スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ふくわらい】西加奈子(朝日新聞出版)

西加奈子のベストセラー。これが本屋大賞になってもよかったかなと思います。

主人公は出版社の編集部に務める鳴木戸定。幼い頃から「ふくわらい」にはまり、成人した今は人の顔をみてもそれをふくわらいにしていまうという癖が抜けません。
他人とのコミュニケーションをうまくとれない定ですが、それが悪いことだとも思いっていないところがいいですね。

そしてその定をとりまく人達と定との関係が、いろいろ面白くなっていくのですね。
幼い頃から面倒を見てくれている乳母の悦子。「文芸時評」に毎回エッセイを書き続ける90歳を超えるスーパー老人水森康人とその妻のヨシ。一方的に定に言い寄る盲目の武智次郎。
なにより、プロレスラーで、週刊誌にエッセイも連載しているという守口廃尊のキャラが面白いです。

人間の感情とか、慣れ合いだとか、そういうものを全部排除してしまったら、こんな定みたいな人生が送れるのかもしれませんね。
いろんなしがらみとか、気を使うことだとかを知らないで生きているのは、面白いです。そのしがらみがあって当然だろうとか、こう言えばこちらの気持ちがわかるだろうという思い込み。いわゆる「常識」は、誰にでも通じるだろう、あなたわかるでしょう、わからないのは、あなた馬鹿ですか、というのが、どれだけ不安定な、曖昧な事柄なのかということを分からせてくれますね。

そう、この物語のテーマは、ただの変人話ではなく、みんなかなり曖昧なものを頼りに生きている、でも曖昧なまま愛し続けて生きていくしかないのだよね、ということだろうと思います(勝手な深読みです)。
曖昧さ(言葉の、感情の、常識の)をすべてそぎ落としたような定に触れ合うことによって、みんながなんとなくそれに気づいていくような。
特に、言葉の曖昧さについては、とてもとても面白い場面が何度も出てきます。

そして、守口廃尊の言葉に、この作家の意気込みというか、気持ちが現れているような気がしました。

-----
「おいら、」
「言葉が好きなんだ」
「言葉が怖いとか、いらねぇとか言ってるけど、好きなんだ。言葉を組み合わせて、文章が出来る瞬間に、立ち会いたいんだ」
-----

どちらかと言うと「ありえない!」話なんですけど、読み終わるとスカッとした気分になります。「通天閣」を超えたかもしれないですね。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3962-cee35992
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。