スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【abさんご】黒田夏子(文藝春秋)

読みにくさ、ということ

芥川賞を受賞して、75歳にして作家デビューということで話題になり、ベストセラーにもなりましたね。
横書きで、しかもひらがな主体の文章は、はっきり言って読みにくいです。
だから、いつも以上に読むのに時間がかかりました。はい。

でも、これって大事なことなのかもしれませんね。
「大事」というと、ちょっと違うかな。
「まんまと罠にはまった」と言ったほうがいいのかも。

文字をじっくり追わないと意味がよくわからなくなる箇所が多いので、じっくりと読んでしまう。
すると、言葉の後ろの情景が、ひらがなで見えてくるのですね。
これって不思議な体験。
映像的に表現するなら、モノクロの画面なんだけど色彩が豊かな感じ、とでも表現しようかな。

そういうわけで、とても綺麗な話(というか書物)になりました。
肝心の内容も、ひとり語りのモノローグのようで(でも三人称です)、ふわふわとした浮遊感が漂って良い感じ。
前に芥川賞を受賞した、朝吹真理子の「きことわ」にも通じるものがあるかも。
でも、こちらのほうがより意識的に、言葉や文字を選んで使っている気がしますね。

一人の女性の、幼い頃から今に至る、家族(家庭)の物語なんだけど、時系列が自由にあっちこっちするし。そういうところも「読みにくさ」につながっていますね。

でも、あえて「読みにくい」ものを書ききった、というところがすごいです。
一つひとつの言葉の、字面までにも心配りがあったんでしょうね。
そういう凄みのようなものがあります。

でも、これ、唯一のものになってしまいそう。ほかに転用はできそうにないんですけど。
ということは、「新しい地平を開いた」という事にはならないのかなあ。
そういうことなら、ちょっと残念なんだけど。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3908-6d3de7f8
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。