スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の読書その2

なんだかんだと言っているうちに年を越してしまいました。
きりのいいところで、去年の読書感想最終版を。

【空想オルガン】初野晴(角川文庫)

ハルチカシリーズ第3弾。ついに地区大会に進みましたね、吹奏楽部。とはいえ、道程は長い。
今回はほぼ吹奏楽のコンクールが主体。そして謎解きも校内から校外へ。一話完結のようで、最後にひとつながりになります。
その話の持って行き方は面白いけれど、ミステリーとしてはどうでしょう。ただ、この作品の登場人物はとてもみりょくてきなので、話の続きには興味がありますね。

【雪の練習生】多和田葉子(新潮社)

連載時に読んだんですけど、年の終わりに読み直しました。こんなのは初めてなのですが。
作家になったホッキョクグマ。その娘のトスカはサーカスのくま。その子供がクヌート。
それぞれのホッキョクグマの置かれた状況、人間からみた役割などがあるんですね。
で、語り手がほぼくま本人、というところが面白い。クマだから人間の言葉を噛み砕いて理解する。
そういう書き方をすることで、言葉の曖昧さや表現の曖昧さが明らかになってくるようになっているのですね。そこが見事。
はやくノーベル賞をあげてください。

【柳橋物語・むかしも今も-山本周五郎長篇小説全集第5巻】山本周五郎(新潮社)

年の瀬に、ちょっとぐらいはいい話を。ということで選んだのが山本周五郎。江戸の下町の人情話です。はい。
「柳橋物語」は、将来を約束した相手を待ち続ける女の話。「むかしも今も」は、自分の思いを封印して思いを寄せる娘のために一生を捧げようとする男の話。
ありきたりな人情話かなと思って読んだんですけど、どちらも意外な展開になりました。
正直に生きていれば報われる、という単純な構図ではなく、「生きていれば苦労はするもの」「誤解されてもどうということはない」という開き直りと諦めのようなものが根底にあって、それが心に残りますね。


そんなわけで、もう新年も5日も経ってしまってからこんなブログを書いているのです。
今年もどんどん読んでどんどん書いていくつもり、はしています。
スポンサーサイト

| ホーム |

コメント:


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

トラックバック URL:
http://tacobu.blog13.fc2.com/tb.php/3966-35627603
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザーのみ)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。