スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50.0

昨日は歴史に残る日になるんでしょうか。なるかもしれませんね。史上初めての政権交代。小選挙区制が導入された当時から、こういうことが起こりやすくなるというのがひとつの売りでしたね。1位と2位の差がどんと開く場合があるので、第1党がひっくり返りやすい。
それでは安定性を欠く、という意見もあるようですが、政権が安定していないというのは、「政策をしっかりと執り行わないと、次にはひっくり返る可能性がある」という緊張感が政権党に生まれるということで、いままでのような、なあなあな政治はできなくなるんじゃないか、それはいいことかなと思います。なんでもかんでも安定がいいとは限りませんからね。

今回は元大臣とか現役党役員とか、ベテランの候補者が落選して、新人が多く当選しましたね。前回選挙でもいわゆる「刺客」とか言われた若手議員はいたけれど、もっと増えた感じがするなあ、ひょっとしたら、国会議員の全体の平均年齢もぐっと下がったかも、と思っていました。
思っていたとおりやったようです。前回の当選者の平均年齢は58.2歳。今回は50.0歳。
50歳!
ちょうどわたくしの歳ではないですか。

若ければいいというもんでもないでしょうけれど、年齢がいった人、長くやりすぎている人はしがらみも多いことでしょう。そういうものがない人が多くなってきた、というのはやっぱりうれしいかな。

ともかくも、新しい時代になったことは間違いなさそうですね。
スポンサーサイト

見送り

今日、ガラを見送りました。朝、市の環境事務所に電話をしました。
「飼い猫が亡くなったので、引き取りに来てください」
引き取りは午後になります。飼い猫なので2000円の負担をお願いします。これはぶーこのときに学習済み。今日は一日家にいますので、玄関のインターホンを鳴らしてください。
「では段ボールか何かの箱に入れておいて下さい」
「それが・・・・、伸びきったまま死んだもので、大きすぎて入る箱がないんです。いちおうバスタオルにくるんでその上からビニール袋をかぶせてるんですが」
「そうですか。ではこちらで適当な箱を用意していきますので」
「いいんですか。ではよろしくお願いします」

午後からやなあと思っていたら、11時過ぎに「ぴんぽ~ん」。
「ネコのことでお伺いしました」
えらい早いやん。

ガラは本棚の裏の狭い場所で、伸びきった姿勢で硬直してしまったので、長さ約90cmになっていました。こんなに大きかったのか。これがはいる箱がないので、バスタオルにくるんで、ビニール袋(大)になんとか入れていました。
痩せていたとはいえ、大きくて重い。これを玄関で待っていた係のおにいさんに手渡ししました。
前回は二人で来てましたけど、今回はひとり。前回と同じように大事そうに両手で掲げるように持って、乗ってきた軽トラの荷台に乗せてくれます。
さて2000円、と思って家の中に戻って用意していたお金を渡そうとすると、
「あ・・・、あの、飼い猫なんですね」
「はい」
「あの、こちらの手違いで、野良猫やと聞いていたので・・・・」
「え、そうなんですか」
「はい、だから今回は料金は結構です。こちらの手違いなので」
「あ、そうですか。じゃあよろしくお願いします」
はい、と返事して軽トラはガラの亡きがらを乗せて走り去っていきました。

まあ偶然とはいえ、葬儀代(?)を節約してくれるとは。死んでからも親孝行なヤツ。
どうぞ安らかに。

阪神3-1巨人

選挙ですよ、選挙。みなさん。日本の政治が変わりますよ。というときにも、野球はやっているのです。それも巨人戦ですよ。
開票速報と、ちらちらとチャンネルを替えながらもチェック。なんちゅうファンや(^◎^;)(_◎_)

こんなファンの声援にも応えてくれた40代バッテリー。そしてクリンアップ。
鳥谷が先制ホームラン\(^◎^)/
金本が中押し勝ち越しタイムリー\(^◎^)/
新井がだめ押し犠牲フライ\(^◎^)/
最後は球児が締めて快勝\(^◎^)/

開票速報にびっくりしつつ、こちらでは鳥谷、金本のお立ち台にほくほく。この二人は仲がいいのか悪いのか(^◎^;)ということは置いておいて(^◎^;)(_◎_)
チーム状態はよさそうやなあ。この調子やと、ほんまにひょっとするとひょっとするかも・・・・

今日の中継はABC朝日放送の担当。いつもより応援団のトランペットや応援歌が大きく聞こえていたのは、集音マイクの性能のおかげだろうか。あるいはいつもより気合いが入っていたのかな。とてもいい音でした。気持ちよかった。

ガラも・・・・・

ひと月ほど前から元気がなくなってきていたガラ。痩せてきたなあ、と思い始めて、でももともとが太りすぎやったから、年を取ってちょうど良くなってきているのかも、なんて思ってましたが。どうも元気がなくなってきているみたいだったので、先週獣医の先生に診てもらったら、脱水症状が進んでいますね。採血して検査してもらったけれど、血液の勢いそのものも弱っているので採血量も少なかったみたい。その場で検査してもらったら、糖尿か腎臓かというところ。だいぶ弱ってきていますね。いちおう水分補給の点滴をしてもらって、食欲が出るかもというお薬ももらってきました。
でもその後も元気は回復せず。部屋の中をときどきあっちに行ったりこっちに行ったりはするけれど、走り回ったりはしない。
ぶたこが一日一緒に居たこともあったけれど、水も飲まずえさも食べずだったらしい。

昨日の夜。姿が見えないなあと思って部屋中を探したら、窓際の本棚の裏に寝そべっていました。そこは、知らないお客さんが来たらいつも逃げ込んでいる場所でした。そこが人目につかなくて、一番安心できる場所やったんかなあ。

甘えたのくせに人見知りで恐がりで。ちょっとおとぼけで、飼っていた3匹のうちでもいちばんの引っ込み思案。オスだったけど気弱。小さなぶーこにいつも組み敷かれてましたね。

長い間、楽しい生活をありがとう(_◎_)

060628_01_gara.jpg
060630_02_gara.jpg
060808_05_gara.jpg

阪神5-7巨人

先制され、追いついたら追い越され、追いつこうとしたらまた離され・・・・とまあ、もうひと息もうひと息という試合でしたね。
阿部くん(阪神の)。前の登板はとてもよかったのになあ。今日は序盤から球が高めに浮いてましたね。高めの球は飛んでいきやすい。打ちやすいんでしょうなあ。
対するグライシンガーも、いつものグライシンガーほどの出来ではなかったですね。こちらも球が高め。しかもボールの威力があまりなさそう。時々キャッチャーの構えと違うところにボールが行ったりして。
というわけで、早くに攻略してたら違う展開になってたかなあ。あと、満塁とか2,3塁とかのチャンスであと一本がねえ・・・・

グライシンガーの調子が今ひとつやっただけに、ちょっと惜しい負けやったかな。でも最後まで諦めずに、1点ずつでも取り返していったあたりは、前半戦には見られなかった粘りを見せてくれて、最後まで見応えがありましたね。できれば勝ちたかったですが(^◎^;)(_◎_)

明日で8月の試合も終わり。最後はびしっと締めてくれたら、と思いますね。まだまだ期待できる位置にいてるわけやし。

阪神5-1巨人

ジャイアンツ相手に勝とうと思ったら、ちょっとしたミスも許されません。ダブルプレーが取れる時はきっちりととらなければ。フォアボールなんてもってのほか。内野安打? あきませ~ん!
というのが続くときっちり得点になるのだな、ジャイアンツは。さすがに首位のチーム。
ただ、今日はちょっと調子に乗っていたというか、浮き足立っていたというか。2位中日に3連勝したすぐ後やったからかなあ。ランナーが牽制タッチアウトとか、ダブルスチールを読まれてランナーアウトとか。
そう、4回表、無死1,3塁でダブルプレー崩れでの1失点に抑えたのが後々まで生きましたね。

5回ウラ。1死1,3塁で狩野は初球スクイズ。しかしこれがファウルになって、あ~あな展開。しかし、次の球を振り抜いたらこれがスタンドへ。逆転のスリーラン\(^◎^)/
ほんま、野球は何があるか分かりませんな(^◎^;)
続く6回には鳥谷のタイムリーで、1塁ランナー大和が一気にホームイン。7回には無死3塁で代打桧山がキャッチャーフライ。これで攻撃も終わりかと思ったら、続く代打高橋光信がしぶとくタイムリー\(^◎^)/

なんか、うまくいく時はこんなもんですね(^◎^)

セーブはつかないけれど、最後は藤川が締めてくれました。やっぱり甲子園で、リードしてたら最後は藤川。4点差でも5点差でも出てきてほしいですね。登板数もいつもの年より少ないし。

前監督の岡田彰布さんは、後半戦が始まる前に、
「8月中に借金をゼロにしたら、まだまだ可能性はありますよ」
と言うてはりました。8月中にゼロにはならなかったけれど、今の調子を続けていけば、もうひとつ上をねらえますね。もちろん狙ってるんでしょうけど。

秋の楽しみができてきました(^◎^)

横浜4-1阪神

手に汗握る投手戦でした。途中までは・・・・(_◎_)
7回裏。ヒットとフォアボールで2死満塁のピンチ。そしてツースリーから久保が投げた球はわずかにはずれて押し出しフォアボール(_◎_)
我慢に我慢を重ねた横浜三浦、阪神久保の両投手の辛抱合戦は、久保が辛抱しきれなくなったというところですか。
リリーフした江草も、クサいところをつこうとしてフォアボール、四球、フォアボール。結局この回の押し出し4点が決勝点になってしまいましたね。

見応えがあったんだかどうなんだか・・・・。

両チームとも、タイムリーもなく。まあ投手戦というのはこういうものかもしれませんが。
ほんま、辛抱し尽くした方が勝ち、という今日のゲームでした。その点では三浦に一日の長があり、というところでしょうか。

それにしても。あとアウトひとつ、というのが遠かったなあ。

あいまいさ・大げささ

きのう「どの靴ももう10年以上、いや15年以上は履いている」と書いたら、ぶたこが「こんな風に書くと、15年も新しい靴を買っていないように見えるではないか」と言われました。確かに。
書いている時はすり減った靴のことしか頭にないので、その勢いで「どの靴も」なんて書いてしまってるんですね。古い靴はあるけれど新しい靴もあるわけだから、よく考えればこんなことを書くはずはないのですが。調子に乗って書いてしまった、というところでしょうか。

選挙が近づいているので、毎日の新聞の記事も分量が増えているような気がします。実際はあまり変わりなくて、普段自分の読んでいるのが少ない、つまり普段はあんまり気をつけて読んでいない、読み飛ばしているだけなんでしょうけれど。面白そうな記事が毎日載っているので、いつもよりじっくり読んでいます。特にこの選挙にどんな期待をするかとかしないかとかいう、個人の投稿やインタビューは気になります。それは自分の考えに自信がないからかもしれません。ちょっと情けない話ですね。自分の生き方なり政治に対する考え方なりの方向性がはっきりしていたら、記事を読むより誰か候補者の運動員になってるかもしれませんが。

選挙のことは気になるんですけど、各政党のマニフェストは、実はあんまり知らないというか、ほとんど読んだことがないんです。全く、かな。なんとなくこういう方向だろうなあ、というのはテレビや新聞の解説記事からの情報です。それで判断するのもどうかという気もしますが、すべての政党のマニフェストをじっくり比較検討するなんて、至難の業です。時間もかかるだろうし。最近老眼が進んできていて、字を読むのも若い頃より時間がかかってます。新聞の記事もそうだし、先日配られてきた選挙公報も、どうしてこんなに細かい字で書くのか、と思うくらい。言いたいことがいっぱいあるねんやろなあとも思うけれど、実はじっくり読んでもらいたくないことでも書いているのでは、とひねくれ根性を発揮して見てしまうこともあります。

そんなわけで、それぞれの政党の主張は、結局マスコミを通じて報道されること以上のことはなくなってしまっています。どこもいいことを並べるのは、かつての選挙公約と同様。マニフェスト、という言葉だけがどこか表面を飾っているだけのような印象です。結局、いろんなことが新しくなっているように見えて、実態は古いままなのかなあ。
でも、投票に行かないことには、何も変わらないですね。

あ、始めは「人間の記憶はあいまいなものです」という話に落ち着こうと思って書き始めたのになあ。こういうのも、勢い余って、ということなんだろうか。

くつ

おとといに続いて昨日も歩きました。二駅。涼しくなってきたので、ついに昨日から長袖シャツです。日射しが強いけど風が涼しい。こういう時は長袖シャツですね。日焼けしないので身体も楽。なはずなのですが、歩き疲れるのは関係ないみたいで。ちょっと足にきます。それも慣れれば大丈夫になるのかなあ。
といいつつ、今日は遅刻しそうになったので電車で通勤。
なんとなく足裏の状態がおかしいような気が。靴の裏を見てみると、かなりすり減っていました。すり減っているはかかとの、端っこの部分ではなく、まん中のあたり。どうしてこんなところがすり減るんでしょうか。周りは形が残っているのに、まん中がすり減って、ちょっとしたすり鉢状態です。
そういえば。先日久々の舞台、コーラスの本番があったのですが、リハーサルの途中で舞台袖に引っ込んだ時に、何かを踏んづけたんです。何だろうと思って足の裏を見たら、同じように靴のかかとのまん中の部分がぽろりと取れて落ちてきました。靴の裏にはぽっかりと穴が開いた状態です。
どういう加減で、そんなところが崩れてしまうんでしょう。かかとの端っこだったら、歩く時にすり減るというのは分かるのですが。
知らないうちにどこかでかかとを擦りつけているのか。いや覚えがないなあ。まあ、あんまりすり減りそうにないところだから、もともと頑丈に作っていないというのはあるかもしれませんね。そういえばどの靴ももう10年以上、いや15年以上は履いているかなあ。長い間ご苦労様でした。

横浜3-4阪神(25日) 横浜3-9阪神(26日)

今日は夜、合唱団の練習があったので、試合を見れなかったのです。練習を休んでいたぶたこが、帰った途端に「えっへっへっへっ」と笑っていたので、結果は分かったのですが。
ブラゼルが1イニング2ホームランですか! しかも1本目を打った時にベイビー誕生\(^◎^)/
2本目はその御祝いの一発ですな。
打者12人で9得点。いやあ、さぞかし面白かったでしょう。

昨日は、棚からぼた餅というか、頂いたような勝利だったので、今日はどうかなあと思ってたんです。昨日の先発寺原は、今まで見たことがないくらいに調子よかったし。でもコーナーを狙った球がことごとくボール判定になって、プッツンしてしまったかな(古っ)。審判を味方につけた勝利かなとも思いました。
ボーンヘッドも多かったし。アウトカウントを間違えた平野のプレーとか、ライトオーバーの当たりで戻ってこれなかった赤星とか。
ほんまに、負けててもおかしくない展開でしたからね。勝ててよかった。

でも、今日のはどうやら本物らしいですね。たたみかけるような攻撃、というんですか。一気に行ってしまったようですね。安打数を見ると10安打と11安打。そんなに変わらないのに。やはり集中打というのは怖い。って、勝ったからええんですけど。

この調子で同一カード3連勝、といきたいですね。横浜には悪いけど(^◎^;)(_◎_)

歩くこと

めっきり涼しくなってきました。めっきり、という言い方が合っているのかどうかはおいといて、ともかく今朝は涼しい風が吹いていて、さわやかな朝でした。
久しぶりに、出勤する時に地下鉄に乗らず、二駅分を歩いてみました。夏場の暑い時は、さすがに歩く気分ではなかったのです。地下の通路を歩いてさえ汗が噴き出てくる状況では、一刻も早く冷房の効いた電車に乗りたいと思ってしまうのです。そんなときに限って弱冷車に乗ってしまったりするのですが。
今朝はとても爽やかな風が朝から吹いていて、うっかりすると寝冷えしそうなくらいでした。ひょっとしたら歩いたら爽やかな気分になるかも・・・・そう思い立ったわけです。

二駅ウォーク、何ヶ月ぶりかなあ。2ヶ月ぐらいは歩いてなかったかも。久しぶりに歩くと、道の景色も微妙に変わっています。といっても、前の景色をしっかり覚えているわけでもないのですが。ビルがなくなっている、とかだったら分かるけれど、ここの街路樹はこんな木だったかなあとか、あれ、前は工事中だったかなとか、細かいところは分かりません。新しくできた店、閉まった店、よく分からないけれど、新陳代謝のあるのが生きている街なんでしょう。街は生きているなあと思います。

途中で中之島を通ります。今大阪では「水都大阪2009」とかいうイベントをしていて、中之島公園はいろんな飾り付けがしてあります。ふと見ると、川岸もきれいに整備されていて、以前はコンクリートの汀が波に洗われていたのに、きれいな船着き場になっていました。
以前はその汀に、大小のカメが甲羅干しをしていました。川がきれいになるのはいいけれど、あのカメたちはどこに行ったのかなあと、ちょっと心配になりました。まあ、人間より生命力の強そうなカメたちのことですから(カメは万年と言いますからね)、どこかでしたたかに生きていると信じているのですが。

街を歩くと、いろんなことが目に入り、いろんなことを考えます。

マラソン中継

野球中継の合間に、世界陸上の女子マラソンを見ていました。
レースは終盤まで3人(日本、中国、エチオピアの各選手)がだんご状態。日本選手が1位になるか、あ、2位になった、とハラハラする展開。見応えがありました。

が。

40キロを過ぎたところで中国選手(白雪)がスパート。日本選手(尾崎)が離されていく。がんばれ! と思わず画面の前で応援。
と。
画面は日本選手の顔アップ。
おい。
中国選手との差はどうなってんねん。
実況アナは「現在2位! 現在2位!」と叫び続ける。どれだけ離れているのか。画面からも実況からもうかがえない。

差が分かるからこそ、応援もできるし、ハラハラもあると思うのになあ。肝心なところで、カメラワークの稚拙さというか、アホさが出てしまった感じ。

結局尾崎は2位でゴール。よく頑張った。よくやった。えらかった。素晴らしい。と思う。
その一方。この放送は何なんだ。
結局、競技を伝える、競技内容を伝えるという感覚はないのかも。ただ日本人選手を応援する、それだけの番組(中継でもない)なのかも。

なんだかなあ。この局のやり方って、どうにも好きになられへんなあ。新聞の番組欄も「男子100メートル」とかだけ書いてあって、予選か決勝か分からん。ぶたこに聞くと「決勝の時だけ「決勝」と書いてあって、そのほかは予選やねんで」
そんなん、ぱっと見ただけでは分からんやん。だいたいサブタイトルに「王者対決」とか書いてあるんやで、予選やのに。

なんとなく、コマーシャリズムが前面に出ていて、がくっとくるのです。選手たちには罪はない。みんな一生懸命、何ものにもとらわれずに頑張ってはるから、余計にね。

ぶたこぶのコレ書いて~おばちゃん

「おばちゃん」と聞いてまず思い出すのは、「おばちゃんのブルース」です。笑福亭仁鶴さんの大ヒット曲。ローカルヒットやったかもしれんけど。当時出演していた「ヤング・オー!オー!」でよく歌ってはりました。当時、仁鶴さんはいろんな番組の司会とかでも引っ張りだこで、絶大な人気を(関西では)誇っていたので、大ヒットもありかも、という気がします。今聞いても、なかなか泣かせる曲です。
当時子供だった僕も、この曲を聴いて「世の中には見えないところで頑張って働いているおばちゃんがいっぱいいてるんや」と教えられた思いがあります。そういう人たちに支えられて、世の中は動いている。その思いは今につながっています。ちょっと気取った言い方やけど。

一般に「大阪のおばちゃん」というと、元気があってどぎつくてがめつくて、生命力にあふれていて、声が大きくてうるさくて、がめつい、ずうずうしい、なれなれしい、etc. と言われるけれど、全部が全部そんな人ばかりではありません。だいたい「大阪の」でくくってしまうのもどうかと思うし。よく言われるのが「大阪では電車に乗る時に、降りる人を待たないで乗り込む」というのがあるけれど、僕の経験から言うと東京でもドアが開いた途端に乗ってくる人が結構います。地域性というのはあるかもしれないけれど、それでくくられるのはどうかなあ。
話がそれそうになるけれど、まあ百歩譲って(50歩ぐらいでいいかもしれないけれど)、大阪のおばちゃんは上記に挙げたような人ばかりではありません。
遠慮深い人は遠慮深いし、静かにしゃべる人も結構います。ただ、そういう人は人前で目立たないので分からないだけ。大声でしゃべる人は人前で目立つし、そういうひとのしゃべってる内容はたいがいが面白いものやし。あ、しゃべってることが面白いというのは、あるかもしれないなあ。どこかで話の落ちをつけないと気が済まないところはあります。確かに。でもこれはおばちゃんに限らず、大阪人の特性でもあるけどね。

となると、「大阪のおばちゃん」とはなんぞや、ということになって、ますます難しいことになりますね。弱ったな。話題を変えよう。

「おばちゃん」と呼ぶ時は、たいがいの場合は親しみを込めた響きがありますな。これと対照的なのは「おばはん」。こちらはちょっと剣があるというか、いやなやつを呼ぶ時の呼び方ですな。
「ちょっと、おばちゃん」というと、柔らかく呼びかけるような響きがあるけれど、「ちょっと、おばはん」と言うと「そこ、どいてんか」と続けてしまうような、ややけんか腰ともいえる響きになってしまいます。まあ、「おばはん」と言うことはほとんどありませんが。ときどき「おばちゃん」と言いつつ後者の響きになる時もあるので、要注意。何を注意するんだか。

ぶたこの話に出てきた番組の、ふたりぐみのおばちゃんは、ほんまにパワフルで頼りになりそうな人たちでした。そうそう、大阪のおばちゃんのもうひとつの特徴は、「誰にも臆することがない」つまり誰に対してもヘイコラしないし、かといってえらそうにもしない、つまりは誰とでも対等になるってところかなあ。この番組の二人組の最大の共通項ではなかったかしらん。「人なつっこい」というのと通じるところがあるねんけど。誰とでも普通にしゃべる。
自身が「おばちゃん」であることを理解すると、自分より若い子は「にいちゃん」「ねえちゃん」であり、同年輩なら「奥さん」であったり「あんた」であったりするし、自分より年配なら「おとうさん」「おかあさん」であったりする。もちろん血のつながりなんか関係ない。おばちゃんにとっては「人類みなきょうだい家族」なのですな。

これは強い。なにより家族であるからして、同じ家族の利益を考えないわけはない。家族であるからして、家族の安全を第一に考えて当然である。家族であるからして、守ってもらって当然である。

そういう「家族の一員」であることを、おばちゃんのまわりの人間は認識しないといけません。そしてその家族の要には、きっちりとおばちゃん自身が座っているのでありますな。
というわけで、誰もおばちゃんには逆らえないわけです。逆らってはいけないのです。おばちゃんが3人、横並びで道をふさいで歩いていたとしても、迷惑がってはいけないのです。そこは「家族であるみんなが使う道を、家族の一員であるおばちゃんが通っている」だけなので、それをどうこう言う権利は誰にもないのです。歩道を全速力でママチャリで駆け抜けていっても、迷惑がってはいけないのです。道を譲るのが家族の一員の正しいありかたです。

だんだん卑屈になってくる自分が、哀れに思えてくるのでこのへんで。
では次のお題にいきましょう。
わたくしが「おばちゃん」と並んで、この世の最強生物と思っている(おばちゃんと覇権を争ってるに違いない。われわれ男子の知らない世界で)、「女子高生」です。

ぶたこ、コレ書いて~(^◎^)

阪神8-2広島

今日はイエロー&イエローとかで、先着3万名(!)にイエローTシャツが配られて、球場中が真っ黄色(とまではいかなかったけれど)になってましたね。そのなかでの試合。負けられませんねえ。
と言ってる間に、栗原にツーラン(^◎^;)。いきなりですか。
その裏に1点返すも、あいて先発今井に手を焼き続ける阪神打線。
しかし、7回裏に投手が交代すると、それまでのうっぷんを晴らすかのような集中打(^◎^)
満塁から、代打桧山が押し出し四球。さらに平野が2点タイムリー。さらに浅井も2点タイムリー\(^◎^)/
とどめは8回裏の矢野のツーランホームラン\(^◎^)/

お立ち台は元同級生の平野、浅井がイエローTシャツを着て答えてましたね。しかし・・・ぶたこが矢野のファンやから言うわけじゃないですけど、今日のほんまのヒーローは矢野じゃないですかね。
初回にホームランを浴びたけれど、そのあと0点で抑えたのは、捕手のリードがあったからやと思うしね。だめ押しのホームランも効果的やったし。猛打賞も(^◎^)
あと、筒井はやっぱりリリーフが似合うね(^◎^;)

阪神2-1広島

誰が先発するんやろうと思ったら、阿部でしたな。びつくり。まあ、筒井よりかはましやろう(^◎^;)と思ったですが。
マシどころか。6回までで1失点やったら、十分合格点やないですか。これからも先発にまわるんかいな。ローテーションにはいるのか。ま、これからでしょうが。

それにしても打てん。序盤の大竹はコントロールもあいまいで、チャンスはいっぱいあったのになあ。

と、序盤を見終わったところで、町内会の地蔵盆の用意(^◎^;)。お地蔵さんは大事です。テントを立てたり提灯をつるしたり。

準備が終わって家に帰ったら、もう試合は終わっていたよ。さて、どっちが勝ったのかな・・・・。ネットで確かめる。

おおおー! サヨナラ勝ちですか! 桧山ですかっ!\(^◎^)/
桜井が同点ホームラン\(^◎^)/

いやあ、リアルタイムで見たかったなあ。桧山、やっぱり頼りになりますな。
昨日の負けでがっくりきてたけど、これでちょっとすっきりかな。
さて、スポーツニュースで、感動の瞬間をチェックしなければ・・・・

阪神0-9広島

いわゆる、ワンサイドゲーム、ですな。こちとら、4安打ですか。打てない。それより、2回の能見ですがな。不運な内野安打もあったけど、フォアボールフォアボールに、押し出しデッドボールでは、どうしようもありませんな。岩田くんもそうだけど、ドーム球場だとスライダーが右バッターに当たりやすくなるのかなあ。そのあとの嶋の犠牲フライまではまだよかったけど、そのあとのタイムリー2発は余分やったなあ。抑えなあかんと力んだかなあ。そんなに気を使わんでもええのに。借金も二桁あんねんから。

序盤で、というか2回で7失点。それでちょっとずつでも反撃を、と思ったけど、あとは淡泊な攻撃でしたねえ。ううむ。渡辺くんも一発を浴びるし。金村が敗戦処理ですか。どうなんかなあ。

昨日の裏返しのような試合。ま、負ける時はこんなものですかねえ。さて、明日の先発は誰なんでしょう。

ヤクルト2-10阪神

拙攻、拙守。やられたらやり返す。やってしまったら、今度は相手チームがやってくれる(^◎^;)
2回表は四球、四球、エラー、エラーで、ノーヒットで2得点(^◎^;)
これで終わってたらまだましやったけど、続く浅井がよくタイムリーを打ってくれましたね。

3回表はいきなりの2者連続アーチに始まって、最後もまたまた浅井の今度はスリーランで、ほぼ試合の流れは決まってしまいました。

それにしても。
一場くんは、どうなんでしょう。鳴り物入りでプロに入ったけれど(いろんな「鳴り物」がありましたが)、記憶に残るようなピッチングがないですなあ。って、そんなにまじめに見たことないけど。ずっとパ・リーグやったし。今日見る限りでは、コントロールがままならず、甘く入ったところをガツン、という繰り返し。なんでもっと早くに交代しなかったのかね、ヤクルトは。
ま、相手投手のことを心配してもしかたありませんが。

赤星、ブラゼルの欠場でどうなるかと心配していたんですが、代役の浅井の活躍で快勝\(^◎^)/
この調子で、これからもセ・リーグ野球を楽しませてほしいもんです。

消えた迷惑メール

Gmailの迷惑メールフォルダが、日に日にふくらんで、今朝の時点で2500に届きそうになっていた。
どこまでたまっていくのだろうと思っていたけれど。今日お昼に開いてみたら、一挙に715に減っていたのだよ、明智くん。
「30日で削除」から、ほぼ2ヶ月遅れであるな。ともかく、放っておいてもいつかは削除されるということがわかっただけでもよしとしよう。

今、タイトルを読み直してみて、何気なくつけたタイトルやけど、2時間ドラマの題名になりそうやな。「消えた」というのが入っただけで、それらしくなるとも言えるけど。
「消えた救急車」「消えたぼくの記憶」「消えた街角のポスト」「消えた預金通帳」「消えたおじさん」「消えたおばさん」「消えた母方のおじいさん」「消えたまたいとこ」etc.

ヤクルト4-2阪神

合唱団の練習で、試合は見ていないです。
帰ってきて結果を見て・・・・・がっくり(_◎_)

11安打で2得点かあ。「あと一本」ですね、また。
岩田くんは頑張ったみたいやね。ともかく完投で、リリーフ陣は休めたみたいやから、明日からの戦いがやりやすくなる、と考えましょう。

ブラゼルが早々に交代したらしいなあ。何かあったのかなあ。大丈夫かなあ。
まあ、昨日はあいての拙攻に助けられた感もあったから、これでおあいこやね。
明日こそ。ですな。

ヤクルト1-4阪神

勝ちましたな。連勝ですな。なんにせよ、勝つのはよろし(^◎^)
とはいえ・・・・
ブラゼルの勝ち越しタイムリー以外は、すべてソロホームランですか。うむむ。
なんとなく、勢いで勝ったというか、勝たせてもらったという気もしますな。

2回表、新井のホームランで先制したのはいいけれど、その裏に安藤が、いつものごとく先頭打者にフォアボール。リードすると守りになるというか、勢いがいっそうなくなってしまうのですなあ。さらにブラゼルのエラーにデッドボールで無死満塁。そして押し出しフォアボール。無安打で1点献上、同点に(_◎_)
そのあと0点に抑えられたのは、ヤクルトの拙攻のおかげ。安藤くん、なんとか勝ち星はもらったけれど、あんまりぴりっとしなかったねえ。相変わらずかなあ。

攻める方も、チャンスは何回もあったのになあ。結局は一発だけの得点とはなあ。まあ、新井も桜井もブラゼルも、どの一発もとても効果的やったけどね。金本の盗塁もかっこよかった(^◎^)

まあともかくも、勝ちは勝ちです。ちょっとずつでも借金を減らしていきましょう。

お昼休みの金券ショップ

先日の広島旅行。青春18切符で行ったんだが、5回回数券の4回までを使ったわけ。二人で往復だから2×2=4。1回分余っている。
これは1回分でも、金券ショップに持っていったら買い取ってくれる。というわけで、会社の昼休みに近所の金券ショップに買い取ってもらうことにしたのだ。

ネットで近所の金券ショップを検索。何軒かあるなあ。どこでもいいや。昼休みに外に出る。
毎昼休み、お昼ご飯はビルの地下にあるコンビニでおにぎりとかお弁当とかを買っている。外に出るのはめんどくさいし。暑いし。だから昼間に外に出るのは久しぶり。ほとんど例がない。何年ぶりか。
外に出たら、暑い。空気が暑い。暑っと思ってため息をつくと、ついたため息の分だけ息を吸い込むことになり、すると吸い込んだ空気が暑いので、肺のなかにお湯がはいってくるみたいだった。ちょっと大げさですけど。でも空気が暑いというのはこういうことやったなと思い出した。昼間に外に出るとはこういうことなのだ。

当初は何軒かショップを見て回ろうと思っていたが、そんな根性はビルの自動ドアが開いた途端に雲散霧散していった。もともと根性の「こ」の字もない人間なのだ。ともかく歩いてこの辺にあったはず、と思っていたところには金券ショップが見あたらず。はららららあ。
仕方なくしばらく歩くと、商業ビルが。ああ、この中にもあるとあったなあ。ともかくビルの中に入ればクーラーも利いているはず。ぜいぜいと息をつきながら陽炎が立ち上るアスファルトの道を「くーらーくらー」とつぶやきながら前進前進。大げさです。ともかくビルに入ったところに、都合よく金券ショップ発見。

ぶたこがビニールの袋にいて渡してくれた青春18切符を差し出し、カウンターのおねえさんに「これ、買い取ってもらえますか」と訊くと、「何回残ってますか」というので「残り1回なんですけど」。するとおねえさんが後ろに立っていたおにいさんに「青春18切符の買い取りはいくらですか」と訊いている。するとおにいさんは、その後ろのアコーディオンカーテンに首だけ突っ込んで「青春18切符のかいとりなんですけど」と訊いている。伝言ゲームだ。「あと何回」とカーテンの裏からの声。「あと何回」とおにいさん。「1回です」とおねえさん。「1回です」とおにいさん。カーテンの後ろでごにょごにょ。「2000円です」とおにいさん。「2000円です」とおねえさん。聞こえてるって。伝言ゲーム終わり。めでたく2000円ゲット。ビニールの袋ごとおねえさんに渡す。住所氏名を書いてしばらく待っていると、2000円と、切符を入れていたビニール袋が戻ってきた。「あの、これ入ってたので・・・・」。ビニール袋の中には1円玉。こりゃどうも。どこかで1円玉をいれたままだったのね。

ミッション完了です、局長。ビルの外へ。ううっ、暑さが増しているような気がする。そして昼休みなので、お昼を食べに行くサラリーマンでごった返している。出勤時にもサラリーマンたちはいっぱい居てるのだが、お昼休みの決定的な違いは、お昼に出てくる時には社内の雰囲気を引きずっていることだ。路上が自分たちのフロアだと勘違いしている。だから道いっぱいに広がってべらべらとしゃべりながら歩いている。じゃま。めいわく。暑い。もう昼休みに外出はしたくない。

迷惑メール

プライベートなメールには(会社で使っているメールじゃないということ)、グーグル提供のGmailを使っている。サーバーの容量が7GBと大容量なので(しかも無料。タダより安いものはない)、「サーバーが満杯になってメールが受け取れない」というようなトホホな状態にはなかなかならない。
アドレスや本文の内容から(たぶん)メールの振り分けもしてくれて、スパムメールは自動的に「迷惑メール」フォルダにおさまっていく。迷惑メールフォルダに行ったメールは30日経ったら自動的に削除されるのだよ、フィリップス君(古っ)。

ところが。
迷惑メールフォルダのファイルが、いつまで経っても削除されないのだよ、フィリップス君。
今調べたら、一番古いメールは5月12日。つまり、丸3ヶ月以上も自動削除されずに残ったままなのだ。ひえ~。どうしてくれるんですか局長!
たまりにたまった迷惑メールは、本日(8月18日午前0時時点)で2330通。たまりませんなあ。たまりすぎてたまりません。

全部一気に削除したろか、とも思ったけど、ええい!ままよ! こうなったらどこまでため込んでやがるのか、最後までつきあってやるぜ。最後ってなんやねん。まだ6GBぐらい余ってるんですけど。

巨人2-5阪神

今日はテレビ中継は3時から2時間だけ。その上、頼みの綱のラジオ中継はナシ。なんでやねーん! と叫びたくなるよ。タイガース戦はすべて中継という建前のABC朝日放送やけど、今は高校野球の季節なので、デーゲームの中継はできないんですよねえ。うううむ。

でも、今日はなんとかテレビ中継してほしかったなあ。まあ、試合が濃すぎて、2時間でちょうどいいとも言えるけど。そんな余裕のコメントも勝ったからこそ言えることやけどね(^◎^;)

タイガースの選手、溌剌としてたわ。鳥谷のタイムリー、ブラゼルの一発(以上VTR)、赤星のファインプレー(同点ホームランやと思ったよ)、鳥谷のファインプレー(うまくなった!)、平野のファインプレー(ジャンプスロー)、新井のヘッドスライディング(足から滑り込めばいい、とも思うけど・・・・)
矢野のリードも光ってた。8回表1死2,3塁で敬遠されたのは、何かのオーラがあったからか。続く代打の代打高橋光信も、よく打ったよなあ。あれがなかったら無死2,3塁が水の泡やったもんなあ。

というところでテレビ中継終わり。ラジオもないのでネットの試合速報に一喜一憂。8回から藤川投入やったんですね。攻めの姿勢やね。2イニング無失点で試合終了。

とても気持ちのいい勝ち方でした(^◎^)
相手のエラーに乗じての得点。こちらはがっちり守り抜く。リードしてチャンスとなると、代打の投入。リリーフの投手が踏ん張って最後は藤川。少々の計算違いが起こっても取り戻す。桧山が凡退しても高橋がいるさ。葛城も待機してるし。代打出されたけど。藤川だって2イニング投げちゃうよ。しっかり抑えるよ。

明日は休み。次は神宮か。ということは東京逗留? ま、ゆっくり休んでください。

ぶたこぶのコレ書いて~あんこ

大好物です、あんこ。あんこには「こしあん」と「つぶあん」があるけれど、どちらかというと「つぶあん」が好きです。人によってはあのつぶつぶが苦手という人もいるらしいですが、あのつぶにはあんこのエキスというか、あんこの元がぎっしりつまっているようなイメージがあって(そんなことはないのだろうけれど)、とても好きです。

大阪であんこというと「回転焼き」と「おはぎ」ですな。回転焼きというのは関西弁かなあ。関東地方では今川焼きともいうらしい。というのは子供のころ読んだマンガで知った。
近所の商店街には回転焼きやさんがあって、よくおやつというかお土産に(近所の商店街のお土産というのもおかしいけれど)買ってもらったなあ。同じ店では、夏場になるとアイスコーヒーも売っていて、店先でガラスのコップになみなみとつがれたのが出てきてその場で飲むんだけど、これが関西風に言うと「キンキンに」冷えていて、とてもおいしかった。

大阪には「御座候」という(大阪じゃないかも。本店は姫路らしい)回転焼きの老舗があって、時々買います。(今調べたら、「回転焼き」という言い方はしないのですね。商品名は「御座候」なのですと)
昔、商店街で買ったのと比べると、断然皮が薄いですね。商店街の回転焼きは皮(生地というのかなあ)がとても分厚かった。まあ、生地も含めて「回転焼き」ということなんでしょうけど。食べる方の目的は何といっても中のあんこなので、やはり皮は薄い方がよろしい。書きながら唾がわいてくるわい。

「泳げたい焼き君」という歌があったけど、たい焼きは子供のころは一般的ではなかったなあ。テレビドラマで見るくらいで。たい焼きの中身があんこだというのも、ずっとあとで知ったかなあ。

あんこのもう一つの代表、おはぎですが、これが彼岸の食べ物だという印象はあんまりないなあ。まあ子供のころは、年の行事にそもそもあんまり興味がなかったということもあるけど。

そういえば、子供のころは家であんこを作っていたなあ。小豆を炊いて。詳しい作り方は知らないけれど、鍋に一杯の小豆を炊いていた覚えがある。それで時々、火にかけているのを忘れて焦がしてしまったり。そんなこともあったような。少々焦げてもかまわずにそれであんこを作って。そしたら、やや苦みのあるあんこができたりしてね。
記憶違いかもしれないけれど、やや焦げのついたあんこを食べた覚えがある。家であんこを作るというのは一般的だったのだろうか。それが彼岸の習慣だったのだろうか。

あんこそのものじゃないけれど、今だったらアイスクリームの「あずきバー」。なぜだかアイスクリームの中で、一番冷たいような気がする。あずきの力なのか。あんこの力なのか。硬くて冷たくて、というのは昔からあずきバーが一番だった。ときどき歯が立たないくらいに硬くて冷たくて、唇がアイスにくっついてしまったりとか。そんな経験ありませんか。

あんこを使ったたべものはまだまだある。あんドーナツにあんパン。最近の僕の好みはあんドーナツだけど、子供のころはあんパンしかなかったかな。なんか子供のころの話ばっかりになるけれど。そういえば、と今思い出したけど、子供のころは粒あんのあんパンよりこしあんのあんパンを好んで食べてたなあ。子供のころはつぶつぶがイヤだったのだろうか。まあ子供やから、柔らかいものを好むとういうのは分かるが。分かるって、自分のことやねんけど。
考えてみると、あんこは西洋のものじゃないよなあ。それと西洋のパン(あるいはドーナツ)と一緒にして、しかもおいしかったというのは、誰のアイデアだったんでしょう。思いついた人はエライ。


今日はお盆で、近所のお寺では河内音頭が流れている。太鼓と三味線とエレキギター。変わった取り合わせだけれど違和感がありませんな。三味線とエレキというのは、寄席番組で見慣れているからかもね。
では次のお題。「三味線」にしましょう。どないでしょうか。

ぶたこ、コレ書いて~(^◎^)

うちの女房にゃ髭がある

昨日は野球のテレビ中継はなかったのだ。だからラジオを聞きながら、何気なくテレビの画面だけを見ていたのだ。テレビ大阪(テレビ東京系)で、「昭和歌謡」の番組をやっていた。いわゆる懐メロなんだけど、もうなくなって何年も経つ人たちが歌っている映像が、それも、歌を発表した当時ではなく、懐メロ番組に出てきた時の映像を流していた。これがとても面白かった。もちろん、だれもかれもかなりの年配で、なかには音程も怪しくなっている人もいるのだが、発声も音程もとても安定している人たちが多かった。昔は歌謡曲の歌い手でもしっかりとした発声をしていたのだな。若い時の発声法が年を経ても身についていて、みんなしっかりしてはるなあと感心したのだ。
いちばん面白かったのが、「うちの女房にゃ髭がある」。この楽しい題名。俳優の杉狂児と芸者の美ち奴ねえさんのデュエット曲なのだが、奥さんの尻に敷かれている旦那の歌。歌の途中、奥さんに「なんです、あなた」と一喝されて、「いや別に、僕は、その、あの」としどろもどろになるセリフの部分があり、つづいて「パピプペ、パピプペ、パピプペポ」と意味のない言葉を歌ったあと、「うちの女房にゃ髭がある」と締めるとても楽しい歌なのだ。映像はもう年配になった両人がデュエットしていたのだ。どうみてもかなりな年配(特に杉狂児は)。
楽しい歌なんだけど、「いや別に、僕は、その、あの」というセリフの部分はわざとリズムがめちゃくちゃになるんだけれど、そこから次の歌に戻ったらすっとテンポに戻って、なんていうリズム感の良さなんだろうと感動さえ覚えた。

何日か前、NHKの「SONGS」に中森明菜が出ていた。僕の大好きな尾崎豊の曲もカバーするというので、久しぶりに聴いてみた。
結論から言うと、ちょっとがっかり。中森明菜の息混じりの歌い方は、ムードはあるんだけれど。そればっかりをずっと聴かされると正直飽きてくる。これが好きな人は、ずっとこのムードに浸っていたいと思うのかもしれないけれど。尾崎豊の「I LOVE YOU」なんだけど、この曲は17歳の尾崎豊の、はっきり言って青臭い歌詞とメロディで、その青臭さが未熟だけれどストレートな表現となっているのが魅力なんだと思う。それを「行間を読んで感情移入して」歌ってしまうと、聴いてる方は苦しくなるんだなあ。そんな歌い方になってたなあ。
この曲に限らず、どの歌も感情がとてもこもっている。でもどこか、自分の感情に酔っているようにも見える。酔っぱらいは見苦しい。一緒に酔える人はいいけれど。僕は飲まないし。

巨人9-7阪神

最後は面白かったですけどね。序盤で8点差もつけられて、溜め息がでましたわ。それでよお2点差まで追い上げましたけどね。ちょっと苦しすぎたね。
それにしても。
なんで筒井→金村という順番なのかなあ。金村は先発型のような気がするし、筒井はリリーフ型のような気がするんだが。前回と同じ、大量失点コンビで同じようにやられてしまいましたなあ。
ま、これも采配でしょうから、外から見てるものにはわからんのでしょうけどね。

8点差がついたあと、盛り返していったのはよかったけどね。一気に見応えのある試合になったしね。それだけに序盤の失点は痛かったなあ。

デーゲームで、テレビ中継も途中まで。ラジオの放送も一局しかなかったし。明日も放送はないのかな。とほほ。

巨人4-7阪神

快勝でしたね\(^◎^)/
初回に鳥谷のツーラン、新井のソロ\(^◎^)/
ほんまに怖いとこや、東京ドーム(^◎^;)。なんぼでも入りよる。気ぃつけななぁ。と思ってたら、やっぱりやられましたわ、谷に(^◎^;)
負けじと、桜井が4回表にツーラン\(^◎^)/
しかし、6回表、1死満塁のチャンスで狩野がダブルプレー(-◎-;)
昨日の試合展開を思い出して、くらっとなりましたわ(_◎_)。その裏に先頭打者がフォアボールで出るし。ああ、どうなる、この試合。
しかし、今日の能見にその心配はいらなかったですね。併殺で切り抜けて、さらにランナーを出すもなんとか無失点(^◎^)
すると7回表には、鳥谷、金本の連続タイムリーで追加点\(^◎^)/
今日はなんかわからんけど、よぉ点が入る(^◎^)

その裏、谷にツーラン(^◎^;)。さらに阿部にヒットを打たれたところで、能見は降板。でも、この打線で3失点だったら、しかも東京ドームやし、ええんちゃうのん。と言えるのはリードしてたからやけどね(^◎^;)

アッチソンが後続を断ち、2イニングを切り抜けると、最後は藤川。
ラミちゃんに一発を浴びたのもご愛敬(^◎^;)。パフォーマンスもやってもらいましょう。

という、とても気持ちのいい試合だったのに、なんでテレビ中継がないのだ! 伝統の巨人-阪神がテレビ中継されないとは・・・・。野球人気の衰退を感じてしまいます。球場は超満員やったらしいけど。これではオリンピックに復活は望めませんな。もう復帰せんでもええという気もするけどね。

夜の雨

タイガースの試合を見ていたら、負けだしたころから(-◎-;)雨が降り出して・・・・。涙雨やなあ、とか言ってたら次第に大雨に。
流星群もへったくれもない(-◎-;)

おかげで今朝は涼しい。でも暑くなるらしい。夏だ。

阪神2-9中日

勝ちゲームやと思いましたがね。7回表までは(-◎-;)
6回裏、中日川井の乱調、3四球で2死満塁。絶好の追加点のチャンスやったけどなあ。ラジオ解説の岡田元監督は、右投手河原に交代したところで、「ここで桧山を出す手もあるんですがねえ」と言っていた。まあ、結果論ですけどね。桧山を出して、次の回から矢野を座らせる、という手もあったんですねえ。そのあたりの采配が、今日はうまく行きませんでしたね。というか、桧山を出す展開になかなか鳴らないんですね、中日との試合では。なんといってもリリーフに左投手が多いですから。というのが岡田元監督の言い分。
結局、追加点が取れずに、その次の回で一気にやられてしまうとは・・・。ほんまに絵に描いたような展開とはこのことかいな。
まあ、6回までの久保のピッチングを見ていると、もう1,2回、と思ったのも無理はないわな。
久保、どうして急に崩れたんでしょうね。いきなりの連打やったしなあ。リリーフした江草も止められず。

それにしても惜しかった。くやしいなあ。9回表の森野のスリーランは、まあおまけやね。ジェンくん、今はお勉強かな。

流星群

グーグルで検索作業をしていて、ふとタイトルを見たら星くずが流れる絵になっていた。これは何かあるのかなと思って、「流星群」で検索したら、8月12日夜がピークですという、国立天文台のHPに行きあたった。
「ペルセウス座流星群」というのだそうだ。かつての「しし座流星群」ほどには騒がれてないけど(あの騒ぎは、今から思うとちょっと異常やったかな)、かなりの数が見られると書いてある。
家に帰って、ぶたこに流星群の話をすると、ぶたこもニュースで見たと言っていた。夜中の2時半頃がピークらしいという情報までしっかり把握している。さすがだ。1歩先を行くぶたこ。

で、どうする?

2時半は遅すぎるなあ。というわけで、12時半頃、眠たい目をこすりつつ家の外に出てみた。高い建物は周りにはないのだが、田舎というわけでもないわが家の周囲。街灯の明かりが煌々と照っている。星空観察には最悪な環境だ。それでもなんとか空がたくさん見えるところを、と近所の神社近くまで行って夜空を見上げる。
しかし。昨日はお月様もしっかりと輝いていたし(上弦の月か、下弦の月か)。なによりやや曇り気味。流星どころか、星も見えない。あかんがな。
というわけで、星空ウォッチングは即中断。
でも、HPの情報によると、どうやら今日の夜もなんとか観察できるらしい。なんとかいい天気になって、見られたらいいな。

| ホーム | 次のページ>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。