スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002/10/31

プロ野球、全部終わってしまいましたな。なんかつまらん。昔みたいな巨人時代がまた来るんかいな。でも、勝負事っていうのは案外こんなものなのかもねえ。強いもんは強い。

アナログプレーヤー、かなり危ない。フルオートマチックのはずなのに、演奏が終わってもアームが元に戻らない。「ぶつっぶつっ」と円の中心で針がじっとしている。まあ、これはだいぶ前からそうなってるな、と気がついていたんだけど。仕方なく「リターン」キーを押す(このプレーヤーは手動では動かないのだ。アームに指をかけるところすらない)。するとレコード盤から針が離れて「ぐいーーん」と音を立てながら、最初の位置にもどっていく・・・・・・と思いきや、ありゃ? 途中でとまるやんけ(^◎^;) ターンテーブルのはじっこまで来て、ぴたっと動かない。まずい。レコードをターンテーブルからはずす時に針にあたりそうだ。とりあえずそおっとレコードをはずす。しかしこのままではなあ・・・。
試しにもう一度リターンキーを押す。と「ぐいん」と音がして、無事最初の位置にもどってくれた。いやはや。
その後、何回か同じようなことを繰り返すうち、とにかく最初の位置にもどるようにはなってくれた。最近酷使するからすねてるのか。あるいは、寒さでモーターがどないかなったのか。ともかく、いましばらくは動き続けてくれ、と祈るばかり。
それにしても、アームの部分のみが不具合というのは悩ましい。これがターンテーブルのモーターがいかれてしまったんだったらあきらめは早いんだけど。フルオートのリニアアームでなかったらまだまだ大丈夫、っていうことやんなあ。便利さに走ったのが悔やまれる。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/137-940c7a4d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。