スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヨイトマケの唄】

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

できるだけ毎日書こうと思っていたのに、さっそく日付が変わってしまいました。今年もこんな感じなのかなあ。


大晦日は毎年どおり、紅白歌合戦を楽しみました。
前にもちょっと書いたけど、紅白の楽しみ方は昔と今とでは全く変わってきているような気がします。昔は誰でもが知っている歌、誰でもが知っている歌手が一堂に会する、というところが見所だったけど、今は「今の若い人はこんな歌を聞いているのか」とか「お父さんはこんな曲を聞いていたのか」とかいう「発見」が面白くなっているのだと思います。
もちろん、僕らのようなおじさんは、前者の楽しみ方が主です。

あと「懐かし~」という曲が聞けるというのも、最近の楽しみの一つ。

そして今年は、なんといっても美輪明宏の「ヨイトマケの唄」。
おそらくは、一番の話題になるだろうし、そこここで話に登るのは間違いないでしょう。だからいまさらここで、演出がどうだとかいうこともないかもしれません。わが家では、真っ暗な中に響き渡った最初の一声で、ぶたこもわたくしも心をつかまれてしまって、そのあとは美輪ワールドにどっぷりと浸かってしまいました。

他の歌手とは、幅も厚みも大違い。というか、もはや別格でしょう。いや、別世界というべきかもしれません。もっと言うと、紅白で1曲だけ歌うような人じゃないという気もします。

衣装や演出に趣向を凝らす歌手が目白押しのなかで、黒い上下の衣装に、照明さえスポットライトだけ。それだけで十分という迫力さえ感じさせました。歌本来の力だけで、その場に映像が浮かび上がらせることができるのは、さすが。

わたくし、30年ほど前に一度、テレビで歌っているのを見たことがあるだけなんですけど、その時の印象が強烈で、未だに忘れることができません。それから30数年。ここ最近は歌っている姿も見たことがなかっただけに、どんなふうになるんだろうと、ちょっとした不安もありましたが、そんな不安は一気に吹っ飛んでしまいました。

30年の間に、他の歌手が歌っているのを聞いたことがありますが、それが全く面白くもなんともなかったのでした。やはりこの曲はこの人が、この歌い方とこの演出で歌わないと、良さが出ません。つまりはこれは唯一無二。それを大晦日で堪能できて、ほんとうによかった。

しばらくは(ずっと?)、映像が頭からはなれないでしょう。

※こうなったら、今年はもうひとつの名曲、「老女優は去りゆく」を同じくノーカットでやってほしい。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3886-bc27ed6e
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。