スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】7月から8月

NY日記はちょっと休憩。読書感想文がたまってきた。

【なにもしてない】笙野頼子(講談社)
【居場所もなかった】笙野頼子(講談社)
【硝子生命論】笙野頼子(河出書房新社)
【二百回忌】笙野頼子(新潮社)
【言葉の冒険、脳内の戦い】笙野頼子(日本文芸社)

しばらく笙野頼子づいていた。最新刊を読んでもちんぷんかんぷんなところが多くて、わけがわからないのだけれど面白そう。なんとか理解したくなる。なぜ?
という疑問から、初期の頃の作品から読んでいけば理解できるのでは、と思ったわけ。
さすがに初期の作品はわかりやすい。
悶々とした日々をつづりつつ(「なにもしてない」)、引越しでのどたばた(「居場所もなかった」)などの実生活を題材にしたであろう私小説から発展して、現実とも幻想ともつかない世界に進んでいき(「硝子生命論」)、ついにそのボーダーが曖昧になる(「二百回忌」)。
という流れをつかんだ(誤読の可能性あり。でも読み方は読み手の好き好き)。
エッセイ(「言葉の冒険、脳内の戦い」)では、SFとの出会いのようなことが書かれている。たしかにちょっとSFっぽいところもあるなあ。初期の安部公房のような。だから気になってしまうのかも。


【誰もが幸せになる 1日3時間しか働かない国】シルヴァーノ・アゴスティ(野村雅夫訳・マガジンハウス)

はい、まあ確かにこんな国があったらいいですね。というか、こんな生き方が出来ればいいね。イタリア人が書いただけにイタリア批判(政府批判)が辛辣だけど。ま、理想理想、という気がしないでもない。でも一人ひとりが考えれば、本当に何かがちょっとだけ変わるかもしれない。


【娘の学校】なだいなだ(中公文庫)

娘に教える、という形で書かれたエッセイ。いや、わたくしの信条にほぼぴったりですよ。この時代(1960年ごろ?)にこんなことを書いていたことが驚き。そしてそこから発展していない世の中にとほほ。


【窓の魚】西加奈子(新潮文庫)

西加奈子にしてはやや甘めのストーリーかな。温泉旅行に来た二組のカップル。それぞれの視点で語られる物語。話が進んでいくうちにいろんな謎が解かれていくのだけれど、また別の謎も重なる。そしてひとつの死体。いったいこれは。さすが。だけど、もうひとつ何かが。というのはファンの贅沢な希かも。


【ぼっけえ、きょうてえ】岩井志麻子(角川文庫)

昭和初期ぐらいの岡山を舞台にした恐怖短篇集。題名は「とても、おそろしい(恐てえ)」という意味らしい。
ジャンルとしてはホラーなんだけど、恐怖感やぞくぞく感とはちょっと違う「恐ろしさ」を感じる。


【世界から猫が消えたなら】川村元気(マガジンハウス)

さて。困ったのがこの本で。今年の本屋大賞にノミネートされた作品。著者は映画のプロデュースなどをしている映像作家。で、かなりのベストセラーになったはず。
余命1週間と宣告された主人公が、悪魔との取引で「1日寿命をのばすために、この世から1つのものを消す」ことに。電話が消え、映画館が消え。そして・・・
というのは、設定としてはとても映像的。
題材としては面白そうなんだけど、なんとしてもこの文章はなあ。ユーモアのセンスも低い。そして「100回泣くこと」と同様、短いセンテンスの「心に響く言葉」の羅列。こんなものが売れるのだなあ。いやはや。
スポンサーサイト

NY日記(4)ブルックリン2

礼拝後、教会の地階のキッチンフロアへ。礼拝後のひとときということでベーグルと飲み物が用意されている。リサは、午後からのボランティア・ディナー(ホームレスの人達などに食事を用意してあげる)のための買い物があるので、しばらく待っていてということ。ジャッキーとぶたこと3人で(主にぶたことジャッキーが)ベーグルをかじりながらお話。

ほどなくしてリサが、用意ができたからと呼びに来た。さて、何をご馳走しようかしら、何が食べたい? との問いかけに「なんでもいいよ」と言おうとして「Everyone(誰でも)」と答えてしまった。いや、人間以外なら(^◎^;)

じゃあ、というわけで、リサがお気に入りのタイ料理の店に行くことにした。最近はアジア系のレストランがNYでは流行りのようだ。暑い日差しの中、お目当てのタイ料理の店に着いたら、準備中だった。しかたないなあ、じゃあ、ということですぐ近くのベトナム料理の店に変更。やはりアジア系なのだった。

リサと3人で色々注文し終わった頃、ナンシーも合流。4人でベトナム料理を食べつつだべりつつ。ナンシーはこれからドライブということで食事の後先に店を出て行った。
残った3人。とりあえずリサの家に行くことに。ジョナサンも居るはずだから。

リサの家に行ったら、ジョナサンと、2匹の猫とオウムのアビーがお出迎え。前にNYに来た時も猫を2匹飼っていたのだが、2匹ともその後天国に行っちゃって、この2匹とは初対面。のはずなのだが、2匹ともとても人懐こくて、すぐにスリスリしてくるのだった。茶トラのロジーとグレーマスクのセレステ。

ネコたちのアビーには留守番してもらって、プロスペクト・パークに散歩に行くことに。そうそう、天気もいいしね。というか、暑いけど。今年の夏はほんとに暑いのよね。蒸し暑いの。信じられないくらい。みんなそう言っているらしい。

プロスペクト・パークは、マンハッタンのセントラル・パークを設計した人が手がけた公園。とてもとても広いのである。鶴見緑地ぐらいはあるかも。自宅のすぐ近くにこんなに広い公園があるなんて羨ましい。つくづくNYというのは(というかブルックリンは)いいところだと思う。

広がる芝生、草の道、流れる滝。とても気持ちいいけれど、さすがに暑さには勝てず、時々ベンチで休憩しながらの散歩。広い広い池があるのだが、水草が一面に繁殖していて緑一色だった。そのなかをカモの一団が泳いでいた。

木陰の椅子に腰掛けて、アメリカ民謡を歌ったり、日本語の説明をしたり(漢字と平仮名とカタカナがあるのは不思議!)。
公園では何日か前にレースのイベントがあったらしく、ところどころにその名残の柵などがのこっていた。

家への帰り、暑い中を歩いたのだからご褒美にアイスクリームを買って帰ろう、ということになった。ジョナサンはダイエット中だから遠慮するよ、先に帰って待っとくよという。というわけで、リサと3人でスーパーに寄ってアイスクリームをいろいろ物色。バニラベースで色んな種類が出ている。チョコバニラとバナナ味をチョイス。

リサの家でアイスクリームをカップによそって食べる。冷たくて甘くて美味しい。

リサはネコたちの爪切りに、ペットショップへ1匹ずつをキャリーバッグに入れて2往復。ぶたこは爪切りはどうしているの? というので、しょっちゅうは切らないけれど、切るときは二人で協力してたこぶがおさえていてぶたこが爪切りで。そういうのはできないらしい。で、ペットショップ。この日は普段はおとなしいセレステがよく泣いてむずがっていたらしい。でもすぐに忘れるものだ。

火曜日か水曜日にメッツの試合を見に行くつもりだというと、じゃあちょっと調べてみましょう。ネットで試合情報を見てくれた。チケットは大丈夫。でも天気がちょっと心配かな。

すっかりくつろいだ時間を過ごして、もう夕方。リサが地下鉄の駅まで送ってくれた。駅の入口近くまで来たところで、この4年間の話をばあーーっと話してくれた。
そうか、あれからもう4年になるのだな。そして何も変わりがないと思っていたリサやその他の人たちも、この4年の間にはいろいろあって、そして今があるのだ。考えてみれば当たり前なのだけれど、再開した人たちは以前と変わらず接してくれるので、時が止まったかのような錯覚に襲われるのだった。

シンのアパートに着いたのは8時。NYの夜は明るい。8時でも日本の6時ぐらいの明るさがある。緯度が高いということはこういうことなのだ。
前日、風邪をこじらせてしんどいと言っていたシンだが、熱も下がって、咳がまだちょっと残っているので咳止めを買ってきたという。夕飯に、シンは炒めものを作っていたが、ぶたこと僕はインスタントラーメン。ランチが重めだったので。

シンが、自分が歌ったシューマンのリーダークライスを聞いてくれ、それで何かアドバイスがあったら、ということで録音したCDを聞かせてくれた。ぶたことふたりで感想を言い合う。
シャワーを浴びて寝たのが12時。日曜日の夜は更ける。

NY日記(3)ブルックリン

よく寝たのか寝足りないのか寝過ぎたのかよく分からない状態で目が覚めて、現地時間の日曜日の朝である。
ぶたこが作ってくれたのはトーストにトマトにキュウリ。紅茶。トマトとキュウリはキャロリーが自身の農園で作ったもの。みずみずしくて美味しい。

テレビでニュース等を見る。天気は大丈夫か。
ここ最近のNYは、日本に負けないくらいの暑さらしい。「muggy」というのは「蒸し暑い」という意味だが、この言葉がしょっちゅう言い交わされるようだ。

この日の予定は、午前中はブルックリンの教会へ。以前にもお世話になった教会のオルガニスト、パムに前もって連絡したら、前奏代わりに何か1曲歌ってくれという要望。前に聖歌隊でうたったこともある「さくら」がいいのじゃないかということになり、ぶたこと二人で歌うことになったのだった。

8時に出発。地下鉄Aラインから乗って行くと、乗り換えなしでブルックリンまで行ける。ただし、1時間ぐらいはかかる。それでもAラインというのは急行ラインなので、途中いくつかの駅を飛ばして運行していく。
地下鉄のホームは冷房がない。日本の地下鉄に比べて、地下深くにあるわけじゃないからかもしれない。蒸し暑い。だがぶたこによると、先週までのほうがさらに暑さがまさっていたようだ。
そして電車に乗ると、これが一転。きつい冷房が効いている。ちょっと乗るだけなら蒸し暑さが取れてちょうどいいということになるのかもしれないが、1時間近くも乗るとなるとなかなかきびしい。
そしてよく揺れる。
そして時々、車内でパフォーマンスがある。
何かの団体が何かを訴えながらチラシを配ったり、突然ラジカセ(?)から大きな音で音楽が鳴り始め、数人が踊り始めたり。それも半端なものではなく、バク転なども交えた(走っている電車の中でよくそんなことができるものだ)アクロバティックなもの。
そしてパフォーマーには乗客の皆さんから、惜しげもなくおひねりが出される。

色んなことが普通に起こるのがNYなのだ。

ブルックリンの教会に着くと、パムがピアノの前で礼拝の準備をしていた。近づいていくと、満面の笑顔でハグされ、汗びっしょりのほっぺたをくっつけあった。教会の中は冷房が効いていなかったのだった。

「さくら」を歌うのだけれど、どうしたらいいかなあ、などと(たぶん)ぶたこと打ち合わせ。
パムの提案は、今日はギターとフルートで礼拝の途中に演奏をはさむんだけど、そのギタリストが「さくら」の伴奏もできるらしいから、ギター伴奏で歌うというのはどうかしら。
まあそれも面白いかも。でもギタリストがどんな人かもわからないので、半信半疑。

クラシックギターを抱えた彼は、レゲエヘアの若者。とにかく合わせてみましょうか。Aマイナー?Bマイナー?。じゃ、Aマイナーでやってみよう。
そして合わせてみたら、これがバッチリ。こちらの呼吸を感じてくれて合わせてくれて、いい雰囲気。
聞けばブラジルのサンパウロ出身で、日本人のコミュニティとも親交があったのだとか。だから日本的な伴奏もできるのだね。

さて、あとは礼拝の始まりを待つばかり。というところで次々に懐かしい人達との再会。
ぶたこが以前ステイしていたリサは、二人をいっぺんにハグしてキッスキッスの嵐(^◎^;)。
ナンシーやジャッキー、そのほかほか(名前だけですみません)。色んな人とハグとキッスで、ああNYやなあと改めて実感。

さて、礼拝が始まって、静まった雰囲気の中でギターの前奏が始まり、ぶたことふたりでうたう「さくら」。

さ~く~ら~ さ~く~ら~ や~よ~い~の~そ~ら~は~

パムによると、特に宗教的な曲ではないのに、なぜか宗教的な気分になれるのだとか。おもしろいなあ。

午後からはリサとランチをとって、そのあとは、という予定。
(つづく)(たぶん)

NY日記(2)チャイナエアライン~JFK空港

機内の座席は、窓側3列並びの真ん中であった。あれだけ並んでたら、文句は言えません。一人旅やし。
左右は日本語の通じなさそうな女性客。どちらもツアーでは無さそうではある。確かめようもない。
手荷物はできるだけ軽くしようと思ったので、ポシェット1つだけ。座席上の棚を利用することもないのである。

予定どおり13時出発。機内放送は中国語(台湾語?)、英語、日本語の順。客室乗務員には日本人もいるらしい。日本語が普通に通じるのがいい。最初は中国語で喋りかけられたけど(^◎^;)

離陸して1時間後。スナックとドリンクが配られる。小さな袋入りお菓子。お昼ごはんを食べる暇がなかった人のことを考えてかなあ。
と、その1時間後には機内食。チキン丼と海鮮サラダ、パン、ケーキ。

機内は綺麗。エコノミーはちょっと狭い気もするけど、こんなものだったかも。知らない人が隣にいるからそう感じるのか。ちなみに肘当ては共有なのだが、しょっちゅう隣とぶつかる。お互い何も言わない。

機内映画は多数。ただしほとんどが中国語字幕(時々英語字幕も交じる)。では日本人は楽しめないのかというと、日本語吹き替えはある。そのほか日本映画も何本かある。
見た映画:
「アルバート氏の人生」(日本語吹き替え)
「鉄の女:マーガレット・サッチャー」(日本語吹き替え)
「愛:アムール」(フランス語:英語字幕)
「ファミリー・ツリー」(英語)
日本語吹き替えのほうが、眠気を誘うみたい。画面への集中力がなくなるからか。どれも面白かった、と言いたいところだが、「鉄の女」と「ファミリー・ツリー」は、半分以上は寝てしまった。

1回めの食事から5時間後(愛:アムールを見終わったところだった)、2度めの食事。これは夕食になるのか朝食になるのか。量と質から言えば夕食、ということになるんだろうけれど。
エビチリ丼、パン、ケーキ、フルーツ。
食事はふつうに美味しい。味付けがしつこくない。エビチリはピリカラだったけど。

あと3時間ぐらいで到着、というところで、日本語で見た「アルバート氏の人生」を英語で見てみる。英語のほうが眠くならないのではという考え。
が。しばらくして爆睡。つまりは眠いのであった。

現地時間13:00。予定どおり空港到着。なんというか、到着前の注意喚起というか、客室乗務員がうろちょろと細かく点検、というのがあまりなかったような....

手荷物が少ないぶん、スムーズに外に。
で、前と違うなあ、という印象。
以前JFK空港に来たときは、飛行機を出ると「そこしか行けません」というようなやや狭いコンクリートのトンネルのようなところを通って行ったように思うのだが、今回はとても明るい窓側の通路を長々と歩く。途中で「乗り換えは左、ここで降りる人は右」というような区切りがあって、ちょっと迷いかけたのだった。しかしその通路を突っ切って行くと、出口では一つになっているのだった。どういう違いがあったのだろうか。

長い通路の先には、入国審査の列。おおっ、なんという人人人人人。それこそ、

人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人

といった具合に並んでいるのだった。乗り換えはこちら、とか、再入国とかVisitorとか。もちろんVisitorの列に並ぶ。後ろからときどき大阪弁で「長いなあ。1時間以上かかるデェ」という声も聞こえてくる。
みんな手に手にスマホを持っている。
後ろのおっちゃんの予想を超えて、1時間経った2時半になっても列は続く。
と、そこで奇跡。列を区切っていた仕切りを係の人が移動させた。どうやらVisitor用の窓口を増やしたようだ。フレキシブルでいいですなあ。
それでもそこから30分はかかったのだった。両手の指紋と目の検査(視力を測るのではないらしい)を済ませて、荷物のコンベアへ。

さすがに時間がかなり経っていただけあって、荷物はすでにコンベアから降ろされていた。
税関を通過すれば終わり。
機内で渡された税関の書類にチェックを入れたものを見せて、無事通過。のはずが、
「はい、7番の窓口に行って」
と指示される。
うむむ、なにか不都合なものが見つかったのか。思いもよらぬものを持ち込んでしまったか。
忘れかけていた心配症の虫が騒ぎ出すのを抑えつつ、7番窓口へ行こうとすると、その手前の窓口のお兄さんが手招きしている。
はあ? そっちでいいの? でもそこ、6番窓口ですよね、わし、7番に行けと言われたんですけど。
などと言うことができるはずもなく、すごすごと6番窓口のおにいさんに書類を見せる。
すると6番のお兄さん、書類のサインを見て眉をひそめる。なにがあった?
後ろを向いて、別の係の人を呼んでいる。どういう展開?
別の係の人(前のお兄さんより体格がよろしい)が、書類を見る。どうした?
するとそのお兄さんが、手真似で、はい、もう行っていいよ、と。
「OK?」
と、ようやく思いついた一言を言ったら、お兄さんが頷いてくれた。ほっ。
まあ、なにか日本語でわからんことがあったのだろうなあ、と勝手に理解して、ようやく出口へ。

さて、ここでぶたこと待ち合わせである。予定どおり到着したが、出てくるまでに1時間以上はかかるだろうということは二人の間で了解済み。それより少々遅れはしたが、まあ会えないことはないだろう。ひょっとしたらぶたこのほうがやや遅れる、ということも想定している。

で、出口を出たところ。ううむ、今までとちょっと違うような。そういえば前回来たときは、真夜中に着いたのだった。そして即ぶたこにタクシーに乗せてもらったので、ロビーの様子などほとんど覚えていないのであったよ。

で、ぶたこが見当たらない。
ロビーを出たところで待っているのかも、と思って外に出てみる。
むっ。蒸し暑い(-◎-;)。日本も相当暑いが、こちらも相当なもの。まさかこの暑さの中で待っているわけはない。
再び空港ロビー内に入る。到着出口の所ではプラカードを持った人たち。名前を書いて「ここですよ」という、あれ。その中に紛れているかも、と順番に見て回る。
と、一番端っこの端っこで、出口を見ているぶたこを発見。ほっ。
到着出口が右と左に分かれていたのだね。で、ぶたこが待っている方と反対の出口から出たのであった。

何はともあれ、感動の再会である。
エアトレインとAラインの地下鉄を乗り継いで、ステイ先のシンのアパートへ。いやあ疲れた。
一眠り、と思って次に目を覚ますともう7時。ぶたこが作ってくれたラーメンを食べて、8時半には早々に寝たのであった。

NY日記(1)

ぶたこのあとを追って関空を出発したのが7月20日。
関空までの道のりを「駅探」で検索。まっとうな道は近鉄上本町から空港バス、というものだが、バス代が高い。
鉄道だけで、と検索すると、JRで新今宮まで行って南海電車に乗り換え、というのが時間的にも料金的も最適である。

「出発時刻の3時間前にはつくようにしてください」という旅行会社からのアドバイスに従い、13時出発だから10時前には着くように。ということで早々と家を出る。
新今宮駅はJRと南海電車がコンコースを共有しているような駅。だから乗り換えは楽ちんなはず。
....
甘かった。
ホームまでが遠かった上に、エスカレータもエレベータもないのだ。
何やっとんねん南海、JR。

怒っても仕方がない。今回は1周間の滞在で、しかも夏場なので着替えも少なく、いつも以上に荷物が軽かったのが幸い。

そして9時40分に関空着。わしとしてはなんという時間の余裕。
ウキウキ気分で搭乗手続きカウンターのところまで行くと、カウンターの前でお姉さんが、
「受付は10時40分からでございます」
と丁寧におっしゃるのだった。1時間もあるではないかい。

まあ3時間前と言われていたけれど2時間20分前ということもあるのか。公には「2時間前」となっているから、それよりはちょっと早めにということかな。
と理解して、ではと、ちょっと腹ごしらえ。
空港内のマクドナルドで朝マック。
混んでたら嫌やなと思ったけれど、この時間だと空き空き。1時間も時間があるし、ここまで来たらじたばたしても始まらないので、落ち着いてエッグマフィンを味わうのである。
(とは言え、心配症なので、ついつい忘れものはないか、家の戸締りはちゃんとしてきたか、などということばかりを考えていたのである)

さて時間もつぶしたし、ちょっと早めにと10時半前にカウンターに行くと。
すでに長蛇の列(-◎-;)。そして受付も始まっているのだった。
甘かった。
そして搭乗手続き。
最近は「e-チケット」という、コピーした紙を渡すだけなのだ。簡単になりましたなあ。
荷物をコンベアに乗せてチケットとパスポートを渡して、これで大丈夫なはずこれで大丈夫なはずと心のなかで繰り返す。何度海外旅行をしていても心配性は治らないのだ。一人で旅立つとなるとなおさらである。
「NYでの滞在先は?」
と聞かれて慌てる。そうか、旅行会社のツアーやったらホテルやけど、今回は友人宅にステイなのだった。
しかし。
「念の為に」とぶたこから友人宅の住所を控えておくように言われていたのだった。これは、もしあちらの空港でぶたこと遭遇できなかった時のために、ということで控えていたのだ。ここで役に立つとは思わなんだ。

無事搭乗手続きが済み、手荷物チェック。ここらあたりから中国系の団体旅行の皆さんがわんさかと集まってくる。今回の便は台湾発関空経由NY行きなのだった。
出国審査でも長い列。団体を避けて、一番端っこの列に並んだのだが、これが間違いだった。
ここだけは個人の旅行の人たちが並んでいたようで、そうなるとひとりひとりのチェックが長い。
気がつくと長蛇の列と思われた団体さんの列は、すいすいと流れていくのに、こちらの列は一人ひとりが何やら尋ねられたりサインをしたり(そのサインをするところがわからなかったり)している。
結局30分ほどかかって出国審査通過。やれやれ。

搭乗時刻まで約1時間半。持ってきた安部公房「第四間氷期」を読む。
さすがにここまで来ると心配性はおさまっている。あとは飛行機がちゃんと飛ぶだけ。それはもう、運を天に任せるしかないので。

| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。