スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンティン!

大阪は大雨。この調子では今日の試合はないのだろうなあと思っていたが、神宮の空は「野球ファンの熱気が台風の勢いを吹き飛ばし」((c)サンテレビ:谷口アナ)今日も試合があったのだった。
タイガース先発は榎田。
なんとなく、予感はしていた。
打たれるのなら、安藤、福原とかのベテランじゃなく、能見、メッセンジャーのエース級じゃなく、というような。半ば願望のような。

そして、それは第1打席でいきなりやってきた。
打った瞬間、それとわかる打球!

なぜか拍手をしてしまった。
なんとなく、気持よかった。
よくぞ打ってくれた。よくぞ「55」の壁を超えてくれた。

この3連戦。
タイガースの投手陣は勝負を避ける事をしなかった。
そこは偉かったな。
プロなんだから、やっぱり「真剣勝負」を見たい。
たとえ「55」が貴重な壁だとしても(そんな風には思わないが。関係者にとっては大事らしい。アホらしいと思う)

そして。
記録はいつか破られるのだよ。
破ろうと思ってみんな頑張るのだよ。
それを、なにかの「宝」のように、後ろ向きに守ることなどないのだよ。

ホームランの瞬間。満員のレフトスタンド、タイガースファンも、燕ファンと同じように拍手喝采で、この歴史的瞬間を喜んでいた。
バレンティンには惜しみない拍手を送っていた。
2回表の守備についたバレンティンが、レフトスタンドのタイガースファンに応えていた。

おお、何と美しきスポーツマンシップ!!
前日の乱闘騒ぎが嘘のようである!(^◎^;)
(昨日のような「ラフプレー」は、もう見たくない。たとえルールに則ったものだとしても)

サンテレビの中継は、珍しく試合後のヒーローインタビューまで放送していたよ。
相手チームの映像などはほとんど流さないことで有名な中継なのに。
まあ、それも納得。
というか。よくぞ放送してくれた。
やや涙ぐんでいるようにも見えるバレンティン。感動的だったよ。
お母さんも、目の前で息子の活躍を見ることができて、よかったねえ。

......

それはさておき。
タイガースの状態は最悪である。
ヒットは単発。ランナーが出ても進塁させるのが精一杯。
ひとりふたりが頑張ったところで、点が入るわけがない。

反対にスワローズは確実に得点を重ねる。
というか。なんですかねえ、今日の投手陣は。
フォアボール → 進塁(ミス、送りバント) → タイムリー
ヒット1本で1点献上。

日本記録更新で賑わった中に、不安と不信が渦巻く。
大丈夫? いや、大丈夫じゃないねえ。
みんな、点の取り方を忘れたみたい。

ファンの心に雨が降る。しとしと。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3952-7438c917
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。