FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞

もちろん、わたくしはノーベル賞には縁もゆかりもありません。しかし日本人が2日も続けて、しかも二人目はわたくしと同い年となると、興味が沸かないわけはない。もしも自分が、ある日突然何かの世界的な賞をもらったら・・・などと、決してありえないことを想像して
「わしも会見中にぶたこに電話したりしてなあ(^◎^)」
と言うと、ぶたこには「なにをしょうもない・・・」と一蹴されてしまった。確かに、今までの人生を、時間をかけて振り返っても「世界的な功績」というものには思い当たりまへんなあ。ほんま、かすった記憶もない。

同い年の人がノーベル賞、と言うのを聞いて、これは最年少記録ではないのか!と思ったのですが、湯川秀樹さんの方が若かったんですねえ。これにはびっくり。
小学生のころ、学校の理科室に肖像画があったなあ。あの絵はずいぶん年よりくさかったような気がしてたけど(失礼!)、今の自分がそれより年を食っているという事実。普段は自分の年齢のことなんか考えてないからねえ。

同じ年数を生きてても、できる人とできひん人とでは人生は違ってくるねんなあ。あたりまえやけど。でもまあ、「できる人」といってもなんでもかんでもできるわけやなくて、人生の中ではでけへんことの方が、どんな人でも多いはずやから、ぜんぜん違う人生をわしはわしなりに楽しんでるんやろう、と思うとちょっとは納得。「できる」「できひん」で人生を区切ってしまうのも(もちろん人間の価値を区切ってしまうのも)おかしな話やからね。いや、負け惜しみじゃなく (^◎^;)。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/140-3885daf5
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。