FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/6/23(Mon)

木曜日に買ったCD(スメタナの「わが祖国」)の話。ぶたことは心斎橋のYAMAHAで待ち合わせしまして。楽譜売場でしばらく女声合唱の楽譜を物色しておりました。つぎにシルバーコーラスでできそうな曲を探してね。

で、そのあとHMVかタワーレコードに行ってCDを探す・・・という手はずやったんですけど、すでにぶたこは「ブックオフ」で中古CDを買っておりまして。視聴もしたから大丈夫ということで。

・スメターチェク指揮 チェコフィルハーモニー

元の価格は\3,800也。それが950円になってました。しかし、昔はCDも高かったですな。

1枚が安かったのでもう1枚ぐらい、ということで心斎橋のタワーレコードへ。売場も広いからいっぱい置いてあるはず・・・・が、クラシック売場は広~い店内のわずか棚1つだけ(-◎-;)。
「(-oo-;)あの~、クラシックはこれだけなんですかぁ?」と聞いたら店員さん、
「クラシックの在庫は全部難波店の方に移りました(^^)」

というわけで、難波店まで行くことに。どうせ帰り道やし。
さすが難波店にはいっぱいCDが置いてました。でも以前に比べると少なくなってるかなぁ。やっぱりクラシックはそうは売れないんでしょうかねえ。「わが祖国」も10枚程度はありまして。ぶたこが買ったのと同じCDが1000円で売っていました(^◎^;)。ま、損はしなかったということで。

いろいろ迷ったあげく、1枚買いまして。1,800円でした(日本盤、レギュラー価格)。

・クーベリック指揮 ボストン交響楽団

昔から評判がよいのを知っていたので。迷ったのはノイマン指揮チェコフィルハーモニーというのが1,000円であったので、こちらも評判がよいのを知っていたので(^◎^;)、安いし(^◎^;)。
(25年くらい前、「週間FM」のベストレコードになっていたのがこの2枚だった。当時はチェコフィルの方が人気だったけど、「民族色は薄いが音楽的にまさっている」という評判だった。ただし当時はレコード2枚組で4600円していた。)
結局、演奏が「濃ゆい」そうなのがいいな(^◎^;)と思って決定しました。チェコフィルじゃない演奏も聴きたかったし。ま、2枚で2,800円なら上々でしょう。

で、それぞれまだ「モルダウ」しか聞いていないわけですが(^◎^;)。全く違うタイプで面白いです。スメターチェク指揮のはあっさりすっきり、クーベリックのはこってりてます。わたくしはこっちの方が好きかな。ぶたこはスメターチェクの方が気に入っているようです。他の曲も聴いてみようっと。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/166-a27a6984
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。