スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッテ1-7阪神(5月23日・QVCマリンスタジアム)

昨日の試合に比べたら、あっという間に終わったというような試合でしたね。
ABCラジオの解説が下柳さんで、昨日にひき続いての解説だったそうです。お疲れさまでした。

メッセンジャーって、何かを持っているのかもしれませんね。運とかいうもの。
今日は立ち上がりからピンチの連続で、なんといっても制球がままならず、スリーボールのカウントに簡単になってしまう。実際フォアボールも多かったしなあ。10安打+7フォアボールで、よく1点でしのいだと思いますね。タイガースはツイているのか。マリーンズが拙攻だったのか。

どうもマリーンズというチームは、いやらしさとか策を弄するということが無いチームなのですね。真っ向から向かってきて、小細工なしに打ち崩していく。投手が有無をも言わさず相手バッターを抑えこむ、といった感じかなあ。違っていたらごめんなさい。

だから試合展開としては、丁々発止とかいった雰囲気があまりないのだよね。力勝負といえばそのとおりなんだけど、それだけで3時間も4時間も5時間(^◎^;)も見続けるのは、ちょっと辛いかなあとも思いますね。
まあ、それが交流戦の面白さ、だということもわかるのですが。小細工なんか考えてる暇もないものね。

で、今日のところは後半に波乱もなく、なんとか連敗を免れました。やれやれ。
それにしても、昨日の筒井といい、今日の安藤といい、いざという時に頼りになるピッチャーが揃ってますねえ。ひとりふたり調子が悪くても、なんとか試合を締めてくれる。なんだか安心。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3933-ee001d5b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。