スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2003/7/29(Tue)

体の調子は良くなったんですけど、声ががらがらのままで(^◎^;)。いまなら森進一の物まねが苦もなくできますな。利点はそれだけやけど。

今度、パソコン通信のイベントで、ラベルのボレロを振ることになりまして。人前で指揮をするのも何年ぶりやろか。しかもオーケストラは初体験(^◎^;)。よー知ってる曲やけど、予習しないと振れるわけがありません。スコアも買ってこないと。

確かレコードはあったよなあ・・・・でもCDはない。テープもない。今わが家はレコード不聴状態。アナログプレーヤーがいかれたままです。でも、ひょっとして1曲ぐらいなら大丈夫かも・・・。
と、わずかな期待を抱いて、レコードをかけ、MDに録音しました。ボレロ。(演奏は小澤征爾指揮、ボストン交響楽団)

最初のうちはうまくいってた(^◎^)。ひょっとしてこれ、なおったんちゃうん?と思うぐらい。順調に曲が進んでいきます。
ところが・・・・
曲の終わりの方、管弦楽の大合奏になったあたりで「っぷつっぷつっぷつっ」うっ(^◎^;)(;◎;)。針飛びを起こした。

プレーヤーをよく観察すると、アーム(うちのプレーヤーはリニアトラッキングアーム)が、斜めになってる。そこから先には進まないみたい。それで針飛びを起こすのかぁ。いやぁ、納得納得(^◎^)。

そんなわけで、曲の一番盛り上がりで針飛びを起こした演奏を聴いているのでありました。ううっ。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/185-ac1f679b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。