スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY日記(4)ブルックリン2

礼拝後、教会の地階のキッチンフロアへ。礼拝後のひとときということでベーグルと飲み物が用意されている。リサは、午後からのボランティア・ディナー(ホームレスの人達などに食事を用意してあげる)のための買い物があるので、しばらく待っていてということ。ジャッキーとぶたこと3人で(主にぶたことジャッキーが)ベーグルをかじりながらお話。

ほどなくしてリサが、用意ができたからと呼びに来た。さて、何をご馳走しようかしら、何が食べたい? との問いかけに「なんでもいいよ」と言おうとして「Everyone(誰でも)」と答えてしまった。いや、人間以外なら(^◎^;)

じゃあ、というわけで、リサがお気に入りのタイ料理の店に行くことにした。最近はアジア系のレストランがNYでは流行りのようだ。暑い日差しの中、お目当てのタイ料理の店に着いたら、準備中だった。しかたないなあ、じゃあ、ということですぐ近くのベトナム料理の店に変更。やはりアジア系なのだった。

リサと3人で色々注文し終わった頃、ナンシーも合流。4人でベトナム料理を食べつつだべりつつ。ナンシーはこれからドライブということで食事の後先に店を出て行った。
残った3人。とりあえずリサの家に行くことに。ジョナサンも居るはずだから。

リサの家に行ったら、ジョナサンと、2匹の猫とオウムのアビーがお出迎え。前にNYに来た時も猫を2匹飼っていたのだが、2匹ともその後天国に行っちゃって、この2匹とは初対面。のはずなのだが、2匹ともとても人懐こくて、すぐにスリスリしてくるのだった。茶トラのロジーとグレーマスクのセレステ。

ネコたちのアビーには留守番してもらって、プロスペクト・パークに散歩に行くことに。そうそう、天気もいいしね。というか、暑いけど。今年の夏はほんとに暑いのよね。蒸し暑いの。信じられないくらい。みんなそう言っているらしい。

プロスペクト・パークは、マンハッタンのセントラル・パークを設計した人が手がけた公園。とてもとても広いのである。鶴見緑地ぐらいはあるかも。自宅のすぐ近くにこんなに広い公園があるなんて羨ましい。つくづくNYというのは(というかブルックリンは)いいところだと思う。

広がる芝生、草の道、流れる滝。とても気持ちいいけれど、さすがに暑さには勝てず、時々ベンチで休憩しながらの散歩。広い広い池があるのだが、水草が一面に繁殖していて緑一色だった。そのなかをカモの一団が泳いでいた。

木陰の椅子に腰掛けて、アメリカ民謡を歌ったり、日本語の説明をしたり(漢字と平仮名とカタカナがあるのは不思議!)。
公園では何日か前にレースのイベントがあったらしく、ところどころにその名残の柵などがのこっていた。

家への帰り、暑い中を歩いたのだからご褒美にアイスクリームを買って帰ろう、ということになった。ジョナサンはダイエット中だから遠慮するよ、先に帰って待っとくよという。というわけで、リサと3人でスーパーに寄ってアイスクリームをいろいろ物色。バニラベースで色んな種類が出ている。チョコバニラとバナナ味をチョイス。

リサの家でアイスクリームをカップによそって食べる。冷たくて甘くて美味しい。

リサはネコたちの爪切りに、ペットショップへ1匹ずつをキャリーバッグに入れて2往復。ぶたこは爪切りはどうしているの? というので、しょっちゅうは切らないけれど、切るときは二人で協力してたこぶがおさえていてぶたこが爪切りで。そういうのはできないらしい。で、ペットショップ。この日は普段はおとなしいセレステがよく泣いてむずがっていたらしい。でもすぐに忘れるものだ。

火曜日か水曜日にメッツの試合を見に行くつもりだというと、じゃあちょっと調べてみましょう。ネットで試合情報を見てくれた。チケットは大丈夫。でも天気がちょっと心配かな。

すっかりくつろいだ時間を過ごして、もう夕方。リサが地下鉄の駅まで送ってくれた。駅の入口近くまで来たところで、この4年間の話をばあーーっと話してくれた。
そうか、あれからもう4年になるのだな。そして何も変わりがないと思っていたリサやその他の人たちも、この4年の間にはいろいろあって、そして今があるのだ。考えてみれば当たり前なのだけれど、再開した人たちは以前と変わらず接してくれるので、時が止まったかのような錯覚に襲われるのだった。

シンのアパートに着いたのは8時。NYの夜は明るい。8時でも日本の6時ぐらいの明るさがある。緯度が高いということはこういうことなのだ。
前日、風邪をこじらせてしんどいと言っていたシンだが、熱も下がって、咳がまだちょっと残っているので咳止めを買ってきたという。夕飯に、シンは炒めものを作っていたが、ぶたこと僕はインスタントラーメン。ランチが重めだったので。

シンが、自分が歌ったシューマンのリーダークライスを聞いてくれ、それで何かアドバイスがあったら、ということで録音したCDを聞かせてくれた。ぶたことふたりで感想を言い合う。
シャワーを浴びて寝たのが12時。日曜日の夜は更ける。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3948-569ae299
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。