スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セールス電話

最近会社に、わたくしあてにセールスの電話がかかって来ています。それも東京の会社(?)らしくって。
「老後の年金代わりに、資産の運用をマンション経営にあてませんか?」
というもの。今週になってから、2回もかかってきた。相手の名前とかを憶えてないので、同じところからかもしれないけど。

「運用するほど資産はありません!」とはっきり断ったのですが。そういう答えには慣れているらしく、こちらの意志にお構いなしに(たぶんマニュアルどおりなんだろうなあ)べらべらだらだらとしゃべってくる。相手がしゃべってる間は、何とはなし、電話は切りにくいもの。うまく考えてるなあ。

で、今日2回目がかかってきたときに、「どこでこの電話番号をお知りになりましたか?」と訊いたら、よくわからないけど、名簿業者だろう(自分がかけてて「だろう」もないものだが)という答え。最初の流れるような話しぶりにややブレーキがかかったみたい。
たぶん、自分からしゃべる分にはマニュアルどおりでどうってことはないのだろうけど、相手から質問されることには慣れてないんだろうなあ。流れるように話しをされている間は、断るタイミングも電話を切るタイミングもとりづらいんだけど、話しにブレーキがかかると「お断りします!」というのが言いやすい。相手も何だか気勢をそがれたようで「そうですか・・・・・」と、最初よりやや落ち込んだ様子で応じてくれた。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/152-1c44effb
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。