スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ビブリア古書堂の事件手帖3-栞子さんと消えない絆】三上延(メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂のシリーズ第3作。
美しく近寄りがたく、他人に心を開かない古書店店主・栞子さんと、アルバイト店員の大輔(これが語り手)。
本にまつわる謎解きの面白さ。そして栞子さんとその母親の秘密。

今回は、古書市場での、あらぬ疑いをかけられる栞子さんの話、子供の頃の絵本をめぐる親子の絆の話、父親の遺産をめぐる兄妹の軋轢の話、の3題です。

それぞれのエピソードに、主人公栞子さんの母親の秘密が絡んでいる(らしい)ところがミソ。
その謎がある限り、このシリーズは不滅でしょう。

人見知りで、誰と会っても(たとえ相手が子供であっても)気後れしてしまう栞子ですが、こと本のことになると突如として雄弁になり、明晰な推理力で謎を解いていくところはとても爽快。血なまぐさい事件が起こらないところもいいですね。

ベストセラーになるのは納得です。まあ内容が薄味、というところはあるけれど、これぐらいが読みやすいとも言えますし、変に凝ったところがないから、読後感も気持ちいいです。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3897-dd31106f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。