが二枚、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(というバンド名)が二枚。
MJQというと、古いジャズファンにはモダン・ジャズ・カルテットがまず第一に思い浮かぶだろうけれど、マンハッタンも、もう二〇年以上も活動しているのだね。いや、別にジャズがとても好き、というわけではないんだけれど、なんとなく借りてきてしまった。夜、ひとりでパソコンを打っていると、なぜかジャズが聞きたくなるんだなあ。と、植草甚一風に書いてみたりして。というわけで、今日は目についたMJQのアルバムを借りてきたのだった。
フランキーの方は。なんとなくだね(^◎^;)。この人たち、今はどうしているのか。ネットで検索すれば、分かるんだろうけど。面倒くさいし、あんまり興味もないから、ほっておこう。

今時は、何でもかんでもネットで調べることができる。ちょっと分からんことがあっても、すぐにグーグルで検索すれば、いくつかはヒットする。まったくヒットしないことはないくらい。Wikiは、信用度は中くらいだけれど、それでもないよりはマシ。それに、どんな詳細な、有名な解説書とかでも、どこかにミスはあるもんだから、それを考えると信用度中くらいというのも、許せる範囲なのかもしれない。
だから、だれでも、どんな情報でも手に入れることができる時代なのだなあ。逆に、どんな情報でもどこからかは漏れてしまう時代。個人情報がどうたら、厳しい規制があったりとかするけれど。それはどれくらいの意味があるのかと思う時がある。どうせ分かってしまうことじゃないかとか。隠しおおせるものなんか、人間にはちょびっとしかないはずだと思うから。まして、こうやってブログを公開しているからには、ある程度の覚悟は必要だろう。という気構えは、いちおうあるつもり。

さて、MJQ(マンハッタン、です)だけど、モダンジャズというより、スタンダードなのかな。変わったことはあんまりしてないように聞こえる。まあ、ジャズについてはまったくの素人なので、偉そうには言えないけれど。メロディ、リズム、リフ、アドリブ。どれも耳に心地よい。興奮するとか、激しく気持ちをかき立てられるとかということはないなあ。まあそこがジャズのいいところなのかも。ああ、だから夜になったら、聞きたくなるのか。とても耳に心地よく、体にも心にも気持ちいい。そんな音楽を聞いて、夜の時間を過ごしたくなるのかも。おもしろいなあ。だって、ニューヨークで、生まれたときから(たぶん)ジャズに親しんでいる人たちの演奏する音楽が、こうやって日本で、ほとんどジャズには無関心なぼくの心を和ませる。人間の共通した感覚というものがあるのかなあと、ちょっと不思議な気分になったりして。

そういえば、今日の新聞に、「人間の祖先はナメクジウオ」というのが載ってたな。「とくダネ!」で、小倉さんが「ナメクジウオというさかな」と何度も言ってたけれど、間違いです。ナメクジウオは、名前に「ウオ」とついているけれど、魚ではありません。だいたい脊椎動物でもないねんから。もっと下等な(というと、失礼な言い方だけど)無脊椎動物なのですね。ヒルとかナメクジとかに近い。確かに、ちょっと見た感じは魚っぽい。だからこういう名前がついたんだろうけど。
で、脊椎はないけれど、それに変わる脊索(せきさく?)というのがある。で、これが発達して脊椎になり、脊椎動物になったのだろう、という、これはもう結論のようなものらしい。
だからどうなんだ? と言いたくなるけれど、人類の進歩が、確かにあって、長い長い道のりを経て現在の自分たちがいる、ということに思い至ることは、結構大事なことなのかもしれないなあ。特に、奢りが大きくなりすぎた人間にとっては。


今日は、雨模様の一日、という予報だったんだけれど、結局あんまり雨は降らず。行きも帰りも(帰りは、ちょっとだけ本格的に降ったけど)傘いらずでした。でも、むしむししていて、気温も高いらしい。いかにも梅雨時のじめじめ感が気持ち悪いです。お風呂に入っても爽快感は一瞬だけ。まあ、夜遅くになって、ようやく涼しくなってきたかな、という気はするけれど。ただ、ずっとパソコンの前に座っていると、結構熱を持つんですよね。パソコン本体だけじゃなく、ディスプレイとか、モデムとか。電気で動くものはまあ、熱が出るのはしかたがないんですけど。それに、好きでその前に座っているわけやから、文句の言いようもありません。汗にも負けず、今日もブログを書くのであります。


図書館からの帰り。予想していたことではあったんだけれど、電車の連絡が最悪に悪かった(-◎-;)。電車の乗り継ぎ。地下鉄からJRに乗り換えるんだけれど、ホームにつく、その目の前で列車出発(^◎^;)。どうしてそういう時刻表になるのかなあ。これ、まだ地下鉄とJRという取り合わせだから許せる(それでも、おかげで次の電車まで15分待ちになるのだ)けれど、JRからJRという乗り換えも、どういうわけかすごく連絡が悪いのです。駅に電車がついて、乗り換える。その1分前に発車している(-◎-;)とは、どういうことよ。そこが始発なのに。ううむ。ちょっと説明がへたくそで分かりにくいかもしれませんが(-◎-;)。
まあ、駅が新しくできたことはうれしいから、あんまり文句は言いたくはないですが。もちょっと考えてくれたらなあ。

で、1時間以上かかって帰宅。もうお腹が空き空きだったので、手早くおかずを作って食べました(写真は、後日)。焼き魚(サケ)、ベーコンエッグ、豆腐、というおかず。なかなかお腹いっぱいになりましたわ。
今日の体重
59.0kg,86cm
ま、一進一退ということですね。

最近読んだ本

しばらく、書いてなかったな。最近読んだ本。

【手錠のパレード】軒上泊(集英社文庫)
映画「サード」の原作「九月の町」を書いた軒上泊(けんじょう・はく、と読む)の、短篇&エッセイ集。
かつて少年院の教務官を勤めていたことがあり、それが作品に反映されている。といっても、よくあるような内幕ものでも、感動ものでもないところがいい。少年たちのちょっと屈折した感情とか、やり場のない、行き場のない気持ちとかが前面に出ているな。そこに、ちょっとユーモアもあって(言葉が関西弁だから?)。
ただ、表現というか修飾というか、そういうのがちょっと「翻訳小説」ぽい。もってまわった言い方とか、普通使わないだろう(会話では)表現とかが突然出てきたりして。
小説四編は、ちょっとほろ苦い、悲しい、そんな色が強く出ている。エッセイの方はもうちょっと軽やか。やや方の力が抜けた感じがいい。

【タイム・アフター・タイム】軒上泊(徳間文庫)
同じ作者なのだが、こちらは連作小説。舞台はニューヨーク。日本との国際電話の最中に殺されたらしい友人の、その死の真相を求めてニューヨークにやってきた日本人が、その友人の知り合いを尋ね歩き、それぞれの人生を語らせる。そして意外な結末へ。
主人公というか、語り手となるべき日本人は最後まで小説の中には登場せず、ひとことも語らない。相手がそれぞれ自分のことを語るのみ。のっけから、打たれて死にかけている男の話から始まるから、なんじゃこらあ、と思うよなあ。
そして、それぞれの人生というか、それがあまりにも悲しすぎてね。どの作品にも、最後にどんでん返しというか、いちおうの結末があって。それがちょっと悲しい。命に結びついてしまうのがな。

表現が「翻訳小説」っぽいとさっき書いたけれど、それがニューヨークを舞台にして、アメリカ人に語らせるってことで、生かされてるかも。
ただ、最後の章で、すべての謎というか、今までの話のつじつまがあって(それは、大きな誤解によるものなのだけれど)、そういうことやったんか、ということになるんやけど。ちょっと、もうひとひねり、何かがあったらなあ、と惜しい気もする。


【人間自身 考えることに終わりなく】池田晶子(新潮社)
2007年に47歳で亡くなった哲学者(という呼び方を嫌うみたいだけれど)の、最後のエッセイ集。発表された日付を見ると、まさに最後の言葉、だったのだな。しかも最後の作品の題名が「墓碑銘」とは!
で、実は、あんまり知らないのです、この人のこと。題名がおもしろそうやったんで借りてきたのだ。奥付けの著者紹介によると、「哲学を専門用語を使わず、わかりやすい言葉で語る」ひとだったらしい。
確かに、「哲学」というより「考えること」という言葉を頻繁に使っているし。それこそが「哲学」なのだ、と言ってるし。まあ、わかりやすくはありますね。
ただ、内容はというと。ぼくとは正反対の保守的な考え方だったのだね。ときどき論理の矛盾も感じられるし、相容れない考え方に「むむむっ」と思うこともあった。ときどき「そのとおり!」と言いたくなる場面もあるけどね。
ただ、確かに言葉はわかりやすいし、なにしろはっきりとした物言いは、気持ちがいいのは確か。ま、それだけのことですけどね。

昨日と今日の晩ご飯

ああ、もうこんな時間か(^◎^;)
きのうも、日記を書いてないな。今日もこのままいったら、書けそうにないけれど、ともかく食べたものだけでも。それほどに執着してどうするのだ(^◎^;)
ま、関係各所に、こんなものを食べて元気でやってますという報告なのだ(^◎^)

まずは昨日の晩ご飯。

080617_晩ご飯


肉じゃがの中身は、鶏ミンチ。ミンチの方が火がとおりやすいと教えてもらったのだ。そして、すき焼きの素に再度挑戦。しかし・・・・こんどは控えめに控えめにと思ったのが裏目に出て、たいへん薄味にしあがりましたとさ(^◎^;)

そして今日の晩ご飯

080618_晩ご飯


昨日の残りの肉じゃがを温めなおしていただきました。その時、ちょっと薄味だったので、秘伝の「にんにくしょうゆ」をかけて、ちょっと味を濃くしてみましたら、これがなかなかいけましたわよ、奥さん(^◎^)

毎日、メニューを考えるのは大変だ。何だかんだと調味料はいっぱいあるし。そういうのを見ると、使ってみたいと思うのは、変な感覚だろうか(^◎^;)。
まだ使えてない調味料。いっぱいあります。またぶたこに使い道を聞いておこう。


今日は、野球の試合を見ながら、ちょっとLinuxの設定をいじろうとしたのだ。だが、あんまりうまくいかなかったね(^◎^;)。だいたい、Linuxの基本の基本から、あんまり分かってないのだなというのを、再認識したのだ。
今入れているLinuxのディストリビューションは「Ubuntu」なのだが、これ、初心者にもやさしい、Windowsに似た構成なのだけれど、それってつまりは、やさしすぎて、Linuxの勉強にはなりにくいということなのかも。ほんで、どうやったらアプリケーションをインストールできるのか、どうやったらファイルを読み込めるのか、だいたいファイルシステムがどうなってるのかとか。もう知らないことだらけだ。
でも、動きは快適なので、それはそれで気に入ってる。これからちょっとずつ勉強していこう。

阪神8-1楽天

勝負のあやというか(あやという漢字が分かりません(^◎^;))、そういうのは、いろんなところにあるもんですなあ。
今日の先発。阪神は上園、楽天は、意表をついてプロ初先発の片山。上園は1回を三人でぴしゃりという立ち上がり。一方の片山はといえば、これが上園に負けず劣らずの出来。いきなりの関本にホームランというのがあったけど。一回はその一本だけやったし、二回も、フォアボールは出したけど、打たれたヒットは一本だけ。しかしエラーもからんでの二失点。
やっぱりフォアボールはいけませんな。
しかしその後は、阪神の誇るクリーンアップを寄せ付けず。結局打たれたヒットはそんなに多くないでしょう。むしろ上園の方がよく打たれてた。でも失点は少なかったのだね。

投手の出来がいいから失点が少ない、とは限らないところが野球のおもしろさやね。ヒットを打たれなくても、フォアボールを出すと失点につながる。あるいは味方のエラーとか。
いや、ほんまに片山はいい投手でしたよ。これから伸びてくるのでは。末恐ろしいというか、楽しみな球団ですね、楽天は。田中、岩隈に長谷部、ドミンゴ、ほんで今日の片山でしょう。投手陣が揃ってきましたな。
そんなんで、序盤は少ないチャンスをものにしての得点。そして守りきっての一失点。ううむ、上々の出来だ。このままの展開なら、阪神の勝ちパターン(^◎^)

で、今日の見せ場は投手が交代してから(^◎^;)。連打で得点。昨日同様、小刻みな投手リレーを見せる楽天に、そうはさせじと金本のダメ押しタイムリー(^◎^)
大量リードで、最後は藤川の出番なし(^◎^;)というのが寂しいくらい。といったら言い過ぎですな。

いや、ほんまに片山と上園の投げあいがそのまま続いてたら、最後まで接戦やったかも。若い二人が見せてくれましたわ。ほんで、勝ったから余計に気持ちいい(^◎^)

明日、明後日と連休なのだね。そして交流戦最終二連戦は、日ハムと甲子園対決。連勝すれば交流戦優勝(^◎^)。ウワサでは、ダルビッシュが中継ぎで待機しているとも(^◎^;)。ほんまかいな。
「見てみたいですね、中継ぎでダルビッシュ。うほほほ」
と、解説の吉田さんはのんきなことを言うてたけど。
交流戦は、まあペナントレースに勢いをつけるぐらいで、と思ってたけど、ここまできたら! 優勝してほしい!

note_080618.jpg

阪神5-3楽天

080617_ball.jpg


高橋光信のサインボールですよ。どうだ参ったか。何せ、今日のヒーローだもんね(^◎^)
最後の最後(といっても、サヨナラじゃないけど)に、代打で登場。それまで右の代打はフォード、バルディリス、と出尽くした(いや、浅井とかもおったな(^◎^;)。忘れてた)か。それ以上に、左の代打が出尽くした。リンが出て桧山が出て・・・と、もう切り札と言えるような代打は高橋しかおれへんかったのかも。でもその期待に見事にこたえましたね。やや前進守備のレフとの頭を越えるタイムリーツーベース。

いや、今日の試合はいろいろありました。序盤から。二回表、楽天の攻撃。ツーアウト満塁で、バッターボックスは投手のドミンゴ。これで簡単にチェンジかと思いきや、意表をつくセフティ・バント(^◎^;)。本塁ホースアウトやったけど、ビックリしましたわ。
その裏には、今度は阪神がツーアウト1、2塁で、バッター下柳。これがセンター前ヒット(^◎^)。二塁ランナーがホームへ! しかし、タッチアウト(^◎^;)。まあ、センターも前進守備やったし、ランナーも矢野やったし(^◎^;)ね。

関本はタイ記録の4犠打。関本は守りでもファインプレーを連発。いや、関本に限らず、今年の阪神は守りが固いですなあ。

ええと他には・・・・。6回裏には、ワンアウトランナー二塁に鳥谷。バッター藤本のあたりはレフトフライ。ところが鳥谷がすでにスタートを切っていて、塁に戻れず。ダブルプレーに。アウトカウントを間違えたのかなあ・・・・。ツーアウトでもランナー二塁なら、次は代打、という段取りだったと思うのになあ。

そうそう、阪神の先制点は、赤星がフォアボールで出塁、関本が送りバント、赤星が三塁盗塁。で、新井の当たりがショートのエラーを誘っての1点。なんとノーヒットで1点ですよ。しぶいなあ。赤星の足で稼いだ点という感じですな。

楽天の得点も、タイムリーに犠牲フライと、しぶい取り方でしたね。お互い、渋い試合をしていたという感じです。
七回裏に、阪神が同点に追いついて、八回表はジェフ投入。今日のジェフは、何かおかしかったね。しきりにマウンドの状態を気にしていたし。最初なんか、ストライクが全然入らず、最初のバッターにストレートのフォアボールやったもんなあ。あげく、山崎にタイムリーを打たれてしまった。

ジェフが打たれたら、4連敗を覚悟しますよ。
しかし、八回裏にドラマが待ってたね。矢野がヒットで出塁すると、ここからは代打攻勢。藤本に代えてバルディリス。テレビの実況が
「今日はバルディリスの奥さんとお子さん、それにご両親も球場にこられています」
と、はりきって紹介したけれど、楽天のピッチャーが交代して、代打の代打に桧山が送られて、結局出番なし(^◎^;)。残念やったね。でもまた、明日があるさ。
その桧山がヒットでつなぐ。で、次は誰? もう、左バッターはおれへんか。と思ったら、右の代打、ここで登場高橋光信(^◎^)
で、最初の文章に戻るわけです(^◎^)
続く赤星のヒットで1、3塁。そこで赤星が盗塁、と、ピッチャーがワイルドピッチ、すかさず高橋が本塁突入、セーフッ!(^◎^)
ベンチに戻ってきた光信くん、満面の笑顔でみんなにハイタッチをしておりましたな。

んが。ここで疑問が(^◎^;)
えっと、藤本の代打に桧山。で、秀太も途中の代走で出て、もう引っ込んでいるから出られない。バルディリスも出られない。ということは? セカンドは誰が守るの? 関本しかおれへんなあ。そしたらサードは誰?
と、?マークを飛ばしつつ次の回へ。なんと新井が今季初のサードの守備に(^◎^;)。そして高橋がファーストに。
そしてそして、藤川の最後の一球は、サードフライに(^◎^;)。新井! 取れよ! 新井! ああ、ふらふらしてる(^◎^;)。右に流れる(^◎^;) なおも流れる(^◎^;) あああああああああ。
とった(^◎^;) で、ゲームセット。いやあ、最後はヒヤヒヤでした。

連敗は3でストップ。いやあ、ほんまここ一番は、強いですなあ。先発が調子悪かったら(今日の下柳はよかったけど)、打線が頑張る。ジェフが調子悪くても、野手が何とかする。なんか、ええバランスを保ってますね。ずっといい調子でいけばいいけれど、そういうわけにはいかない。ほんとに強いチームは、調子が悪いときにそれをカバーできる力のあるチーム、というのは、広沢コーチの口癖ですが(^◎^;)、今日はそれを見せた、という気がしました。しばらくは、大丈夫やね、阪神。

note_080617.jpg

暑い一日

朝から暑かったなあ。夕方になって、さらに暑くなったような気がする。もうちょっとで30度ですと。もう夏やなあ。

今日は、仕事の帰りにちょっと街角ウォッチング。帰り道です。
080616_sanpo_1.jpg

「道修町」と書いて、「どしょうまち」と読みます。知らんかったら読まれへん大阪の地名のひとつですね。
北浜という、大阪のかつての商業の中心地、といったら怒られるかなあ。いまでも証券取引所とかがあるからね。金融の中心であることは変わりないでしょう。
で、その中にあって「道修町」は薬問屋がいっぱいあったことで有名なのですね。今ではビルが立ち並ぶ町中ですが、ところどころに昔ながらの、こういう薬屋さんがあって、往時をしのばせます。
そしてビルの谷間に、忽然と神社があるのですね。
080616_sanpo_2.jpg

「スクナヒコノミコト」というのは、薬に関係あるのかなあ。あるいは金融やろか。説明文をあんまり詳しく読まなかったが。
080616_sanpo_3.jpg

すぐ近くには、こんな建物も。
080616_sanpo_4.jpg

関西では、こういう建物を「ミニ甲子園」と呼んでいます(ウソ)。

さらに歩いていくと、交差点の真ん中にでっかい木があるのです。で、陸橋がその木を跨いでいるというか、その木をなでるようにあるんですね。陸橋の上から撮ってみました。
080616_sanpo_5.jpg

080616_sanpo_6.jpg

080616_sanpo_7.jpg

下から見たら、こんな感じ。あんまり伝わらないでしょうが(^◎^;)
080616_sanpo_8.jpg


さっきのツタといい、この立派な木といい、植物の生命力はたいしたもんです。将来、動物が全滅しても植物は生き残るのではないかと思うぐらい(^◎^;)


さて、今日の晩ご飯です。
080616_晩ご飯

今日はシンプルに。ベーコンとキャベツとピーマン炒めに卵かけ。味付けに、醤油とみりんをたらしてみたのが新しいところ。みりんって、甘味が出るんですなあ。

今日の体重。
58.6kg,86cm
まあ、こんなもんでしょう。毎日歩いて、毎日よい食事。これがベスト。
そういいつつ、今日も帰りにサンディでチョコを買ってしまいましたが(^◎^;)。ガーナと明治の板チョコ。夏場は溶けやすいから、冷蔵庫に保存かな。


地震のニュースが続いています。被害の大きさがだんだん分かってくるのは、神戸の時と同じかな。山が、ほとんど元の形が無いのではないかと思うくらいに崩れている。こんな威力があるのだなあ。怖いなあ。あそこに誰かが住んでいたら、大きな住宅とかがあったら、と思うとおそろしい。まだ生き埋めになってて行方の分からない人もいる。山の中で、道路も寸断されているし、余震もあるしで、なかなか救助も進まないみたいだ。なんとか、被害が大きくならないことを願うのみ。

作りすぎた、食べ過ぎた(^◎^;)

今日の晩ご飯から
080615_晩ご飯

何かよお分からん(^◎^;)。いつものことやけど。これにはちょっと説明がいるかも。
実は昨日の夜、ぶたことチャットしていて、どういうわけか料理の話になり、
「台所に残ってる、あの調味料は使ってみたか、あの醤油は、あの酢は、それからあれを作るときにはこの調味料を使った方がおいしいで」
などと教授してくれたのだ。
で、ついついその気になりやすい僕は、それらを一度試してみようと思って。まず手始めは「すき焼き専科」というタレ。その名のとおりすき焼きに使ってよし、そのほかにも肉じゃが、丼ものにもいい味を出すという。試しに、肉じゃが。といっても肉がないので代わりにベーコンを使って。適当に鍋の中に、ジャガイモ、にんじん、ベーコンを放り込んで、すき焼き専科を入れて煮込む。しかし・・・・。分量を間違えたらしい(^◎^;)。どうも色が濃い。ともかく、煮込んでいくが、途中で味見をしたら、やっぱり濃い。まあ食べられないほどではないけれど。どちらかというと、丼のダシぐらいには濃い。そうだ、いっそ丼にしてしまおう。卵を入れて、卵丼。どうや。
というわけで、卵を加えてしばらく煮る。適当なところで切り上げて、ご飯にかけて、というのがこの右下の丼なわけ。さらにサラダにはツナを添え。ドレッシングには、これもぶたこのアドバイスにあったポン酢だしをかけてみた。これはなかなかオツなものであったよ。そしてさんまの開き。

ええと、全部を食べたらお腹いっぱい。というか、ちょっと多すぎ(^◎^;)。ちょっと苦しかった。
しかし体重は
58.8kg,86.5cm
ウェストサイズが正直に出ているが(^◎^;)


今日は午前中は教会で礼拝。考えてみたら一人で行くときは、自転車に乗っていけば楽ちんなのだな。でもなんとなく、教会までの道のりは、きれいに整備された川沿いの遊歩道を歩いていくのが気持ちいいので、やっぱり歩いていくことに。そんなに遠くはないしね。というわけで、散歩がてら教会へ。
お昼前に礼拝は終わり。お昼ご飯をどうしようか、考えたけど、もうさっさと帰ってしまおうと。帰ってから、家で何か食べようと決めた。いつもどうしようか迷うんですよね。で、つまらんものを外食してしまうのだな。どうせつまらんものなら、家でインスタントラーメン、と。

今日は野球はデーゲーム。それも1時から。ラジオの実況を聞きつつテレビの画面を見つつ。もう書いたけど、最初の方でワンサイドゲームの様相を呈してきたので、しばらくネコと一緒に昼寝。といっても寝てしまうわけでもなく。ただ体を横にして休憩って感じかな。ちょっと起きて、きのうの洗濯物をとりこむ。曇ってきたからね。ほんでまたちょっと休憩。休憩ばっかりやな。
試合の後半になって、一挙におもしろい展開になって(^◎^;)、寝てられなくなったけどね。それでもまあ、残念な結果。
惜しかったなあ、と思いつつ、晩ご飯の用意。ああ、作りすぎたのは、なにかの欲求不満の現れかもね(^◎^;)。今度から、もちょっと落ち着いて作るようにしましょう。


などと言ってるうちに、外は雨。なんか雨が多いなあ。洗濯もの、忘れずに入れておいてよかった。

ロッテ10-9阪神

惜しい試合でしたなあ。初めの方で、もうこれは今日も負けゲームかと諦めてふて寝していましたが、終盤になって俄然おもしろくなって(^◎^;)。ほんま、千葉は何が起こるか分かりませんなあ。

今季初登板、というか、プロ初登板の鶴くん。どんなピッチングをするのかと期待してたのですが。先頭バッターにヒットを打たれ、続く打者でエンドランを決められて、バタバタしているうちに点を入れられて。結局ワンアウトもとれずに降板(-◎-;)。ほろ苦いといえばあまりに苦いデビューでしたね。でも福本さんが言ってたけど、「フォアボールで勝手に崩れたわけやないから」まだまし。今日はいきなりランナーを背負ってしまって、自分のリズムで投球できなかったことが一番の敗因でしょう。どんな球を投げるのか、どんな特徴があるのか、どんな武器があるのか、分からないままに降板となってしまってほんとに残念。

初回に6失点。2回にも追加点。って、昨日とおんなじやないかい(^◎^;)。ということは・・・・。やっぱりロッテには何かあるのかなあ。ロッテって、今季パ・リーグの最下位なんですよ。楽天より、オリックスより下にいてるチームやのに、なぜか阪神にはピタッと合うんですねえ。嫌なチームや。

それでも今年の阪神はあきらめません。6回の表に3点を入れて反撃開始!
と思いきや(-◎-;)、その裏にさっそく橋本が2点をとられてしまって(-◎-;)。反撃ムードもしぼんでしまったかと思われましたが。
いや、やっぱり今年の阪神は違います。
8回表、金本と葛城のそれぞれツーランホームランで一挙に4点。なんと2点差まで詰め寄りまして。そしたらあなた、8回裏にはジェフが登板ですがな。岡田監督、勝負に出ましたな。2点差ならなんとかなるという考えか。

それに答えて、9回表、鳥谷のタイムリーと矢野の犠牲フライでついに追いつきましたがな(^◎^)\(^◎^)/
こうなったら、ほんまにこっちものもんかも。9回裏には渡辺りょうくん登板。これで延長線は決まり。もうあっさりツーアウトもとったし。
と思ったら、オーティズにフォアボール。まあ、一人ぐらい出しても大丈夫か。次のバッターでチェンジだ。で、誰? えっ? 代打にズレータ(-◎-;) そんなのがまだ残ってたの(^◎^;)

しかし、今の調子の渡辺くんなら大丈夫だわよ(なぜかオネエ言葉(^◎^;))。ほら、2球でツーストライク。あとはボール球を振らせれば三振。矢野のミットも外角低め。
と、その球が、なぜかストライクゾーンに(-◎-;)。ズレータが伸ばしたバットの先に当たって、右中間を破るヒットに。ランナーが帰ってサヨナラ負け(;◎;)

あああ、ほんまに惜しかった。勝ちたかったなあ。ここまできたら。
8回表、4点とって、さらにツーアウト満塁っていうチャンスもあったな。でも新井が、ロッテ・シコースキーのボール球を振って三振。9回表もランナー2塁まで行ったからなあ。あそこで1点入ってたら。

いやいや、たら・ればは止めておきましょう。
昨日に引き続き、救援した太陽は、今までとは見違えるようなナイスピッチングやったし。守りも固かった。守りにくい、風がどっちに吹くか分からん、なれない球場なのに、みんなよく頑張ったよ。
でも、勝ちたかったけどね(^◎^;)

note_080615.jpg

ロッテ10-6阪神

初回にいきなり2点を先制したまではよかったが・・・・
って、そしたら、よかったんは1回の表だけかい(^◎^;)ということになるけど。

千葉マリンスタジアムは、ほんまに風が強いんですね。その影響を受けるのは野手だけじゃなくて、投手もうけるんですねえ。投げた球が思ったのと違うところに行ってしまう。そんなことがあるんやねえ。どんな風やねん。
というのは、かつての日本シリーズで体験済みのはずだったんですが。
アッチソンにしてみれば、「なんでやねん?!」でしょうなあ。
判定でストライク・ボールというのはあるとしても、風の影響で投げた球が流されるなんて、経験ないでしょうからねえ。
とはいえ、9失点(9点目は阿部が打たれたホームランで、アッチソンが残したランナーが帰ってきたので)は、やっぱりいただけませんね。
ロッテの先発清水が、2回目以降立ち直ったのとは対照的やったなあ。

1回裏、あれよあれよの6失点。どこまで行くねん(^◎^;)
2回にも1点、3回にも2点。
もうええから、霧、出てこーい(^◎^;)という気分になりましたぜ。いや、実際、日本シリーズの再現かと。

しかし、選手たちは最後まであきらめへんかったみたいで、それが救いです。じわじわと得点を重ねて、そうなると日本シリーズのことは忘れて、去年の交流戦、9回に一挙9得点で逆転したゲームを思い出してね(^◎^;)。ひょっとしたら、なんて考えてしまう。現金なもんです。ファンは(^◎^;)

しかし、物事はそうそう思ったとおりには行かないもので(^◎^;)。追撃もそこまで。
あああ。せっかく鳥谷にもフォードにも一発が出たのになあ・・・・・
ま、始めのほうでとほほとなった気分を、最後のほうで盛り上げてくれたのは、感謝しますが。そうそう、こういうことが明日につながるのだよね。相手は前半の得点だけで逃げ切ったのだし。追い上げられて、大量リードやったけどちょっとはハラハラしたはず。それが明日からの試合に生きるのだ。そう信じましょう。今日は今日、明日は明日の風が吹く。えっ? また風が吹くのか(^◎^;)



今日のご飯

野球のことは置いといて(^◎^;)、まずは今日のお昼ご飯から。

080614_昼ご飯


シーチキン焼き飯であります。焼き飯づいてるなあ。特に意味はないけど。いつものようにご飯と卵をまぜて炒めて、野菜を加えて、仕上げにシーチキン。まあまあの出来ですな。
小さいころ、母親がよく「たまごご飯」を作ってくれた。バターで炒めたご飯に、卵を加えて炒めるだけのものだったが、大好きだったなあ。たぶん母は、食事の支度か他の用事かなにかで忙しいときに、「腹減った」とか言われて、手早く作れるものということで作ったんだろうと、今では思うけれど、子供の時はそれが特別なご馳走のような気がした。なにしろ僕は、鍋のそこにこびりついた(なぜかフライパンというものが、その当時は家になかったような気がする)焦げた卵も、スプーンでこそぎ落として食べるものだから、たぶんその小さな鍋は傷だらけで、他に使いようがなくなったんだろう。僕の「たまごご飯」専用鍋のようになっていた。それがまたうれしくて。自分の鍋があるってことがね。
そのうち、自分でもその「たまごご飯」を作るようになって。これはなかなか自画自賛やったなあ。子供でもできるものだったのですな。インスタントラーメン以外でできる料理があるというのは、なかなか気持ちよかった。

そういうのを思い出しながらの、この焼き飯なのでありました。

さてでは晩ご飯は。

080614_晩ご飯


さんまの開きと、何かよく分からないスープのようなみそ汁(^◎^;)。みそ汁の具は豆腐、ジャガイモ、玉ねぎ、玉子。これくらいは、何でもなくできるようになったね。ふほほ。


今日は朝から暑かった。天気がスカッといいということはなくて、ちょっと曇りぎみだったんだけど、それでよけいに蒸し暑く感じられたなあ。
でも晴れてるからってことで、洗濯。1週間に1回ですんでしまうので楽ちんやなあ。

朝ご飯に、いつもどおりトーストを食べてたら、臨時ニュース。東北地方で震度6強の地震発生。いろんな番組がふっとんで臨時番組にさし代わり。山崩れの映像やらが、どんどん飛び込んでくる。えらいこっちゃ。仙台の楽天の試合も中止になったらしい。

まだ被害の全容は発表になっていないけれど、大勢の死者が出たとか、そういうことはないみたい。でも、道路が分断されて、孤立した集落なんかがあるみたいだ。新潟県の地震を思い出すなあ。高齢者とかが多そうだから、心配です。まだ梅雨どきやからね。雨とかが降ったら大変やろなあ。


さて、ノォトの作成に取りかかろう。気乗りがせんが(-◎-;)

お休みの金曜日

午前中に、シルバーコーラスの練習があって、午後からは休みをとりました。
というわけで、一日ゆっくり。したと思う(^◎^;)
午前中の練習は、新しい曲を2曲。湯山昭の「矢車草」と、服部公一の「沈丁花のにおう道」。矢車草も沈丁花も、ちょっと季節はずれてるんだけれど、まあいい曲はいつ歌ってもいいということで。
ところが。練習に向かおうというときに、ピアニストさんから携帯にメール。電車の事故があったらしく、ちょっと遅れていますとのこと。ひえ~。新しい曲をするのに、ピアニストさんがいるといないとでは、偉い違い。なにしろ、「まずは歌って見本」というのが道順で。そんなにうまく歌えなくても、楽譜が分からない団員さんでも、まずは聞いてみて覚えてもらうということでね。で、気に入ってもらえたらなおよろし。
でも、ピアニストさんが遅れてくるとなると・・・・まずは見本、ということができないですな。アカペラでうたうのも、曲の雰囲気が今ひとつ伝わりにくいし。
で、仕方なく、というか、まあ発声も兼ねてということで、前回練習した曲のおさらいから始めました。忘れてるところもあるし(^◎^;)。前回はお休みした、という方も何人かおられるのでね。
「すぐ忘れてしまうんです」なんて、よく言わはるけれど、忘れることはどおってことはないといつも思っている。忘れても、思い出せばいいのです。全部を全部覚えてるなんて、普段の生活もあるのに、2週間に一回の練習しかない、その曲を覚えているなんて、まあ覚えているにこしたことはないけれど、忘れても、それがどうした、というようなことですわなあ。
で、前の曲をひととおりおさらいしたころ、ピアニストさん到着。やれやれ(^◎^)

今回の2曲は、そんなに簡単な曲じゃないとおもって、覚悟して練習に望んだのですが、見本の歌い方がよかったのか(まさかね(^◎^;))、みんな気に入って、そうなると「なんとしても歌いたい」という欲が出てくるというか、意欲があると、少々のハードルは越えてしまうもんやねんなあ、と改めて思いましたわ。高い音、音の跳躍(途中で1オクターブ飛ぶところがある)も、難なくクリア。ううむ。これでは曲が早くできすぎ(^◎^;)。また新しい曲を用意せなあかんやんけ。いや、もう考えてますけどね(^◎^)

みんなの歌に感心しつつ、まあ歌ってる方も気持ちよく、「ええ歌でんなあ」と言ってもらえたし。最後までは通して歌えなかったので、それは今度の課題。次の練習の目標も見えたということで、万々歳ですな。


練習後、ピアニストさんと昼食。いつもいく(ぶたこがいるときも行っていた)レストランでオムライス。普段は食べる機会がないというか、食材として使う機会がないなあと思って、貝柱のオムライスを注文。ううむ。久しぶりの外食だ。というか、ほとんどこの金曜日の午後しか外食してないよなあ。えらいわ、わし。
休みののんびりした気分で、ピアニストさんとは1時半をまわるころまでだべっていました。ピアニストさんが帰ったあと、出かけたついでに、近くにあるスーパー万代へ。今日の新聞折込チラシに、ネスレのコーヒー(エクセラ)250gが598円となっていたのだ。これは買っておかなければ。チラシには「お一人様1個限り」と書いてあったけれど、経験からいうと、実際の店頭では違っているはず(^◎^;)。というわけで行ってみたら「お一人様2個限り」となっていましたよ(^◎^)。あと、同じく特価になっている「コーヒーにブライト」を買って、さて、とひとめぐりしたら、でかいジャガイモと玉ねぎが。ジャガイモは3個で100円、玉ねぎは2個で88円。この大きさでこの安さは! というわけで、ちょっと重たくなったけど、両方買ってしまいました。切れていた紅茶のティーバックも入れて、記念写真。

080613_買い物1


じゃがいもと玉ねぎに敬意を表してもう一枚。

080613_買い物2


ネスレの瓶が小さく見えますな(^◎^;)。これが一番大きい250g瓶なんですけどね。

暑い中(今日は最高気温、29.9度ですと!)、えっちらおっちらと持って帰り(歩いて20分ぐらいかかるのです)、帰ったら3時ですがな。ちょっと休憩。脱水症状になりかけやから(勝手に自分でそう思っている)、砂糖水を作って飲んで。体を休めなければ、とちょっと昼寝。気がついたら4時(^◎^;)。
そろそろお腹も空いてくるかな(早すぎか(^◎^;))。新たな食材を求めて自転車でサンディへ。この時間帯のスーパーって空いててええなあ。レジなんか誰も並んでへんし。
お目当ての野菜ジュース(万代にも売ってたけど、重たくなりそうなので買えなかった)、ベーコン、豆腐などを買って帰る。
そうそう、お菓子も。チョコレートがあるかなあと思ったけど見当たらず。ふとアイスクリーム売り場の前で足が止まる(^◎^;)。急にアイスが欲しくなった。ぶたこの書き込みの影響か。どれがええかいな、と見ていたら、隣に立っていたおじさんが、「あれえ、これは、なんぼやな、ここには159円とかいてあるが・・・・・」と悩んではるよう。思わず、値札のところを指さして、「いや、159円はこっちで、これはこっちに書いてある値段ですよ」
「おお、そうかいな。で、これは安くはないんか?」
「どうも見たところ、159円のはほとんど売り切れみたいですねえ」
「そやなあ」
おっさんふたりでアイスの冷凍庫の前で会話してるのは、いま考えるとなかなかなもんがありますな。
あ、で、結局ぼくは誘惑に負けて(^◎^;)、スーパーカップミニとハーシーズカップを買ったのでありました。

一旦家に帰って。買ってきたものを冷蔵庫にしまい。またまたおでかけ。台所のスポンジが、きのうのカレー鍋を洗ったらもうまっ黄っ黄になってしまって、使い物にならなくなったのだ。で、それが最後のスポンジだったわけ。それと、ネコの餌がもうなくなったので、それもついでに、コーナンで買ってしまおうと思ったわけ。

コーナンも久しぶりだ。なんとなくうれしい気分になるのはなぜだろう(^◎^;)。なにも特別なものを買うわけでもないのに、ああいう日用品売り場って、むかしからワクワクするんですよね。子供のころの体験かなにかあるんかなあ。自分でも分かりませんが。
台所用スポンジは、5個入りが98円。コーナン価格であります。で、ワクワク感を楽しむために、コーナン特有の大型のショッピングカートを押しつつ、店内を一週。十分満喫したところで、ペットコーナーへ。
キャットフード、最近高くなってるんですよねえ。一時のような安売りをしていない。原材料の高騰とか、ガソリンの値上げとか(輸送費が高くつく)、いろいろ影響してるんやろなあ。で、いろいろ見て回ったけれど、これやったらいつも買ってるペットショップの方が安いわい、ということで、ここで買うのは断念。ということは。
大きなショッピングカートに、台所スポンジをポツンと入れてレジに並んだたこぶなのでした(^◎^;)。ははは

その足でペットショップに寄って、きっちりとキャッとフードを買って帰りまして。というと、もう6時ですがな。さっそく晩ご飯の用意。って、何を食べるつもりやったかなあ。というのを忘れている自分(^◎^;)
冷蔵庫の中を確認すると、昨日ちょっとだけ食べ残したカレーがある。よし、これを利用してカレーチャーハンでも作ろう。ベーコンも買ってきたことやし。
というわけで、今日の晩ご飯は、カレーチャーハン風のなにか(^◎^;)。ベーコンを焼いて、ご飯と卵を溶いたのを入れて、十分に炒めたところで野菜を入れて、手早く炒めて最後にカレーをかける。

出来上がり。
080613_晩ご飯


あ、ちなみに昨日のカレーの写真も上げとこう。
080612_晩ご飯


カレーだけでは心許ないと、キャベツのサラダもつけたんやったな。今日はこのキャベツがチャーハンの中に入ってしまっています。
味は・・・・・・ええ考えやと思った割りにはあんまりおいしくない(^◎^;)。せっかくの具材の味が、カレーで飛んでしまっている。といって、カレーの風味が生きているわけでもない。つまりは、両方で長所を消しあったような味(^◎^;)。ま、こんなこともありますわな。


晩ご飯後、しばらく休憩。部屋の片付けとかして、ぶたことチャットして、お風呂入って、こんな時間にブログを書いてます(^◎^;)

今日の体重
59.0kg,86cm
風呂上りのアイスは、こたえられんわあ(^◎^) というのが続くとどうなるか、というのを考えると・・・・・(^◎^;)
明日も休みだあ!

いろんな失敗続き

昨日、晩ご飯はカレーだったのだよ。で、まずそこで失敗があったのだ。
なにがって。まず、カレーを作る鍋は、こないだも使った厚手の鍋。いつもこれと決めているのだ。前に使って、洗ってしまってあったのを出してきて。油をひいて温まったところで具を入れてしばらく炒める。というのがカレーを作る第一段階。
だから、まず油をひいてガスにかけまして。すると、ぱちぱちっという音。しまった、と思った時には後の祭りであります。「ぱちぱちぱちっっっっ」と、ものすごい音を立てて、水柱が台所の天井に届こうかという勢いで跳ね上がります。はい、ちゃんと水気が切れていなかったのですね。それも、この状況を考えると、かなり水気が残っていたと考えられますな。いやはや、おかげで台所のレンジまわりは油まみれになってしまいました。お鍋も必要以上に温められたようで、持ち手まで熱くなって、もたれへんかったもんなあ。

そして今日。今日の失敗は、帰ってきてから気がつきました。
ご飯を炊いてない(^◎^;)
昨日の夜で冷凍保存のご飯がなくなっているのは気がついてたんやけどなあ。だからその時点では、朝になったらご飯の用意をしておこう、タイマーをかけておかないと、と思ってたんやけど。
タイマーは、野球の試合のテレビ中継だけで終わっていたのだった(^◎^;)
だから、野球の試合はきっちり録画されていた。始まるまでに帰ってきて、最初から全部見れたから、そんなん必要なかったのに。それにくらべ、帰ってからご飯を炊く用意をしたもんやから、出来上がるまでに小一時間。いやあ、お腹すいたよ~! と言っても誰も返事はしてくれないし。当たり前やけど。仕方ないので、ご飯が炊き上がるまで、つなぎでバナナを食べトマトを食べ。料理といってすることはないし。昨日のカレーを温め直すだけやからね。

そうやって、今日の晩ご飯にありついたのでした。
今日の体重
59.0kg,86.5cm

炊飯器から直接ご飯をよそうと、どうして量がいつもより多めになってしまうんでしょう(^◎^;)
もちろん、そればっかりが原因ではないでしょうけどね。それより、今日は遅刻しそうになったんで歩いてないし、帰りもなんとなく面倒くさくって歩いてないし。つまりは全然歩いてないし(^◎^;)。それで結果を求めるなよ。

西武6-3阪神

野球っていうのはほんまに面白いスポーツやなあって、つくづく思うなあ。いや、ここで哀悼の意を込めて「野球って、ほんとうにいいもんですね」というつもりはないけれど。
前にもちょっと書いたけど、結構公平なスポーツやと思うんですよね。すごいバッター、すごいピッチャーっていうのは実際いるけれど、じゃあそのバッター、ピッチャーをそろえたら、最強のチームとなって勝ち進めるか、というと、そういうわけにもいかなくって(そういうチーム、ありますね)。
それに、勝ち方もひととおりじゃない。打って打って打ちまくって勝つチームもあれば、守って守って守りぬいて勝つチームもある。そしてその両方が、面白い試合といわれる。どのチームも、敵データをいっぱいにそろえて、ああでもないこうでもないと策を練るけれど、データがすべてでもないのですな。そのときそのときの状況も加味しなければいけないし。人間のやることだから、すべてデータどおりというわけにもいかないのは当たり前。でもその当たり前がなかなか面白いのだな。奥が深いのだな。

いやあ、負けたときは、いろいろ考えられて楽しいなあ(^◎^;)
たとえば今日のゲーム。チームの色としては真逆なチームの対戦。阪神は守りのチーム。西武は打撃のチーム。西武の今季のホームランはすでに85本。ゲーム数より多いがな。しかし、三振の数も12球団トップ。加えて、得点圏打率もパ・リーグ最下位なのですね。つまりは一発で相手をしとめる。ときどき空振りもあるけれど、というチーム。対する阪神は、ホームランは12球団最低。しかし得点圏打率はリーグトップ。ここぞというときのタイムリーが生きてるんですね。

そういえば昨日も、西武はノーアウト満塁で得点でけへんかったなあ、とここまではデータどおり。しかし今日は違いましたな。1回のブラゼルのタイムリーは、無理に振らなかったバッティングやったし、2回の片岡のタイムリーも、無理やりでない当たり。そして6回には無死満塁で、押し出し、またまた片岡のタイムリーで3点。そして仕上げにおかわりくん中村の一発。

今日は若手二人の投手の投げあいだったのですね。岩田と涌井。で、見たところ、岩田のほうが調子がいいように見えてた。球の切れもスピードも。涌井はちょっと、思ったところに投げられてない様子やった。でも、阪神打線はそんな涌井を捕らえることができず、あと一歩のところで決められない。逆に西武打線は、岩田の決め球スライダーを、はかったように打ち返して得点していきましたね。
調子がいいから打たれない、調子が悪いから打たれる、という簡単な図式にならないところが、またこれ野球の面白さですなあ。


最終回、ちょっと盛り上がったものの、最後はバルディリスがたおれてゲームセット。今日はいいようにやられましたね。
ま、負けるときはこんなものでしょう。途中惜しい場面もあったけれど。そうそう何連勝もできるもんでもないし。と思って、あさってからまた、がんばってほしいなあ。



| ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。